いつも本命になれないセカンド女子。本命になるためにはどうしたらいい?

彼にとって都合のいい扱いをされているのはわかっている。それでも一緒にいたいから自分の気持ちが言えない。こんな辛い恋愛を繰り返してはいませんか? いつも本命になれず、セカンド女子になってしまう……。



今回はセカンド女子を脱するためのヒントを占い師の ヒカリ先生に伺ってみました。
これはエネルギー的にどんな状態なのか、そして本命になるために必要なことまでご紹介します。

セカンド女子は支配されやすいエネルギーをまとっている





いつもセカンド、つまり彼にとって2番目的な立場に位置してしまう女性は、彼に対して一生懸命尽くすタイプの方が多いです。

約束や予定があなたの思い通りにならず、彼の都合に合わせるような状態になっても、主張すると嫌われると思ってしまって、自分の意志や希望を彼に伝えることができないのです。心ではいやだと思いながらその行動をとってしまう方も少なくないはず。

視させて頂くと「嫌われるくらいなら自分が我慢すればいいんだ」と、忍耐することが美徳であるかのような支配されやすいエネルギーをまとっていることが多いです。

エネルギー的に彼に支配されやすいオーラを発しているため、彼もわがまま放題…。最終的には都合のいい扱われ方をされやすくなってしまうのです。

セカンド女子の原因は?





「彼のことが好きだから、一緒にいたい。だからそのためには自分を犠牲にしてもいい」という考え方がセカンド女子の根底にはあります。

彼からしても自分の都合に合わせてくれるセカンド女子は、努力しなくても機嫌を伺ってくれて、なんでも合わせてくれるので、楽ができる存在です。

恋愛は基本的は男女対等が望ましいのに、セカンド女子と彼という構図は、彼のほうが圧倒的に強い位置関係にあります。立場が弱いセカンド女子は、本命になりたいと思いながらも、またついつい彼の都合に合わせてしまう…そんな負のスパイラルから逃れることが難しくなってしまうのです。

本命になるために必要な3か条





1. 彼との関係は男女対等が望ましいと意識すること
まずは、自分ばかりがいつも我慢するのは違うのでは…という気持ちを思い出してみましょう♡

2. 断っても嫌われないという信念を持つこと
いつもいつも彼の都合に合わせるのではなく、3回に1回は自分の都合を考えて行動しましょう。体の関係を持っている場合、毎回ホテルに直行というサイクルが続いていたら今日は食事だけと自分で決めて、軽く扱われないように振る舞うことを意識してみてくださいね。

3. 表面的な言葉に振り回されないこと
彼の心の真意を汲み取り、二人の関係が深まるような言動をあなたから意識して発することが大事。

実際に鑑定をしたセカンド女子エピソード





いつもセカンド女子になってしまうA子さんは、彼から呼び出されると朝も深夜も、関係なく彼の所にかけつけるのが習慣でした。

彼は自分の気分でA子さんを呼びつけるのに、A子さんが会いたいと思った時には理由をつけて会ってくれません。

そのことに悩んでいたはずのA子さんですが私が鑑定させて頂くと、本当は今の関係を心地よく思っておらず、セカンドで居続けるくらいならもう会わなくてもいいのでは…という気持ちが心の底にあることがわかりました。

本心では現状を良しとしていないのに孤独が怖くて、自らセカンド女子で居続けていたのです。彼ばかりが悪いのではなく、自分の気持ちをはっきり表現できないA子さんの弱さにも問題があることが視えた瞬間でした。

鑑定から視えたことをA子さんに告げると、A子さんは涙ながらに自分が我慢していた苦しさに気づいたのです。そして、「このままでは良くない」と彼に本心をぶつける勇気を持ってくれました。本命になるために、封印していた自分の意思を彼に告げようと決心したのです。それはA子さんにとっても、よい気づきで今後の人生にも繋がっていくでしょう。

ヒカリ占い師からのメッセージ





本命になれないセカンド女子の方は、このままではよくないことは頭では分かっているはず。それでも「彼が好きだから一緒にいられるならそれでいい」とつい我慢をしてしまいがちです。

恋愛は相手とのコミュニケーションがとても大切♡ 彼に対して、自分が都合よく軽く扱われているのなら、自分が今後もその関係に納得できるのかが重要なのです。自分が幸せになるためには、本当にそれでいいのかなと、これを機会に一度立ち止まって冷静に考えてみてはいかがですか?

占い師ヒカリ先生に直接相談してみる♡

この記事を書いたライター

エキサイト電話占い
毎日を楽しくする占い♡ 恋愛/自分磨き/女子力UP/仕事/転職/運勢/人間関係。人気占い師監修の記事をお届け!悩んでいるときは占いにも頼ってみてくださいね♡

関連記事

今、あなたにオススメ