もう加工に頼らない!自分を10倍かわいく見せる最強の《自撮り術》を伝授♡

もう加工に頼らない!自分を10倍かわいく見せる最強の《自撮り術》を伝授♡の1枚目の画像

SNS時代の今、絶対に外せない自撮り写真。今回はいつもより10倍かわいくなれる、とっておきの《自撮り術》をご紹介します!



「なんか盛れない。」

例えばメイクが上手にできた日は、SNSに自撮りをUPしたくなりますよね。でもどの角度から撮っても、かわいいあの子みたいには盛れない・・・。最近は写真編集アプリで、小顔やメイク補正までしてくれるものも多いけど、それも面倒だしよくわからないし。そんなめんどくさがりさんでも大丈夫♡加工なし、セルカ棒なしでもいつもより10倍可愛く見せれる《自撮り術》を伝授しちゃいます!



最強の《自撮り術》

▷自撮りには、2パターンある
自撮りする時、スマホを「縦」と「横」どちらに向けて撮影しますか?実は、「縦」「横」それぞれの向きで、盛れるコツが違ってくるんです。コツを掴んで自撮りのプロになりましょう♡

▷横持ち派

コツ1:真ん中に写るならカメラは平行に

自撮りの基本、真ん中に写りたいという時はカメラは平行に持つ。このように頭のてっぺんから胸の上くらいまでを納められるような構図にすると、小顔に見えちゃうんです♡

コツ2:盛れる顔で決まるカメラの位置
横持ちで問題になるのが、カメラの位置。左なのか右なのか悩みどころですよね。みなさんの自分の盛れる顔は、左右どちらですか?例えば左側ならカメラの位置は左、右側ならカメラの位置は右にして撮ってみると...いつもより盛れてる!?個人差があるので調整しながらやってみてくださいね♩

コツ3:カメラは定番の上斜め45度
自撮り=斜め上45度が鉄板♡丸顔さんや顔の大きさにコンプレックスがある人も、顎や頬がシャープに見えるのでおすすめです。

縦持ち派

コツ1:被写体は真ん中に
横持ちと違って縦持ちで撮る場合、カメラに近すぎるとSNSに投稿したときに顔がアップになりすぎちゃう。そのため、縦持ちの時はできるだけ真ん中で、少し引き気味に写りましょう。

コツ2:あえて斜め下35度くらいから撮る近年、韓国女子の自撮りでよく見かけるのがこの斜め下35度。縦持ちだと被写体の背景を入れて写真に奥行きを出せたり、髪の毛が長く見せてくれるので、小顔に見せられるんです!腕は伸ばせば伸ばすほど、撮った時に小顔効果が増す♡

コツ3:カメラごと斜めにしちゃうカメラは斜め上でも下でもOK!自分でなくカメラごと斜めにして撮ることで、背景が入って小顔になるのでいつもより盛れるんです♡



今すぐやってみよう♡

もう加工に頼らない!自分を10倍かわいく見せる最強の《自撮り術》を伝授♡の2枚目の画像
今回は加工もセルカ棒も使わない、最強の自撮り術をご紹介しました!
自分が一番かわいく見える角度や向きを研究して、自撮りの達人を目指ししちゃお♡

(T e a y u n a /ライター)(HCファッション編集部)

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡