脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべき

脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの1枚目の画像
季節・世代を問わずなじみのあるボーダーという定番の柄こそ、新しいデザインにも挑戦できる。旬色や先鋭的な形から着方の工夫まで、特別感のあるカジュアルに仕上がるボーダーを、あらゆる方向からリサーチ。

|デニムとでも脱平凡|
「そで」にひとひねりあり
ロング丈やベルスリーブの、そで部分にクセのあるボーダーで、気楽にシンプル以上な表情に。特徴的な形もオーバーサイズならがんばった感なくとり込める。
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの2枚目の画像

トップスは4を着用。デニム 18,500円+税/SERGE de bleu(ショールーム セッション) サングラス 58,000円+税/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ) バッグ 13,000円+税/UNITED TOKYO(ユナイテッドトウキョウ 新丸ビル店) シューズ 17,000円+税/ピシェ アバハウス(ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店) 濃紺デニム×ロングスリーブボーダーで今どきなフレンチルックに。

1.LADYをつくるフレアスリーブ
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの3枚目の画像

ニット 32,000円+税/ガリャルダガランテ(ガリャルダガランテ 表参道店) ざっくり編みでよりやさしげに。

2.ルーズなそででかわいげを投入
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの4枚目の画像

ロンT(9月上旬展開予定) 8,000円+税/SNIDEL メンズライクな白黒ロンTも、そでが長いため女性らしいニュアンスも確保。

3.細&長めそでが縦も強調
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの5枚目の画像

黒×白リブロンT(4サイズ) 9,000円+税/ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア(グーニー PR)

4.ふくらみのある生地で美形に
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの6枚目の画像

ネイビー×白トップス 19,000円+税/アンスクリア(アマン) やや厚手で腰まわりのラインもひろわない。

5.そでの黒ボタンがエッジィ
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの7枚目の画像

カットソー 15,000円+税/トラディショナル ウェザーウェア(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店) 肩ボタンを開けスリット風にも。

6.キレを足す、そで口のスリット
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの8枚目の画像

ロンT 16,000円+税/ザストアバイシー(ザストアバイシー代官山店)

|スタイリングの幅を広げる|
重ね着上手なサイズ&切れ込み
レイヤードスタイルが増えるこの先。インナーづかいできるタイトなシルエットや上から重ねてもすっきり整うスリット入りなど。ふたとおりの使いみちがある、ボーダーが集結。
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの9枚目の画像

インナーは5を着用。ブラウンウールワンピース 49,000円+税/SLOANE バッグ 7,900円+税/CHARLES & KEITH(CHARLES & KEITH JAPAN) シューズ 6,400円+税/RANDA 中にさした白黒ボーダーがシャープさを足し、ゆるいワンピースでも体全体を細見せすることに成功。

1.深いスリットで軽快なまま
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの10枚目の画像

カシミヤニット 54,000円+税/ヘリテノーム(ガリャルダガランテ 表参道店) フロントにスリットがあることでどんな服とでもIラインをキープ。

2.腰位置を上げる短丈
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの11枚目の画像

トップス 8,900円+税/フラデリ クロップト丈ならINせずともバランス良好。

3.「ネック広め」なら首元で遊べる
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの12枚目の画像

ロンT 8,000円+税/フラマン(プーオーフィス) 首元も身幅も広く、Tシャツを中に重ねてももたつかない。

4.ゆる&タイトで単品でもフル活躍
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの13枚目の画像

ビッグT 12,000円+税、細長スカート 17,000円+税/ともにルミノア(ゲストリスト)

5.中にしのばせて小さな効かせ役に
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの14枚目の画像

リブニット 7,800円+税/レイ ビームス(ビームス ウィメン 原宿) タートル部分はややゆとりがあり窮屈感ナシ。

6.ベージュベースのキレイめなハズし役
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの15枚目の画像

ベージュ×ネイビーラガーシャツ 10,000円+税/ペンフィールド スポーツウエアインク(ヤマト インターナショナル) えりを開ければ首元のレイヤードも簡単。

|ねらった感なくセンシュアル|
「首元で隙をつくる」
いつもより開きぎみの首元を選び、カジュアルな柄でも女性らしい見た目へアップデート。肌感が強くても落ち着いて見える、黒や紺の暗色ボーダーだけに注目。
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの16枚目の画像

トップスは4を着用。デニム 15,800円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) イヤリング 14,000円+税/カリーヌ パリ(ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店) バッグ 52,000円+税/スティーブ モノ(ロク 渋谷キャットストリート) スニーカー 5,800円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) 四角い首元が普遍的なワンツーに女っぽくカッコよさをプラス。

1.前後とも鋭利なV
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの17枚目の画像

白×ネイビートップス 11,000円+税/ルミノア(ゲストリスト) ざっくりと開いたVネックは首を細く長く映す効果あり。

2.鎖骨が見えるボトルネック
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの18枚目の画像

白×ネイビーハイネックトップス 14,000円+税/トラディショナル ウェザーウェア(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店) 肩幅をごまかすドルマンスリーブ。

3.オフショルに近い横広型
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの19枚目の画像

黒×ベージュトップス 18,000円+税/ロンハーマン やや厚手の生地だから、ぴたっとしても肉感が出すぎない。

4.四角形でスマートに
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの20枚目の画像

白×ネイビートップス 12,000円+税/ルミノア(ゲストリスト) スクエアネックで辛口顔へシフト。

|暗色スタイルの力を抜く|
「白と黒」で小さく使う横じま
締め役と抜け役を同時にこなせて、小物やインナーで脇役にもなる白黒ボーダー。ダークトーンの服が多くなる秋からは、少量の白がのっぺり感を防ぐのにも好都合。
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの21枚目の画像

スカーフは4を着用。黒ワンピース 23,000円+税/ティッカ バッグ 59,000円+税/ダニエル&ボブ(ダニエル&ボブ ジャパン) ローファー 14,900円+税/A de Vivre 単調な黒の1枚系にはメリハリと知性を加えるボーダーのスカーフが便利。

1.晴雨兼用
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの22枚目の画像

傘 13,800円+税/トラディショナル ウェザーウェア(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店) バンブーハンドルが柄の強さを緩和。

2.シンプルな靴にスパイスを
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの23枚目の画像

黒×白靴下 700円+税/靴下屋(タビオ) ラクなスニーカーもモノトーンボーダーできりっとした足元に。

3.微量のボーダーでリズムづけ
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの24枚目の画像

サイドボーダーバッグ(47×38.5×5) 8,500円+税/BORDERS at BALCONY ベロア地の黒でリッチな趣へ引き上げ。

4.結び方次第で縦じまにも
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの25枚目の画像

スカーフ(90×90) 30,000円+税/SLOANE シルク100%で首に巻いても心地よい。

5.無地の服を盛り上げる
脱・定番!「ボーダー」は新しいデザインで更新すべきの26枚目の画像

タンクトップ 6,000円+税/ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア(グーニー PR) 繊細さを残す極細なリブ編み。

関連記事

今、あなたにオススメ