蔵前エリアの人気カフェ10選。ちょっぴり大人気分をカフェで味わおう♡

蔵前(くらまえ)』は、リノベーションした建物を生かしたカフェやおしゃれな雑貨屋が点在する注目のエリアです! 洗練された街を散策すれば、大人な気分が味わえるでしょう。蔵前へ訪れた際に立ち寄りたいカフェを紹介します♡



なぜか心落ち着く街、蔵前がキテる


隅田川に沿うようにして古い建物と新しい建物が立ち並ぶ蔵前は、都会にいるのに田舎にきたような『懐かしさ』を感じられるでしょう……♡

近年ではリノベーションしたおしゃれなカフェや雑貨屋が多く『クラシック』と『モダン』を同時に味わえる町として注目されていますよね!



蔵前エリアの魅力1. ブルックリンみたいな大人な雰囲気


蔵前は『ものづくりの街』として知られており、江戸時代からある古い倉庫や問屋が点在しています。『東京のブルックリン』と呼ばれているのを聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?

モダンかつ個性的な街並みとものづくりの精神が根付いている雰囲気が、アメリカ・ニューヨーク州にある地区『ブルックリン(Brooklyn)』と似ていることから名付けられていますよ。

ブルックリンは『イースト川(East River)』蔵前は『隅田川』と、川の近くにあるのも共通点といえるでしょう。

隅田川沿いを散歩しつつカフェでお茶をすれば、東京にいながらもブルックリンを旅しているような気分を味わえるかもしれませんね……♡



蔵前エリアの魅力2. ワンランク上の雑貨も買えちゃう


街中を歩くと革製品や花火などを取り扱った昔ながらの問屋が目に入ります。『雑貨屋巡り』も蔵前散策の醍醐味(だいごみ)です!

職人手作りの一点ものが見つかる工房や個性的なアイテムを集めたコンセプトショップなど、ワンランク上の雑貨と出会えるワクワクがありますよ♡

数十種類の紙から表紙や中身を選んで『オリジナルノート作り』を楽しめる文具店など、体験型のお店も魅力です。

お手製のノートは蔵前を訪れた記念になるとともに、大事な思い出を記録しておくのにもぴったりですね!



蔵前らしさが満喫できるおすすめのカフェ


蔵前らしい風景というと、古くからある倉庫やモダンな街並みを縫うようにして流れる『墨田川』が思い浮かぶでしょう。

昔ながらの風景を目の前に水が流れる音を聞いていると、心が穏やかになりますよね。蔵前らしさを感じられる風景を楽しめるカフェで、ほっとひと息ついてみませんか?

蔵前エリアのカフェ1. 倉庫を改装したおしゃれカフェNui.


『Nui. (ヌイ)HOSTEL & BAR LOUNGE』は、江戸時代から続いていたおもちゃ会社の倉庫を改装したラウンジスペースです……! 朝・昼はカフェ、夜はバーへと変わりますよ。

元倉庫ということもあり、コンクリートの壁面や床の広々とした空間が広がっています。

大きなソファー席や木の温かみを感じられる木造テーブルの席など、一見ミスマッチな家具の組み合わせがいい味を出していますよ♪

良品質な豆を使った『スペシャルティコーヒー』、コーヒーのお供にぴったりのペストリーやお菓子を味わいつつ、思い思いの時間を過ごしましょう。



店舗名:Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE
住所:東京都台東区蔵前2-14-13
電話番号:03-6240-9854
営業時間:カフェタイム8:00~18:00、バータイム18:00~25:00(フード18:00~23:00)
定休日:無休
公式HP

蔵前エリアのカフェ2. 夜デートにも使える Riverside Cafe Cielo y Rio


蔵前駅から徒歩約2分の場所にあるビルの1階と3階にあるカフェが『Riverside Cafe Cielo y Rio(リバーサイドカフェ シエロイリオ)』です。

1階は吹き抜けのある開放的なテーブル席とロフトがあり、3階席は隅田川とスカイツリーを臨めます。

ディナータイムも営業しており、ライトアップされたスカイツリー&墨田川は夜デートをロマンティックに彩ってくれるでしょう……♡

デザートメニューの中で1番人気の『エンゼルフードバニラキャラメル』は通常のシフォンケーキよりも生地が軽く、ふわふわもちもちの食感が病みつきになります!

ディナータイムには、本格ビストロ料理やパスタが味わえますよ。オーダーを受けてから炊き上げる、シエロイリオ特製『魚介と軍鶏(しゃも)のパエリア』は必食です♡



店舗名:レストラン&カフェ Riverside Cafe Cielo y Rio
住所:東京都台東区蔵前2-15-5 MIRROR1F
電話番号:03-5820-8121
営業時間:平日11:30~23:00、土曜日11:00~23:00、日曜日・祝日11:00~22:00
公式HP

朝に行きたい蔵前カフェ


休日はお昼ごろに起きてゆったり準備するのも素敵ですが、休日だからこそ早起きして朝しか食べられない『モーニング』を食べにでかけませんか?

お得&絶品なモーニングを食べた日は、朝からエネルギッシュに過ごせるうえに幸せな気分を味わえることでしょう♪

朝に行きたい蔵前カフェ1. EBRUARY CAFEの朝パンセット


『FEBRUARY CAFE(フェブラリーカフェ)』には、オープン当初からの看板メニュー『朝パンセット』があります。

好きなドリンクと『ペリカン』のトーストのセットを650円で味わえるお得なセットです……! ペリカンは浅草で1942年から続く老舗のパン屋さんですよ。

朝の開店と同時に並んでも売り切れてしまうこともあるパンを、カフェで味わえます!

外はカリッ、中はふわっとした食べ応えのある分厚いトーストは、トッピングにチーズかバターを選べますよ。濃厚なバターと一面のチーズ&黒コショウは、どちらを選んでもハズレなしです♪



店舗名:FEBRUARY CAFE
住所:東京都台東区駒形1-9-8
電話番号:03-6802-7171
営業時間:8:15~18:00
定休日:無休(12月31日、元日のみ休み)
公式HP

朝に行きたい蔵前カフェ2. ペリカンカフェのフルーツサンド


浅草・田原町にあるパン屋のペリカンが直営展開するカフェ『ペリカンカフェ』は、ペリカンのパンを使用したサンドイッチやオープンサンドを味わえます……♡

2017年のオープンから連日行列ができるカフェとして話題ですが、狙い目は『平日の朝』ですよ!

オープンの朝9:00からレギュラーメニューがはじまる11:00までの『モーニング』の時間であれば、比較的早く席につける可能性があります……!

ペリカンカフェに行くのであれば『フルーツサンド』は見逃せません♡ 小麦がぎゅっと詰まった食べ応えと甘さのあるパンには、いちご・ドラゴンフルーツ・パインといった甘酸っぱいフルーツが入っています。

生クリームと合わさって織りなすハーモニーは、朝から幸せな気分にさせてくれることでしょう♡



店舗名:ペリカンカフェ
住所:東京都台東区寿3-9-11
電話番号:03-6231-7636
営業時間:9:00~17:00
定休日:日曜日・祝日・特別休業日(夏・年末・年始)
公式HP

ランチに訪れたい蔵前カフェ


午前中から活動的に過ごすと、ランチどきにはお腹がペコペコになりますよね。そんなときはボリューミーなランチメニューが愛おしくなるものです……♡

蔵前散策で腹ペコになったときは、ランチメニューも楽しめるカフェはいかがでしょうか? こだわりのコーヒーとランチメニューを味わいましょう!

ランチにおすすめ蔵前カフェ1. 本場の絶品バーガーを体験して McLean


『McLean(マクレーン)-old burger stand-』は、ブルックリンテイストの店内で本格的なハンバーガーを味わえるハンバーガースタンドです。

常時10種類のメニューでは、定番はもちろん甘辛いチリソースが絶品の『スイートチリチーズバーガー』や野菜のかき揚げ入りの『天麩羅(てんぷら)バーガー』といった個性派バーガーも必食ですよ♪

国産牛100%のパティは、ひと口かじりつけば口の中にじゅわっと肉汁が広がります。フレッシュな野菜やバンズの香ばしさと合わさることで極上の旨味を感じられますよ……♡

すべてのメニューにフレンチフライが付くのも嬉しいですね。店内にはお口直しにぴったりのコーヒースタンドもあります!



店舗名:McLean -old burger stand-
住所:東京都台東区駒形2-2-10
電話番号:03-6802-8232
営業時間:火曜日~土曜日11:30~21:00、日曜日11:30~15:00
定休日:月曜日
公式HP

ランチにおすすめ蔵前カフェ2. センスのよい店内にうっとり mano cafe yore


「散策に夢中になっていたらランチを食べ逃してしまった……」ということも珍しくありませんよね。

『mano cafe yore(マノカフェ ヨー)』は、開店からラストオーダーの17:00までランチメニューを注文できますよ!

『ひき肉のカレー 季節の野菜添え』や『本日のパンランチ』、そしてパンとお米から選べる『今週のおすすめランチ』と3種類のランチメニューが、どれも950円であなたを待っています♡

お米は墨田区で100年続く『隅田屋米』を使用しているこだわりです……! こちらのカフェは食事を楽しめる『mano cafe』とセンスのよいセレクト雑貨が並んでいます。

ランチやデザートを楽しみつつ、作家の作品を楽しめば、お腹も気持ちも満たされそうですね♡



店舗名:mano cafe yore
住所:東京都墨田区本所1-20-5
電話番号:03-6658-5863
営業時間:11:00~18:00
定休日:日曜日、月曜日
公式HP

インスタ映え間違いなしの蔵前カフェ


ほっこりと心が温まるコーヒーやお腹が満たされるランチメニューも素敵ですが、やっぱり『インスタ映え』が狙えるメニューも気になりますよね……!

写真映え間違いなしのラテアートとパルフェは、蔵前散策のおやつタイムにもぴったりですよ♡

インスタ映えする蔵前カフェ1. 繊細で品のあるラテアート HATCOFFEE


とびっきりの思い出になること間違いなしの個性的なラテアートを提供してくれるラテアート専門店が『HATCOFFEE(ハットコーヒー)』です。

『リクエストラテアート』を注文すると、好きなキャラクターやイラストはもちろん、写真や有名絵画などから自分だけのラテアートを作ってくれます♡

平面のラテアートだけでなく、ふわふわのミルクフォームの上に立体的なアートをデザインしてもらうことも可能です!

ミルクフォームの泡の上にデザインしてもらうと、ふるふるとふるえるかわいい姿を楽しめますよ♪ 写真だけでなく動画と心のフォルダにもしっかり残しておきましょう。



店舗名:HATCOFFEE
住所:東京都台東区寿3-15-6
営業時間:10:00〜21:00(ランチ11:00~15:00)
定休日:月曜日
公式HP

インスタ映えする蔵前カフェ2. きらめくパルフェやケーキは必食 en cafe


『en cafe』は、人の温もりと『縁』を大切にする場所として、1階はコーヒースタンド・2階にカフェ・3階にコンセプトショップを展開しているショップです。

2階のカフェスペースは、ゆったりとくつろげるソファー席やカフェとしては珍しい『小上がり(こあがり)』と『座敷席』があります! ふかふかのクッションに足をくずして座れば、自然にくつろげそうですね。

名物はフランス料理店などで修業を積んだパティシエお手製の『ケーキ』です♡ まるで、高級パティスリーに並んでいるかのようなケーキを気軽に楽しめますよ。

15:00から登場する『季節のパルフェ』は、食感・味わい・見た目のどれをとっても華やかです……♡



店舗名:en cafe
住所:東京都台東区蔵前2-6-2
電話番号:03-5823-4782
営業時間:平日11:00〜20:00、土曜日・日曜日・祝日10:00〜19:00
定休日:月曜日(祝日は営業、翌火曜日振替休み)
公式HP

蔵前ならではの大人カフェ


たくさん歩いたあとは、心が落ち着く場所で過ごしたくなるものです。休憩とはいえせっかくなら蔵前らしさを感じる場所がよいですよね!

蔵前の雰囲気をたっぷり感じられつつも、落ち着けるカフェでブレイクタイムを過ごしましょう♡

蔵前ならではの大人カフェ1. チョコ好きにおすすめファクトリー&カフェ蔵前


『ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前(FACTORY & CAFE
KURAMAE)』は『ダンデライオン(DANDELION)』の日本1号店です……!

ダンデライオンは、サンフランシスコで有名なチョコレート専門店ですよ。カカオ豆の焙煎から製造まで一貫して行っており、乳製品を一切使わずにチョコレート作りを行っています。

カフェ店内にはガラス張りの倉庫と製造場があり、チョコレート作りをイチから眺めることも可能ですよ……!

作りたてのチョコレートはもちろんのこと、チョコレートを使用したコーヒーやチョコレートドリンクを楽しめるのもこの店ならではの楽しみです♡



店舗名:ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前
住所:東京都台東区蔵前4-14-6
電話番号:03-5833-7270
営業時間:10:00~20:00
公式HP

蔵前ならではの大人カフェ2. こだわりのコーヒー スクエアカフェ 蔵前店


『スクエアカフェ(SQUARE Cafe) 蔵前店』は、1階と地下にカフェスペースがあります。

落ち着いた雰囲気の店内には、4人がけのソファー席や1人席があり、ゆったりとした時間を過ごせるでしょう。こちらのカフェの特徴はドリンクのサイズです♪

ワンサイズのみの提供ですが『スターバックス(Starbucks)』のトールサイズと同じくらいのビッグサイズですよ! 定番のブレンドコーヒーは310円とお手頃な価格で味わえます。

『とり野菜サンド』や『ほうれん草サンド』など、小腹が空いたときに大助かりなメニューも要チェックです♡

店舗名:スクエアカフェ 蔵前店
住所:東京都台東区蔵前2-2-6 1F・地下1F
電話番号:03-5825-4938
営業時間:平日7:00~20:00、土曜日・日曜日・祝日9:00~20:00
定休日:無休(年末年始を除く)
公式HP

蔵前カフェで癒される時間を過ごして


蔵前は、初めて訪れたとしてもどこか「懐かしい」と感じられる不思議な魅力がある街です……♡

モダンな街並みを散策したり、おしゃれなアイテムが並ぶ雑貨屋さんを巡ったりしたあとは、蔵前らしさを感じるカフェで癒しの時間を過ごしてはいかがでしょうか?

帰るころには「またここに来よう♪」と思える場所になっているかもしれませんね。

週末はなにする? 自分を磨ける週末の過ごし方でちょっぴり成長した私へ♡

【原宿】HIROMANS COFFEEの新作ドリンクがゆめかわって噂♡

【富山】日本の世界一美しいスタバへ行きたい♡ 秋の旅行でスタ活しよう!

【写真はすべて許諾を得てご紹介しています】

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡