ALBIONってやっぱりスゴい♡ 肌質悩みの見直しはいまのうちに◎

ALBIONってやっぱりスゴい♡ 肌質悩みの見直しはいまのうちに◎の1枚目の画像

「素肌と生きる。」というメッセージを掲げ、スキンケアアイテムをメインにさまざまな化粧品を取り扱うブランド「ALBION(アルビオン)」。

「透明感のあるしなやかな肌」を理想の肌として考えているアルビオンは、対面販売ならではのきめ細やかなカウンセリングも魅力で、幅広い年代の女性たちから支持されています。

中でも、アルビオンの象徴的なアイテムと言われているのが「乳液」です!

今回は、アルビオンの乳液の使い方や、実際に肌らぶ編集部員が使用したレビューなど、乳液の魅力をたっぷりとお伝えします!

アルビオンの乳液について


ALBIONってやっぱりスゴい♡ 肌質悩みの見直しはいまのうちに◎の2枚目の画像
出典:ALBION

アルビオンの乳液の特徴は、洗顔後すぐの肌に使用することです!

そのため、乳液を使うタイミングは、
クレンジング・洗顔 ⇒ 乳液 ⇒ 化粧水 ⇒ 美容液・クリーム
となります。

一般的な乳液は、化粧水の後に使用し、水分と油分を与えてうるおいの膜をつくります。

一方、アルビオンの乳液は、洗顔後(化粧水の前)に使用することで、洗顔で奪われてしまった肌に必要な水分・油分を先に与え、うるおいのバランスを整えることが期待できるのです。

また、アルビオンの乳液は、肌に必要なうるおい成分と言われている「水分」「油分(細胞間脂質)」「天然保湿成分(NMF)」に近い成分で構成されているため、洗顔後すぐの肌にもなじみやすく、うるおいを与えることで肌をやわらげることもできます。

アルビオンの乳液を使ってみました!


ここでは、肌らぶ編集部員がアルビオンの乳液を使ってみたレビューをお伝えします。

【今回使用した乳液】


今回は「エクサージュ」「エクサージュホワイト」の乳液を使ってみました。
それぞれ、肌タイプに合わせて3種類あるので、どちらもノーマルスキン用のⅡを選びました。

■エクサージュ アクティベーションモイスチュアミルク
ALBIONってやっぱりスゴい♡ 肌質悩みの見直しはいまのうちに◎の3枚目の画像

エクサージュ アクティベーション モイスチュアミルク Ⅰ(オイリースキン用)
エクサージュ アクティベーション モイスチュアミルク Ⅱ(ノーマルスキン用)
エクサージュ アクティベーション モイスチュアミルク Ⅲ(ドライスキン用)
110g 3,000円(税抜)/200g 5,000円(税抜)

角質層をうるおいで満たし、しなやかな肌にみちびく乳液です。
まろやかな感触のテクスチャーが肌のうるおいバランスを整え、きめ細かいふっくらとした肌に整えます。

■エクサージュホワイト ピュアホワイトミルク【医薬部外品】
ALBIONってやっぱりスゴい♡ 肌質悩みの見直しはいまのうちに◎の5枚目の画像

エクサージュホワイト ピュアホワイトミルク Ⅰ(オイリースキン用)【医薬部外品】
エクサージュホワイト ピュアホワイトミルク Ⅱ(ノーマルスキン用)【医薬部外品】
エクサージュホワイト ピュアホワイトミルク Ⅲ(ドライスキン用)【医薬部外品】
110g 3,000円(税抜)/200g 5,000円(税抜)

肌にうるおいを与え、透明感のある肌にみちびく薬用美白*乳液です。
なめらかな感触のテクスチャーが肌のうるおいバランスを整え、ふっくらとしたしなやかな肌に整えます。
*メラニンの生成を抑えて、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ


【エクサージュ アクティベーションモイスチュアミルクのレビュー】


ALBIONってやっぱりスゴい♡ 肌質悩みの見直しはいまのうちに◎の7枚目の画像
「エクサージュ アクティベーションモイスチュアミルク Ⅱ」を5日間使ってみました。

◆1日目◆
コットンに3プッシュ分の乳液をとると、かなり量はたっぷりとしていたので、コットンから乳液がこぼれてしまいそうでした。

カウンターで教わったとおり、肌の上でくるくるとなじませるようにコットンをすべらせていくと、みるみるうちに肌にすっと入っていきました。

2回ほど顔全体をなじませると、肌表面に残らずに、しっとりとした後肌になりました。
1
2
3
4

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡