職場の人間関係で悩める女子必見! 困った上司との付き合い方って?

職場の人間関係で悩みを抱える方は多いと思います。上手につき合いたいけど、困った上司に当たってしまった……。そんなとき、どう対応しますか?

今回は、そんな困った男性上司とのつき合い方について、考えていきましょう! 自分らしく生きるための、心を楽にするヒントが分かるかもしれません♡



監修:瑞鳳殿 澪(ずいほうでんれい)占い師

上司にすぐ相談は実はNG!



仕事で理不尽なことで煮詰まるとすぐ上司に相談をしてしまいたくなりますよね。
しかし、自分の気持ちのまま相談して、果してうまくいくでしょうか? もしくは上司はダメだから、じゃあその上の上司に……と考える方もいらっしゃるかと思います。

でも、それって必ずしも賢明な選択ではないのかもしれません。

きちんとした考えがある方なら、職場の状況を見抜き、すでに何かしらの改善の伏線をはっているはず。その気持ちがないから上司は現状のままにしているのです。



また、上司同士も繋がっているのが世の中。正直に相談するのが、よいとは限らないことも……。

誰かに相談したいときは、上司はもちろん、同じ会社の同僚もまずは避け、口の堅い親友を選ぶのがベター。まずは水面下で、状況を変えてみることから始めましょう。

上司の傾向と対策を知って上手につき合う


困った男性上司はだいたいこちらの3パターンに分類できることが分かりました。あなたのまわりにも、このような方はいませんか?

困った上司1. コンプレックスのかたまり……「ヒステリー上司」


ヒステリックでパワハラも日常茶飯事……。厄介ではありますが、感情をあらわにするのでむしろわかりやすい事に感謝しましょう。こんな上司の負の感情は真に受けないことです。

このタイプの上司は、家庭の不満があったり、根本に自身へのコンプレックスや昇進への不安がある方が多いかと思われます。たいていは部下への八つ当たりです。
上司が満足するよう、あなた自身が疲れない程度の「ヨイショ」して差し上げましょう。



困った上司2. 話は聞いてくれるけど……「のらりくらり上司」


「よいのか悪いのか」わかりにくいですね。話を聞いてくれる優しい上司と思ってしまいますが、現状が変わらないなら、自分の保身に走っただけの「ことなかれ主義」といえるかもしれません。

このタイプの上司は、勇気がない方が多いのが特徴。真正面から問題点をあぶりだしても快く思わないものです。

「細かい事はいわず、気分良くなる話だけ報告」しましょう。日頃からあなたも仕事の整理をし、「いい話」をするためのネタのストックを。



困った上司3. 救えない、自称“イイ奴”……「気分屋上司」


お酒の席が好きな方に多いタイプです。日頃から本当に気分で話をし、話に一貫性がないのが特徴です。
あろうことか、自分を「イイ奴」だと思い込んでいることが多いのも特徴。勘違いでのいい人設定の上司には、あなたも自分なりの仕事の工夫をするしかありません。いい結果であれば、気分的に認めてくれる訳なのですから。

既にストレスフルな状態かとは思いますが、「自分の身を守るため」と思うとまだ割り切れる部分も出てくるかもしれません。仕事は「自分の資質向上」のためでもありますが、辛いときは収入を得るためのものと考えてもいいでしょう。

なんなくこなすためにも、思い入れを少なくして仕事に使われるご自分から脱却する、という考え方もあります。



覚えておくとラクになる、男性と女性の考え方の違い


イメージとしては、あたまの中に色々な記憶や思いを入れるバケツが、男女あるとします。女性は大きな1つのバケツが、男性には各所に小さなバケツがあると想像しましょう。

女性は1つのバケツにたくさんの思いを詰め込むから煮詰まりやすくなり、男性は小さな複数のバケツをその都度空にするために、ハメを外す気分転換に出たり、強引に物事を進めたりしやすいようです。



これはどちらにも優劣はなく、ただ考え方が違うだけ。
勝手に振る舞うように見える男性上司に「都合のよい部下として使われている?」と結論づける前に、ふと思い出してみてください。

あなたの職場環境が少しでも過ごしやすいものになりますように♡


瑞鳳殿 澪先生に直接お話を聞いてもらう♡

この記事を書いたライター

エキサイト電話占い
毎日を楽しくする占い♡ 恋愛/自分磨き/女子力UP/仕事/転職/運勢/人間関係。人気占い師監修の記事をお届け!悩んでいるときは占いにも頼ってみてくださいね♡

関連記事

今、あなたにオススメ