あなたの恋が実らない理由 無意識に「ネガティブな質問」してません?


ライターの大久保 舞です。片思いをしているときは、好きな人の気持ちを確かめようがないからこそ、ネガティブな状態に陥って、些細なことも悪いほうに解釈してしまったりしがちです。ネガティブになってしまうこと自体は仕方がないのですが、それを言葉にして、好きな人自身に質問としてぶつけてしまうことは問題。百害あって一利なしです。それはなぜなのか、筆者が受けてきた恋愛相談から紐解いていきます。



ネガティブな状態に陥っている女性からの恋愛相談

筆者に恋愛相談を持ちかけてきたA子さんは、会社の上司の男性に片思いをしていて、まさにネガティブな状態に陥っている女性でした。A子さんがそうなってしまった理由は、上司が「俺は職場恋愛はしないから」と言っていたことを他の人から聞いた、というものでした。「いっそのこと『どうせ私のことは恋愛対象じゃないんですよね?』とか本人に言いたいです。質問してみたほうがいいですよね?」と思いつめているA子さんに対して、筆者は「それはやめたほうがいいです」とすぐに答えました。「なぜですか?」と、不思議そうなA子さん。



ネガティブなことを聞いても、百害あって一利なし

「もしかしたら、上司の方はA子さんの気持ちを知った上で、職場恋愛ができないと発言しているのかもしれません。その場合、確かに脈があるとは言いがたいです。でも、その不安な気持ちを直接相手にぶつけてしまうことは、百害あって一利なしですよ」と筆者は回答。A子さんは「なんで、不安な気持ちを伝えてはいけないんですか?」と、相変わらず不思議そうにしていたので「A子さんが、好き・嫌いな相手にかかわらず、同じことを異性に言われたらどうですか?」と質問してみまいした。すると、A子さんは「どう返していいのか、分からないと思います・・・・・・」と、複雑な表情。「そうですよね。それと同じことを、A子さんは好きな人にしようとしているんですよ。相手の真意が分からない状態なら、ネガティブなことを言うよりも、前向きにアタックしてみたほうがいいのではないでしょうか」と、筆者はアドバイスしました。「それなら、まずは食事にでも誘ってみます」とA子さんは結論を出し、後日、上司の方に連絡をとり、OKの返事がきたとのこと。お二人の関係はまだまだこれからといった感じですが、とりあえず、全く希望がないというわけではなさそうですよね。



ネガティブな質問をするぐらいなら、素直にアプローチすべし

A子さんが実際に「どうせ私のことは恋愛対象じゃないんですよね?」と好きな人に聞いていたら、どうなっていたでしょうか。もし相手の男性が、A子さんのことは恋愛対象であろうとなかろうと、悪い印象しか与えなかったことでしょう。これは男女共通だと思いますが、自分との恋愛に関してネガティブなことを質問されたら、恋愛対象外の相手からだったら「そのとおりだけれど、そうは言えないから、どうしよう」と困惑するだけ。恋愛対象の相手に聞かれたとしても「付き合う前からこんなに重たい人なら、付き合ったら大変だろうな」と、途端に恋愛対象外にしてしまいかねないのではないでしょうか。また、こういったネガティブな質問は、相手に対して好きだという気持ちを伝えているようなものですが、なら今後はどうしたいのか、という肝心な気持ちが相手には全く伝わりません。それなら、素直にアプローチをしたほうが、恋愛成就のためには間違いなくプラスになりますよね。



おわりに

片思いをしても実らないことが多いという女性の中には、自覚がないままに、ついついネガティブな質問を好きな人にしてしまっている方もいらっしゃると思います。それが一つの原因で、恋愛が上手くいかないがために「どうせ私は」とますますネガティブになってしまって、悪循環・・・・・・ということになっていないか、考えてみてください。ネガティブな気持ちは、むやみやたらに相手にぶつけるのではなく、自分の中で解決することも、とても大切だということですね。(大久保 舞/ライター)(ハウコレ編集部)(兼島彩香/モデル)(お多福/カメラマン)(上杉光美/ヘアメイク)(辻野祐馬/ディレクション)

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡