新感覚の『食べるコーヒー』って?!気になる恵比寿のカフェを紹介♡

卵入りのふわふわクリーム乗せ!ベトナムの食べるコーヒー「エッグコーヒー」/CYCLO Banh mi(シクロ バインミー)

新感覚の『食べるコーヒー』って?!気になる恵比寿のカフェを紹介♡の2枚目の画像


2016年にオープンした「EBISU FOOD HALL」。恵比寿駅から徒歩1分、駒沢通り沿いとアクセスもよく、4つの個性豊かなカフェ&レストランが集まっているとあっておしゃれな女子たちに話題のスポットです。


新感覚の『食べるコーヒー』って?!気になる恵比寿のカフェを紹介♡の3枚目の画像


一部のお店は朝8時から営業しているので、お仕事前の朝活やモーニングにもおすすめの場所。広々としたダイニングスペースはテーブル席やソファ席などがあり、自分のスタイルで自由に過ごすことができる心地良い空間です♪


新感覚の『食べるコーヒー』って?!気になる恵比寿のカフェを紹介♡の4枚目の画像


その一角に、2019年3月にオープンしたのが、バインミー専門店「CYCLO Banh mi」。ベトナムの屋台や自転車タクシーが描かれた水色の壁紙がとってもおしゃれ♡SNS映えしそうです。


新感覚の『食べるコーヒー』って?!気になる恵比寿のカフェを紹介♡の5枚目の画像


こちらでオーダーできるのは、7種類のバインミー、バインミーとセットにできる鶏だしスープ、そしてエッグコーヒーのみです!

“食べるコーヒー”として話題になっているのが、この「エッグコーヒー」。エッグコーヒーとは、ベトナムでは伝統的なコーヒーの一種ですが、日本では新感覚なドリンクとして、ジワジワと話題になっています。


新感覚の『食べるコーヒー』って?!気になる恵比寿のカフェを紹介♡の6枚目の画像


では早速、「エッグコーヒー」を実食レポートしていきます!

ベースは、冷たいベトナムコーヒー。コクが深く、苦味のある豆を使用しています。


新感覚の『食べるコーヒー』って?!気になる恵比寿のカフェを紹介♡の7枚目の画像


そこに、コンデンスミルクと卵を混ぜたカスタードを思わせるクリームをたっぷりオン!なめらか~なカスタードは、プリンのように濃厚でリッチな味わい。


新感覚の『食べるコーヒー』って?!気になる恵比寿のカフェを紹介♡の8枚目の画像


店頭には、美味しくいただくための飲み方をまとめた看板も掲示されています。

早速、その手順にそっていただきましょう!


新感覚の『食べるコーヒー』って?!気になる恵比寿のカフェを紹介♡の9枚目の画像


まずは、たっぷり注がれたカスタードだけを味わってみて。ふわふわエアリーで、甘くクリーミーなカスタードは、デザートそのもの!一口で幸福感に包まれますよ。


新感覚の『食べるコーヒー』って?!気になる恵比寿のカフェを紹介♡の10枚目の画像


その後は、カスタードとコーヒーが混ざるように、しっかりかき混ぜます。コーヒーの色がどんどん変わる様子はInstagramのストーリー向きかも。


新感覚の『食べるコーヒー』って?!気になる恵比寿のカフェを紹介♡の11枚目の画像


すべて混ざれば、ふわトロッとしたクリームの食感が新鮮な「エッグコーヒー」(400円/税抜)の完成!

コーヒーとカスタードのバランスが絶妙で、コクはあるのに甘さ控えめで、後味スッキリ。食事と一緒にいただいても違和感がないほど。もちろん、バインミーとの相性は◎です。


新感覚の『食べるコーヒー』って?!気になる恵比寿のカフェを紹介♡の12枚目の画像


飲み方の手順が分かるリーフレットももらえるので、見ながら試してみて。ヒヨコのイラストが描かれたカップでサーブされるのも、カワイイもの好き女子の心をくすぐりますね♡

ベトナムのソウルフード「バインミー」を、食べやすくアレンジ

新感覚の『食べるコーヒー』って?!気になる恵比寿のカフェを紹介♡の13枚目の画像


お次はバインミーを紹介します。バインミーサンドの特徴の一つ、パンは系列の五反田にあるベーカリー「Bread&Coffee IKEDAYAMA」で焼いたものが毎日届けられています。

開発チームのメンバーが現地ベトナムへ視察に出かけ、試行錯誤を繰り返し、ようやく完成させたオリジナルのパンです。たっぷりの具をサンドしても、サクっと噛み切れるようなパンに仕上げているそう。


新感覚の『食べるコーヒー』って?!気になる恵比寿のカフェを紹介♡の14枚目の画像


オーダーをすると、パンに切り込みを入れるところから調理開始!まさに出来立てを用意してくれます。

「バインミーを知らない人にも、幅広く楽しんでいただきたい」という思いから、食べやすさにも配慮したレシピで作られています。ベトナム料理好きはもちろん、初心者にも親しみやすい味わいで、上品でおしゃれな街、恵比寿らしいバインミーと言えそうです。


新感覚の『食べるコーヒー』って?!気になる恵比寿のカフェを紹介♡の15枚目の画像


「パンで野菜不足を解消できたら」と、たっぷりのフレッシュな野菜がサンドされているのも女子に支持される理由の一つ。

大根と人参のなますがたっぷり入っているバインミーはよく見かけますが、フレッシュな野菜のシャキシャキ食感が楽しめるものは珍しいかも。けれどこれは、現地でもあるスタイルなのだとか。


新感覚の『食べるコーヒー』って?!気になる恵比寿のカフェを紹介♡の16枚目の画像


そして、パクチストにうれしいサービスも!パクチー大盛りは無料なので、心ゆくまでパクチーの美味しさを堪能することもできますよ。

パクチーは国産で、香りの良いものを仕入れているそうです。逆に、パクチーが苦手な人は、パクチー抜きも可能です。


新感覚の『食べるコーヒー』って?!気になる恵比寿のカフェを紹介♡の17枚目の画像


バインミーは、鶏、豚、海老が入った贅沢な「Cam onバインミー」(700円/税抜、写真手前)、レモングラスの香りが爽やかな「鶏肉のレモングラス煮」(600円/税抜、写真奥)、のほか、「豚肉スイートチリマヨネーズ」(600円/税抜)、海老のすり身入りの「チャオトム」(600円/税抜)など7種をラインナップ。

女性、男性問わず、ランチタイムにまとめ買いする人も多く、早くも恵比寿ランチの定番になりつつあるようです。ディナータイムも同じ値段でいただけるのもうれしいポイントですね♪

まとめ

新感覚の『食べるコーヒー』って?!気になる恵比寿のカフェを紹介♡の1枚目の画像


塩分控えめ、野菜たっぷりのバインミーとともに、まだ珍しいエッグコーヒーはいかがですか?友達にシェアしたくなるような、楽しく、美味しいドリンクですよ。

いろいろな味のバインミーを友達とシェアしつつ、新感覚のドリンクも試してみてくださいね。

CYCLO Banh mi(シクロ バインミー)

住所:東京都渋谷区恵比寿南1-1-9 岩徳ビル1F
電話番号:03-5773-5959(EBISU FOOD HALL共通)
営業時間:11:00~22:00
定休日:無休
最寄駅:恵比寿



取材・文/近藤 由美

※2019年7月14日時点の情報です。メニューや価格等は、現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※価格はすべて税込です。


1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡