lineが苦手な男子の心理状況と攻略法を解説!

lineが苦手な男子の心理状況と攻略法を解説!の1枚目の画像

lineが苦手だという男子っていますよね。性格上返信するのが面倒だと思っている男子も多く、必要以上の連絡をすることに若干嫌気を指している人もいます。しかし、相手に振り向いてもらうには、連絡は必須。今回は、lineが苦手な男子の心理状況を紹介し、どのようなアプローチをすればいいのか紹介します。



実は人間関係にナイーブ

lineが苦手な男子は、人間関係に対してナイーブな一面があります。何かと人間関係でトラブルを起こしたくないと思っているからこそ、lineが苦手だと思ってしまうのです。その一例として「既読無視」が存在します。相手とやり取りを続けていない限り、いつかは既読無視をしてしまうことになります。しかし、lineが苦手な男子は「既読無視」をすると人間関係がこじれてしまうと考えてしまうのです。「既読無視=人間関係を壊す」という考えの人が多いからこそ、苦手だと感じてしまうのです。そういう心理状況を把握しながら、攻略していく必要があります。



返さなきゃいけない暗黙のルールを感じる

先ほどの既読無視の話につながりますが、lineは開いたら返さなければならないという暗黙のルールが存在します。既読をつけてしまったら、返信しなければならないという使命感に襲われることもありますが、苦手だと感じる人も多いのです。メール以上に気軽にやり取りすることができるlineだからこそ、間髪入れずにメッセージが飛び交うので、その「せわしなさ」に苦手意識を感じる男性もいます。返信を求められていることが、lineを苦手だと感じる原因にもなります。相手を追い込まないためにも、「返事は暇な時でいいよ」という声掛けをすることが重要です。



実のない会話になりがち

lineでやり取りするときは、二つのパターンに分けられます。「実のある会話」もしくは「実のない会話」です。連絡をするときにlineは非常に便利ですが、「実のない会話」をする時は不便でしかありません。暇つぶしとしてlineを使っている人に対して、苦手意識を感じてしまう男性も多いようです。常にスマホを見ていたり、すぐにlineを確認したりする女性は、実のない会話をしがちです。ただでさえlineが苦手な男性に、「この人とlineするの嫌だな」と思わせないように、注意深く考えてから返信しましょう。



仕事やプライベートで気を削がれる

lineが苦手だと思う男性にありがちなのは、仕事やプライベートで気を削がれてしまうということでしょう。常にスマホにlineの通知が入っていると、鬱陶しく感じてしまう人もいます。四六時中スマホの通知がなっていると、いちいち気を取られて他のことに集中できないという男性も多いのです。気軽に送れるというのがデメリットになり、苦手意識を増やしてしまう原因になってしまうのです。そういう人は大体、通知オフ機能を使用しているケースが多いので、相手に「通知オフ」にされないよう、頻繁にlineを送るということは控えたほうがよさそうです。



電話でアプローチすると効果的かも!

lineが苦手な男性にアプローチをしたいと思っているなら、電話等で近況を報告してみるというのも良いでしょう。数分の電話でも、相手に近況を報告することができたら成功です。lineが苦手だと感じているのは、頻繁にやり取りをしなければならないという使命感があるからです。一度の会話で、自分の伝えたいことを伝えた場合、男性に苦手意識を感じさせることはまずありません。マメな性格ではないからこそ、やり取りが面倒だと思っています。文字よりも、声のほうが安心するという事も考えられるので、相手に負担をかけないためにも電話でアプローチすることをお勧めします。



会っている時間は積極的に

lineが苦手な男性は、頻繁にやり取りができない分会ったときの時間を大事にする人が多いです。普段やり取りしていないからこそ、会ったときに色々な会話をして「実りのある時間」を楽しもうとするのです。意識して目を見てみたり、少しボディータッチをしてみたりすると、相手に意識させることができます。1対1の時でも効果的ですが、グループで会話をしているときにそういう一面を見せてみると、lineが苦手な男性をより意識させることができます。距離を縮めたいと思っている女性の皆さんは、、頻繁にサインを送ってみましょう。



相談や悩みを打ち明けてみる

人間は誰かに相談された時に、大きな信頼を感じることがあります。lineで相談するよりも、直接会ったときに相談したほうが効果的です。lineが苦手な男性にlineで相談しているのであれば、面倒に感じられてしまい既読無視されてしまいます。しかし、直接相談されると、「相談してくれるくらい信頼してくれているんだ」と喜ぶ男性も多いのです。lineが苦手な男性とはあまりやり取りができないので、距離感を縮めることができませんが、一度の会話で距離感を縮められるような「相談、愚痴」などを会ったときにしてみると良いでしょう。



おわりに

lineが苦手な男性のパターンを知っておくことで、攻略することができます。また、相手がlineが苦手な男性だからこそ相手に会って直接話したり、相談をしたりするなどして会ったときの時間を大切にすると良いでしょう。lineが苦手なのは、あなたのことが嫌いというわけではありません。lineが苦手な男性に恋をしている方には、振り向いてもらうためにline以外でアプローチすることをオススメします。(ハウコレ編集部)

関連記事

今、あなたにオススメ