“ドライフラワー“でお部屋をさらにかわいく♡飾り方アイディア◎

最近、インスタグラムなどでも人気急上昇中のドライフラワー!

今回は、初めてドライフラワーを飾る方におすすめの扱いやすい品種、そしておしゃれで可愛い飾り方アイデアをご紹介します。


吊るすだけで簡単に作れる♪長く楽しめるドライフラワーの選び方・飾り方


ドライフラワー入門におすすめなリモニューム(スターチス)

蒸し暑い日が続くと、生のお花を飾っても長持ちさせるのが難しいですね。

そんな時には、枝ものやグリーンなど、暑さに強いものを取り入れたり、ドライフラワーを飾るのもおすすめです。

ここ数年人気が高まっているのがドライフラワー。

お花屋さんで売っているだけでなく、雑貨屋さんや洋服店でディスプレイされていたり、ドライフラワーを吊るしてあるフラワーカフェなども増えてきました。

色々な種類のドライフラワーが出ているので、何の花を選んで組み合わせればいいのか!?どうやって飾ると可愛い!?という声をよく聞きます。

私のイチオシは、スターチス(リモニューム)と呼ばれるお花です。イソマツ科スターチス属の植物で、学名は Limonium(リモニューム)。

世界中の海岸や砂漠が原産地とのことで、乾燥にも強く、ドライフラワーになっても色あせが少ないお花です。

なかなか聞きなれない名前のお花なのですが、姿形の特徴としては「カスミ草」によく似ています。

スプレー咲きのお花なので、一本でもかなりボリュームが良いですよ。

リモニュームの色は、この写真にあるような、ピンク色や、紫、白、オレンジ、黄色など、たくさんの種類が出ています。


ドライフラワーを吊るだけ♪スワッグに仕立てて飾るアイデア

ドライフラワーの飾り方といえば、まず思い浮かべるのが吊るして飾る方法!数本まとめて束ねて、スワッグに仕立てるのもおすすめです。

色々な種類をミックスしても素敵ですが、一種類だけを束ねて飾るのも可愛いですよ。

作り方はとても簡単です!

飾りたい場所に合わせて、花の丈の長さを決めて、茎をカットします。

続いて、①の上に少し短くカットした花を重ねていきます。

重ねる本数を増やしていけば、もっとボリューム感を足せますし、数本束ねるだけでも楚々とした雰囲気があり可愛らしいですよ。

最後に、紐やリボンで結んで完成です。

ラッピングペーパーで包んでも良いですし、そのまま花だけを吊るしてももちろん素敵ですよ!

リモニュームだけで束ねると、ロマンチックな感じでとってもキュート♡

かっこいい雰囲気が好きな方は、ワイルドフラワーなどゴツゴツした植物同士を組み合わせるのがおすすめです。


プチプラバスケットを使って可愛いアレンジを作ろう!

吊るす以外にも、ドライフラワーの飾り方アイデアは様々あります。

簡単で可愛く仕上がる飾り方といえば、「バスケットに活けていくアレンジ方法」もおすすめですよ。

バスケットやカゴなど雑貨類は、最近はプチプラでもおしゃれなものが手に入りますよね。小さいサイズは種類も豊富に出回っています。

生花のアレンジメントと違って、ドライフラワーのアレンジでは給水スポンジは要りません。

(がっしりと花留めしたい場合は、ドライフラワー用のフォームに挿すと花が安定します。)

気軽に活けたい場合は、花を短くカットして、バスケットの中にざっくり入れて活けるだけでOK!

バスケット全体を花で埋めなくても大丈夫ですよ♪

もちろん、たっぷりとバスケットに入れても可愛く仕上がります!


【まとめ】

ドライフラワーを飾るのが初めての方におすすめしたいリモニューム!

扱い方も簡単なので、是非この夏はドライフラワーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡