美しい目頭切開ラインをつくる!上手な引き方のコツ♡

目を大きく見せることのできる「切開ライン」メイク!

切開ラインメイクは、ほんの少しのテクニックにも関わらず、印象をグッと変えることのできるメイク方法です。

そこで今回は、美しい切開ラインを引くコツをご紹介♡

切開ラインメイクに使用するおすすめアイテムまでご紹介しますので、目を大きく見せたいという方はぜひ最後までチェックしてみてくださいね♪


1|“切開ライン”とは?


美しい目頭切開ラインをつくる!上手な引き方のコツ♡の5枚目の画像
切開ラインとは、目頭部分のアイラインを少し長めに引くことで、目を大きく見せるメイク方法です。

いつものメイクに少しプラスするだけで印象をグッと変えることができるので、目を今よりも大きく見せたい方や、いつものメイクにマンネリ化している方におすすめです!
美しい目頭切開ラインをつくる!上手な引き方のコツ♡の6枚目の画像
こちらが切開ラインメイクをする前とした後です。

「切開ライン」と聞くと、派手なメイクになってしまうのかな...?と感じる方もいるかと思いますが、アイラインの引き方や色選び次第でナチュラルにも仕上げることができますよ♪

2|「切開ライン」メイクの種類


目頭の切開ラインメイクには大きく2種類の引き方があります。

ひとつめは、横向きに真っ直ぐ引く方法。
美しい目頭切開ラインをつくる!上手な引き方のコツ♡の7枚目の画像
切開ラインを横に長く引くとスタイリッシュで切れ長な目元を演出することができるので、普段モードなメイクの多い方には、こちらがおすすめです!

ふたつめは、下向きに引く方法。
美しい目頭切開ラインをつくる!上手な引き方のコツ♡の8枚目の画像
切開ラインを下向きに長く引くと、丸みのあるかわいらしい印象になります!普段ナチュラル・かわいらしい系のメイクをする方にはこちらがおすすめ♡

3|切開ラインメイクのやり方!


ここからは、切開ラインの引き方をご紹介します!

3-1.必要なアイテム


切開ラインを引く際に使うアイテムはこちら。
★ペンシルアイライナー
★リキッドアイライナー

美しい目頭切開ラインをつくる!上手な引き方のコツ♡の9枚目の画像
リキッドアイライナーは、シャープなラインを引くことができるため、切開ラインメイクには欠かせません。

ペンシルアイライナーも、細かいところを埋めるために大切なアイテム!

この2つを合わせて使うことでナチュラルかつ美しいラインを引くことができます◎

また、目頭は涙が出やすく溜まりやすい部分なので、アイライナーを選ぶ際は、ウォータープルーフのものがおすすめです。
美しい目頭切開ラインをつくる!上手な引き方のコツ♡の10枚目の画像
そして、アイライナーと共にとても大切なのが大きめの鏡。

違和感のない目元を作るためにも、顔全体を見ながらバランスよく引くことが必要なので、両目を見渡せるほどの鏡を準備しておきましょう!

3-2.切開ラインメイクの引き方【基本】


切開ラインをきれいに引くには、しっかりと基本を理解することが大切です。しっかりと基本を身につけて、美しい切開ラインメイクをつくりましょう♪
①ペンシルアイライナーで目のキワを埋める
美しい目頭切開ラインをつくる!上手な引き方のコツ♡の11枚目の画像
ますは、目のキワをペンシルで埋めて違和感のないように整えます!

ポイントは、まぶたをやさしく上げてまつ毛の根元から埋めるように書くこと。

隙間なく埋めていくことで切開ラインを引いた際も自然になじみ、目元を大きく演出してくれます。
②リキッドアイライナーで目頭に切開ラインを引く
美しい目頭切開ラインをつくる!上手な引き方のコツ♡の1枚目の画像
ペンシルアイライナーで目のキワをしっかりと埋めたら、次は切開ラインをリキッドアイライナーで引きます。

いつも横に持つアイライナーですが、切開ラインを引く際は立てに持ちます。

アイライナーをしっかりと持ったら、目頭から1mm~2mmぐらい置くようにラインを引きます。

ポイントは、ゆっくりと細めに引くこと&目の形に沿って違和感のないように引くことです!

事前に用意した大きな鏡で、両目のバランスと顔のバランスを見ながら引きましょう◎
③「く」の字に下のラインも引く
切開ラインは上だけでなく、下にもしっかり引いてあげると、よりはっきりした印象になります。

上と下のラインを合わせて「く」の字になるよう引きましょう。
1
2
3
4

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡