ファッションやメイクに疎い彼でもドキッとする彼女の「おしゃれ」って?


はっきり言って、男子は私たちの服装とか、メイクとかの細かい部分についてはなんにもわかっていません。だって、私たちが髪を切ったことすらギリギリ気付くか気付かないかというレベルなのですから彼らは・・・・・・。「今日のファッションはこだわったぞ!」みたいに思っていても、何もせずに黙っていたら、きっと彼は「今日もいつもどおりいい感じだねー(ホジホジ)」くらいにしか思っていないのです。でも、もちろんそんなのは悲しくて、せっかくなら彼のために頑張ったおしゃれを褒めてほしいし、「かわいいね」って言ってもらいたい。ですよね?



1.「あー、それ着たんだ!」

「彼と一緒に選んだもの」というのは、彼らが(珍しく)気付いてくれやすいファッションの変化です。私は、ショッピングを付き合ってもらって、その場で彼に「どっちがいいかな?」って聞きながら、一緒に悩みながら選んだものを、必ず次のデートで着ていくようにしています。自分も一緒になって選んだものですから、これから彼も当然「あ、それあれじゃん!」とわかってくれますし、何より、「俺とのデートで着ようと思ってくれてたんだー」と、彼としても嬉しいし、「あなたにかわいいって思われたいから、一緒に選んでたんだよ?」という気持ちがさりげなく伝わるのが、これまたドキッとしてしまうんです。それに「一緒に選ぶ」→「次のデートで着る」というサイクルを繰り返していれば、彼も積極的にショッピングに付き合ってくれるようにもなりますよ。ただ単に「彼女がほしいものを選んであげる」という、まあ言ってしまえば自分に関係のない退屈なイベントから、「彼女に次のデートで何を着てもらいたいか」という自分にめちゃ関係のあるイベントになるからですね。



2.「どう?」って言った方が絶対に良いよ?

あの、今さら元も子もない話をしますけど、新しい服やメイクでデートに行ったときには、「今日の私どうかな?」ってはっきりと言葉にして聞いてみた方がいいと思いますよ?1で紹介したものや、それから次に3で紹介するものみたいに、例外的に男子が気付いてくれやすいものもたしかにあるけど、やっぱり冒頭でも書いたように、結局ほとんどのケースでは、彼らは気が付いてくれないからです。あなたに興味がないんじゃなくて、「おしゃれ」に興味がないから、気が付かないんです。それに、私たちの方から「どうかな?」って聞いてみるのは、彼からしたら、「今日、あなたとのデートなので気合を入れちゃったんだよね」というメッセージ以外の何物でもないので、それってとてもドキドキすることなんですよ。私はこれって、彼らが自発的に気付いてくれるよりも、よっぽどメリットがあるんじゃないかなーって思ってるので、「今日はおしゃれしたぞ」って日には、がんがん自分の方から積極的に伝えていきます。



3.例外もあるよ

ただし、唯一、彼らが非常に目ざといジャンルもありますよ。その一つが、下着ですよね。男子が女子の下着に対して持つ憧れの強さは、「下着泥棒」なんていうありえない連中がいることからもわかります(男性の下着を盗む女性の「下着泥棒」なんていませんもんね)。下着を定期的に新調すると彼のリアクションもいいし、「エッチをひそかに楽しみにしているんです」という彼からしたらたまらないメッセージも伝わるので、「彼のためのおしゃれ」としてはコスパは最高レベルなんじゃないかと思います。また、同様にパジャマも非常にハイコスパです。



おわりに

「おしゃれと彼ウケは別物」という考え方も否定はしませんが、これらがセットになった方が効率もいいし、「おしゃれをした結果、彼にもかわいいって言ってもらえる」というのの方が二倍嬉しいと思うんですよ。一緒に選んだものを彼とのデートで着ていく、自分からどんどん「これどう?」って聞いていく、それから、下着についてはじゃんじゃん新しいのを取り入れていく(笑)、というのは、私にも、彼にもうれしいおしゃれを実現するためのヒントとして、ぜひ覚えておいてくださいね。(遣水あかり/ライター)(ハウコレ編集部)

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡