円満に彼と別れたい! 別れ話の切り出し方と円満に別れるポイント

大好きだった恋人。しかし、始まりがあれば終わりがあるもので「別れたい」と思ってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、別れ話の切り出し方と円満に別れるときのポイントについてご紹介します! 



彼と別れたいと思う瞬間とは?


彼と別れたい……そんな風に気持ちが変化する瞬間とは一体どんなときでしょう。ここでは別れたいと思う瞬間についてまとめてみました。

彼と別れたいと思う瞬間1. 気持ちが離れてしまったとき


自分の気持ちが相手から離れていることを実感したときに別れを決意する人は多くいます。

「好き」だと言われても気持ちが動かなかったり、「一緒にいたい」と言われてもうれしくなかったり、気持ちが冷めていると感じてしまうと、付き合い続けるのはむずかしいですよね。



彼と別れたいと思う瞬間2. 連絡をとることを面倒に感じたとき


連絡をとることを面倒に感じたときも、別れを決意するタイミングとして多いシチュエーションです。付き合いはじめはあれほど連絡がくるのがうれしくて、ワクワクしながら返事を待っていたのに、時は残酷ですよね。



彼と別れたいと思う瞬間3. 会うのが面倒に感じたとき


連絡をとるのは平気でも、会う時間を作るのが面倒だと思ってしまった瞬間、別れを考える人も多いといえるでしょう。

連絡は片手間で返せても、会うとなると自分の時間をフルで相手に使わなくてはいけません。それを億劫に感じてしまうなら、付き合い続ける意味はないですよね。



彼と別れたいと思う瞬間4. 触れたくないと思ったとき


カップルにスキンシップはつきもの。

しかし、恋人に触れられたくない、または触れたくないと思ってしまうのなら、それは別れるべきサイン。付き合い続けていてもどちらもしあわせになりません。



彼と別れたいと思う瞬間5. 価値観が合わないと感じたとき


価値観が合わないと感じたときも別れを考えはじめるきっかけに。今すぐではなくても、価値観の違いは二人の問題として浮かびあがります。それが原因で今後ケンカが増えるかもしれないし、一緒に暮らすのは不可能かもしれません。

歩み寄りが無理なら、早めに手を打っておいた方が賢明です。



彼と別れたいと思う瞬間6. 浮気されたとき


浮気されていることがわかったとき、別れを考える人は多いものです。裏切られたのだから当たり前ですよね。

しかし、浮気のボーダーラインは人によってかなり違うので、あなたにとっては浮気でも恋人にとっては浮気ではないかもしれません。そうならないためにも、事前に認識のすり合わせをしておくといいでしょう。



彼と別れたいと思う瞬間7. 裏切られたとき


浮気以外にも、二人で交わしていた約束を破ったなど、裏切られてしまったときに別れが頭をよぎる人も多くいます。

裏切りは一度許して付き合い続けても、いつまで経っても消えない傷として残り続けてしまうもの。それを丸ごと受け入れられる覚悟がなければ、別れた方が悲しい気持ちにならずに済みます。



別れ話をする前にすべきこと


続いては、別れたいと思ったときにすべきことをお伝えしていきます。

別れ話をする前にすべきこと1. 一度冷静になってみる


「別れたい!」と思った瞬間は、どうしても感情がたかぶっています。

そこでおすすめなのが、一度冷静になってみること。冷静になることで、本当に別れたいのか勢いで思ってしまっているのかがはっきりするはずです。



別れ話をする前にすべきこと2. 相手のいいところを考えてみる


長く付き合えば付き合うほど、相手の悪いところばかり目についてしまうのかもしれません。客観的に見て恋人のいいところと悪いところを書き出してみて考えてみるのはいかがでしょう? 

いいところよりも圧倒的に悪いところの方が多いようであれば、別れを真剣に考えることをおすすめします。



別れ話をする前にすべきこと3. 別れて後悔しないか考える


勢いで別れてしまうと、あとから後悔してしまう可能性があります。別れて後悔しまうことがないか考え直してみましょう! 



別れ話を円満にするポイント


ここからは、別れ話を切り出すときのポイントをご紹介します。

別れ話を円満にするポイント1. 電話か直接がベスト


伝える方法は直接がベスト。なかなか会えない距離にいる相手であれば、電話を使って伝えるようにしましょう。

別れ話という大切なことをLINEで伝えてしまうのはNG。真剣な話をしたいときには、直接か電話を選びましょう。



別れ話を円満にするポイント2. まわりに人がいる場所をチョイス


お互いの部屋も話しやすくていいですが、恋人が激昂してしまうときのことも考えて周りに人がいる場所を選んだ方が無難です。

ファミレスや公園のベンチなど、静かすぎず話しやすいところを選びましょう! 



別れ話を円満にするポイント3. 一度シミュレーションをしておくとGOOD


別れ話を切り出すのは相当勇気が必要なことです。当日は緊張からパニックになり、伝えたかったことを伝えきれなかった……という状況に陥ってしまう人も。

事前に一度シミュレーションをしておくと安心できるはずですよ。



別れ話を円満にするポイント4. 感情的にならない


別れ話をするときに感情的になるのはNG! 「冷静に」を意識し、伝えたいことを順番通りに伝えるようにしましょう。



別れ話を円満にするポイント5. 理由をしっかり伝える


別れ話をするときには、自分が別れたい理由を正直にしっかり伝えることが大切です。

相手を傷つけたくないからと嘘の理由を言ったりごまかしたりするのは、自分を守ってしかいない行為です。嘘の理由は話している間にバレます。

別れるときは悪者になるくらいの覚悟を持って切り出しましょう。



別れ話を円満にするポイント6. 強い意志を持つ


勇気を持って別れを切り出したのに、情に流されて結局別れられなかったという人も。一度はとても好きだった人。「別れたくない」と泣かれたり説得されたりすると、気持ちが揺らいでしまいますよね。

でも本当に別れたいと思っているならそこで揺らいではダメ。強い意志を持って最後までやり通しましょう。



別れ話を円満にするポイント7. 納得できるまで話し合う


自分の意見だけ伝えて「はい、終わり」とはなりません。恋人が別れることに納得してくれるまで話し合うのが誠実な対応です。



別れ話を円満にするポイント8. 相手の話をしっかり聞く


自分の価値観を押し付けて相手の意見を聞き入れないのはNG。相手の言い分や話をしっかり最後まで聞いて、お互いが合意するまでは別れたことにはならないので注意しましょう。



別れ話を円満にするポイント9. 「あなたのため」という言葉は使わない


「あなたのためだから」という言葉は絶対に使ってはいけません。

別れを決意したのも別れを切り出したのもあなたの都合です。それに巻き込んでおいて、自分だけいい人ぶるのはステキな女性がやることではありませんよね。

別れるのはあくまでも「自分のため」。そのことを忘れずにいましょう。



別れ話を円満にするポイント10. 相手を余計に傷つけることは言わない


別れたい理由は正直に伝えるべきです。

しかし、相手から嫌われるためにそれ以上に傷つけるような言葉は発さないでおくことをおすすめします。

余計に傷つけても、恋人にもあなたにもいいことはありませんよ。



別れ話の上手な切り出し方


最後に、別れ話の切り出し方についてご紹介します! 

別れ話の上手な切り出し方1. 「話したいことがある」と伝えておく


まずは恋人と予定を合わせることからはじめます。予定を押さえるときに「話したいことがある」と事前に伝えておくと、当日話しやすい雰囲気を作ることが可能です。

「ただのデートではなさそう」という雰囲気を前もって作っておきましょう。



別れ話の上手な切り出し方2. 「言いにくいんだけど」と前置きし「別れたい」と伝える


言いにくいことであると前置きしたうえで、ストレートに「別れたい」と伝えましょう。

回りくどく伝えるのはおすすめしません。最初に結論から話し、あとから理由を説明することで伝わりやすくなります。



別れ話は冷静に自分の気持ちを伝えるのがコツ!


別れ話は「冷静さ」がポイント。感情的にならず、自分の思っていることをしっかり伝えるように意識しましょう。

失恋後にやっちゃダメなNG行動 焦らずじっくり次の恋を見つけるために♡

失恋で何もかも頑張れないときに試したい、気持ちの切り替え方

(ameri/ism編集部)
【写真はすべて許諾を得てご紹介しています】

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡