今夜あなたが見た気をつけるべき夢のお話。正夢・予知夢の意味とは?

夢に見たことが現実にも起こる"正夢"を体験したことはありますか?いい夢でも悪い夢でも、それってなにかのメッセージがあるのかも……。

今回は夢占いがお得意な麻恵エマ占い師に正夢と予知夢について詳しく伺ってみました。あなたの夢にも何かのサインが隠れているのかもしれません。



正夢とは?


夢で見たことと同じ出来事が現実にも起こるという現象で、とてもスピリチュアルな体験です。
正夢は非常に具体的かつ現実的な未来のビジョンを見ることが多い傾向にあります。また、時間帯で言うと朝方に見る事が多く、強いリアル感があるため夢の細部まで覚えているのが特徴です。そして、何度も同じ夢を見るということも起こりがち。

正夢の場合現実になるまでの期間は比較的短く、数分後~数時間以内のケースが多いようです。



予知夢とは?


予知夢は正夢の中でも『未来の何かを暗示するメッセージ性を持った夢』を指します。ですので、正夢はシーンがすぐにそのまま現実になるのに対し、予知夢は暗示が含まれた神秘的な夢として心に残り、現実になるまでに数か月~数十年と時間がかかる場合も多いのが特徴です。

そのため、予知夢が現実になったときには不思議な力に導かれた神秘的な体験として胸に刻まれるでしょう。

予知夢の特徴としては、鮮やかな色彩を伴っていることが多いです。リアルで現実に忠実な光景が流れることもありますが、ふわっとした全体のなかに印象的な部分だけが浮き出るような抽象的な描写が流れることもあり、その光景は様々といえるでしょう。



いい夢の場合の対応方法



正夢もしくは予知夢かも知れない夢を見て、それがいい印象の内容だったのなら、なるべく人に話さないことです。自分の心の中だけに秘めておいた方がいいでしょう。

人に話してしまうと"逆夢"になりやすいと言われています。また、いい夢を見たからとそれを鵜呑みにして、努力を怠ると、当然のことながら現実は夢とは違う結果を招くことになります。



悪夢の場合は“逆夢”に変えて!



見た夢が悪い印象だった場合、なにかの警告として見せられたものとして行動しましょう。正夢は、その人の現実の行動や努力によって"逆夢"に変えることもできるのです。

悪夢を見た場合はさらなる努力を重ねて「逆夢」(良い夢)に変えてみせましょう。



予知夢や正夢を見る方法はある?



予知夢は願って簡単に見られるものではないようです。予知夢を見る人の共通点として、感受性が強く、邪心がない子供に多いと言われています。子供は、常識や知識も完璧に身に付いている状態ではないので、物事を直感的に捉えることができるため時に不思議なパワーを発揮するのかもしれません。また、想像力が豊かで、色々なことを想像できる人も予知夢を見やすい傾向にあるようです。

正夢を見やすい人の特徴としてはいわゆる霊感体質な方が多いです。センシティブな感性の持ち主や、イメージ脳が活発に働くタイプの人も該当します。



上記のような特徴がなくても、特別な訓練で技術を習得することで、正夢や予知夢を見られるようになる場合があります。例えば、何事にも深い感謝を持つピュアな心を養うことや、眠る前に深い腹式呼吸をすること、右脳が発達する訓練をすることで正夢や予知夢などが見られるケースも。

夢はあなたの心理状況を表すキーワードでもあります。
その夢に見た光景は、あなたの悩みと関係しているのかもしれません。また、なにかを警告するサインである可能性も……! 今夜見た夢の内容を振り返ってみてはいかがでしょうか?

麻恵エマ先生に直接お話を聞いてもらう♡

この記事を書いたライター

エキサイト電話占い
毎日を楽しくする占い♡ 恋愛/自分磨き/女子力UP/仕事/転職/運勢/人間関係。人気占い師監修の記事をお届け!悩んでいるときは占いにも頼ってみてくださいね♡

関連記事

今、あなたにオススメ