【連載】ファルカタ材と100均アイテムでミニキャビネットを作ろう!

今回も、100均アイテムを使用しながらDIYしてみました。

ホームセンターにある幅150mm×長さ1200mmのファルカタ材と、100均のフォトフレームや木箱を組み合わせてミニキャビネットを作ってみました!

いち早く、完成品をお披露目いたします。


ファルカタ材と100均アイテムでミニキャビネット

こちらです、アンティーク調のおしゃれなミニキャビネットに仕上がっています。

早速、この作品の作り方をご紹介します♪


材料と道具

ファルカタ材 幅150×153mm(中板)1枚ファルカタ材 幅150×281mm(側面)2枚ファルカタ材 幅150×181mm(上下)2枚ブラック合板 307×181mm 1枚オールドウッドワックス アンティークグレー水性塗料 つや消しブラック造作用ビス 38mm造作用ビス 25mm 10本2L木製フォトフレーム(セリア)転写シール(セリア)ウルトラ多用途SU (強力接着剤)木製インテリアウォールボックス(セリア)引き出し用つまみ 木箱用(キャンドゥ)引き出し用つまみ フォトフレーム(セリア)蝶番(セリア)リメイクシート 大理石柄(キャンドゥ)木工用ボンド電動ドライバーハンディードライバー

作り方

①ファルカタ材を、サイズ通りにホームセンターでカットします。

カット代がかかる場合は、ご自身でカットして頂いても大丈夫です。

②ファルカタ材の長さ153mmを、長さ281mmで挟み込むように固定します。

木工用ボンドで接着してから、左右各3ヶ所を造作用ビス38mmでビス止めします。

(下の空間は木箱が入るように、66mm開けて固定してください。)

③次は、上下から先程組み立てた木材を挟み込むように固定します。

固定方法は先程と同じです。

④100均で購入したフォトフレームと木箱は、金具を取り除きます。

⑤フォトフレームのアクリル板には、お好きな転写シールを貼り付けましょう。

⑥木箱は引き出し用つまみを取り付けるために、穴を開けて水性塗料のつや消しブラックを塗装し乾燥させ、つまみを取り付けます。

⑦ファルカタ材で組み立てた木材と金具を取り除いたフォトフレームの木枠に、オールドウッドワックスのアンティークグレーを着色します。

⑧ワックスを塗装し乾燥したら、ウルトラ多用途SUの強力接着剤で転写シールを貼ったアクリル板を貼り合わせます。

⑨先程組み立てた木材に、⑧で接着したフォトフレームを蝶番で合体させます。

そして、フォトフレームに引き出し用のつまみを取り付けます。

⑩ブラック合板にリメイクシートを貼り付けて、裏から木枠に造作用ビスの25mmで固定します。

最後に、リメイクした木箱をセットしたら完成です!

【ポイント】

マグネットでぴったり扉がくっつくマグネットキャッチャーというものが、ホームセンターに売っています。

もし扉をぴたっと収納したい方は、取り付けてみてください。

(取り付けなくてもちゃんと扉は使用できます。)


出来上がり

これでミニキャビネットが完成しました。

カフェ風なミニキャビネットですので、朝のコーヒーセットなどを収納してもおしゃれかと思います。

実際に収納してみた写真がこちら。

上の扉の中には、使い捨ての耐熱紙コップやマドラーを収納してみました。

紙コップなど高さがあるものが、凄く収納しやすかったです。

下の引き出し部分には、専用カプセルなど細々したフレッシュやガムシロップなどを収納しています。

100均アイテムを使用してDIYしているので、楽しくリメイク出来ますよ。


まとめ

ファルカタ材は、DIY初心者の方も扱いやすい木材です。

価格も比較的低く白木なファルカタ材は、オールドウッドワックスなどのワックスの色味が綺麗に出やすいと思うので、是非やってみてください。

1

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事