飾りたいものを差し込むだけ! おしゃれ度高まるインテリアフレームDIY

フレーム内に飾るものを「挟み込む」のではなく「差し込む」ことによって、簡単&自在にレイアウトを変えることができるインテリアフレームを100均DIYで作ってみましょう!


簡単100均DIYでレイアウト自在なインテリアフレームを作ろう!

壁をおしゃれに演出してくれるインテリアフレーム。

壁面にデザインアクセントがあるだけで、スタイリッシュな空気感が漂います。

今回ご紹介するのは、フレーム内に飾るものを透明板や台紙で「挟む」のではなく、透明カードケースに「差し込んで」飾る、ちょっとユニークなインテリアフレームです。

使い方はとっても簡単!

透明カードケースの横からお気に入りのポストカードや紙モノを「差し込む」だけ。

わざわざフレームを分解して挟み込む手間がいらないので、手軽にレイアウトを変えることができるのもポイントです。

こちらのインテリアフレームを、材料費300円の簡単100均DIYで作ってみようと思います!


材料は2つだけ!全部100均アイテム

今回使う材料がこちらの2点

・B4硬質カードケース

・板材(45×3.8cm)×4本 ※2本セットで100円

どちらも100均で揃えました。

板材は2本セットで100円なので、合計300円の材料費で作ることができます。


インテリアフレームの作り方

板材をカットしてフレーム部分を作ります。

カットする長さは、硬質カードケースの縁が1cmほど隠れるくらいの大きさを目安にします。(写真下参照)

カットした板材をペイントします。

今回はミルクペイント2色(ヘンプベージュ/インクブラック)と水性ウッドステイン(チーク)を使って、アンティーク風にペイントしてみました。

塗料が完全に乾いたら、板材4本を接着してフレームを作ります。

フレーム裏面に強力両面テープを使って、硬質カードケースを貼り付けます。

両面テープは、超強力で密着性の高い「建材用両面テープ」がおすすめです。

これで板材4本で作ったフレームを、ガッチリと固定することができました。

フレーム裏面上部2ヶ所に小ネジを入れ、輪にした天蚕糸を引っかけて「吊り輪」を作ります。

カードケースの横から、お気に入りのポストカードなどを差し込みます。

クリアファイルのようにスッとめくることができるので、中に飾るものを簡単にレイアウトすることができます。

壁に差したプッシュピンに吊り輪をかければ、おしゃれなインテリアフレームが完成!

まるで両面ガラスのフレームのような、背板のないクリアなフレーミングアートが楽しめます。


インテリアフレームを飾ってみよう

フレーム内にはポストカードや写真はもちろん、押し花や落ち葉をレイアウトしてみてもアーティスティック!

フレームを外したり分解したりすることなく、手軽に中のものを入れ替えることができるのがポイントです。

飾るスペースやシチュエーションに合わせて、縦、横、立てかけと自由にレイアウトすることができます。

雑誌の切り抜きを差し込むだけで、おしゃなスクラップボードに大変身です!


まとめ

飾るものの入れ替えは、カードケースに「差し込む」だけ。

わずらわしいフレームの分解がいらないおしゃれなインテリアフレームを、わずか300円の材料費で作ることができました。

気軽に作れて手軽にアレンジ!

みなさんもぜひ作ってみてください。

1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡