大人もジャンパースカートを楽しもう!子供っぽくならないコーデ術をご紹介♪

ちょっぴり幼い印象や、カジュアル過ぎるという印象を持たれやすいジャンパースカート。でも最近では、大人女子の間でじわじわと人気が上昇しているんです。

そこで今回は子どもっぽく見えない、大人のジャンスカ―コーデをご紹介します。


大人っぽさ抜群の「グレー」ジャンパースカート

ウールツイード調のジャンパースカートは、大人っぽく見せてくれるだけでなく季節感も抜群。

黒のタートルニットやブーツを合わせて、ベージュのファーバッグで柔らかさをアピールするアクセントをプラスしています。

ハリ感のあるしっかり素材を選ぶだけでも、ジャンパースカートは大人顔に着こなせます。

Iラインのタイトシルエットは、着痩せ効果にも期待できるのが嬉しいポイント♪


定番「黒」ジャンスカでシンプルにまとめたい

ちょっぴりレトロテイストなフレアーシルエットのジャンパースカートは、モノトーンにまとめるだけで大人っぽい印象に。

グレーと黒の組み合わせで、大人ガーリーさとシックさの両方を兼ね備えています。

深めのVネックデザインで、インナーとのレイヤードをとことん楽しめるジャンパースカートです。

バックスタイルにベルトを施し、前後どちらから見ても洗練された印象に。

シンプルな黒のジャンパースカートは、後ろから見ると細いストラップがクロスしたハイセンスなデザインの一枚。

トレンドカラーのパープルニットを合わせて、あえてスニーカーでカジュアルダウンしたスタイルに仕上げました。


クールに着こなしたい「グリーン」ジャンパースカート

タイトスカートが女性らしいジャンパースカートは、ストラップが取り外せる2WAY仕様のアイテムです。

トレンド感たっぷりなラップデザインのスカートは、深みのあるグリーンでシックな印象のコーディネートに。

ふっくらとしたシルエットで、タイトなのに体のラインを拾わないのが魅力的なアイテム。

コットン素材で作られているので、一年を通して活用できるのが嬉しいポイントですね。

カーキ×ブラウンで、季節感たっぷりな着こなしに。


季節感たっぷりな「ブラウン」ジャンパースカート

長め丈のフレアスカートが、上品な印象を与えるジャンパースカート。

薄めのパープルニットをインナーに合わせて、フェミニンなカラ―リングを楽しんでいます。

ミラノリブ素材のジャンパースカートは、トレンド感もたっぷりな一枚。

深めのVネックなので、ハイネックトップスとの相性が抜群です◎。

同系色のパンツを合わせて、裾からちらりと見えるレイヤードスタイルが素敵。


ナチュラルに着こなすなら「ベージュ・キャメル」ジャンパースカート

裏側にボア素材を使用し、寒くなる季節の防寒アイテムとしてもぴったりなジャンパースカート。

ストンと落ちるタイトなシルエットが、子どもっぽさを感じさせないデザインになっています。

白のタートルニットを合わせて、ナチュラルなコーディネートに。

ウエストにベルトが付属したジャンパースカートは、ベルトの使い方次第でシルエットや雰囲気を変えられるアイテム。

定番のボーダートップスは、フレアのジャンパースカートに合わせると、大人ガーリーに着こなせます。

季節感アピールにぴったりな、ライトコール素材を使用して作られたアイテムです。

カジュアル見えしそうなデザインを、さりげなく広がるシルエットで上品にカバー。

黒トップスをインナーに合わせて、シンプルな大人のナチュラルコーデに仕上げました。


即トレンド顔の「チェック柄」ジャンパースカート

前後どちらを前にしても着られる2WAY仕様のジャンパースカートは、ボタンを開けてベストとして着用もOK。

ボタンがあるかないかを選ぶだけでも、その日の気分に合わせたコーディネートが楽しめますね。

取り外し可能なストラップが付いたジャンパースカートは、大人見えするペンシルスカートがワンポイント。

大きめバックルのベルトや、サイドにさりげなくあしらわれたスリットで、変幻自在なスタイリングが楽しめますよ。

細かなチェック柄を採用したグリーンカラ―のジャンパースカートは、同系色のニットと合わせてワントーンコーデに。

爽やかな印象を与えるグリーンコーデには、黒のショートブーツが全体の引き締め役としても大活躍です。


おわりに

子どもっぽいというイメージを持つ人が多いジャンパースカートも、最近では大人顔にアップデートされたものが豊富です。

ぜひジャンスカを使った大人コーデに挑戦して、上品なスタイリングを楽しんでみてくださいね♪

1

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事