【関東版】無限に広がるお花たち♡秋でも楽しめるお花畑をチェック!

【関東版】無限に広がるお花たち♡秋でも楽しめるお花畑をチェック!の1枚目の画像

Instagramで見かけるひまわり畑。行きたかったけれど、忙しくて行けなかった!そんな子に送る、秋におすすめなお花畑を紹介します。どこまでもかわいいお花畑に乙女心をときめかせて♡


浜離宮恩賜庭園

秋といえばやっぱりコスモス。ここではオレンジ色や黄色のコスモスを楽しむことができます。花言葉は、“野生的な美しさ” “自然美” “幼い恋心”♡見ごろは8月下旬までなんだとか。一足お先に秋を楽しんでみてください。

《詳細情報》

開園時間午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)入園料一般  300円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)〇ホームページはコチラ


町田ダリア園

1つ1つのお花が大きくて華やかなダリア。インスタ映えも間違いありません♡“可憐” “優雅”と、見た目にぴったりな花言葉もあるんです。11月4日まで楽しめるのがうれしいですよね!

《詳細情報》

開園期間2018年6月30日~11月4日開園時間午前9時30分~午後4時30分(入園は午後4時まで)入園料大人(高校生以上)500円 ※中学生以下の方の入園料無料。〇ホームページはコチラ


大宮花の丘農林公苑

一面を真っ赤に染めるのはサルビア。その鮮やかさに驚く人も多いのではないでしょうか?赤色のサルビアの花言葉は、“燃える思い”・・・♡大好きなカレとのデートにぴったりですよね。10月上旬までが見頃です。

《詳細情報》

開園時間4月~9月 午前7時30分~午後7時10月~3月 午前8時~午後6時入園無料〇ホームページはコチラ


巾着田曼珠沙華公園

どこか怪しげで不思議な雰囲気な曼珠沙華、別目ヒガンバナ。あまりの美しさに、毎年開花の時期に行われる、『巾着田曼珠沙華まつり』を楽しみにしている方も♡赤い曼珠沙華の花言葉は“情熱”。たまに見かける白い曼珠沙華には、“想うはあなた一人”なんて素敵な花言葉も。まだ2018年の情報は出ていませんが、毎年9月の下旬ごろの開催となっているようです。

《詳細情報》

開園時間午前7時~午後5時(巾着田曼珠沙華まつりの開園時間とは異なります。)入園料300円〇ホームページはコチラ


東京ドイツ村

まるで小さなハートが集まったような花びらをもつバーベナ。足元にちょこんと咲いている姿がかわいすぎますよね。花言葉でもある“魅力”がいっぱいのお花です。
またドイツ村ではこんなおもしろいコキアという植物も。モコモコした見た目に癒されます♡

《詳細情報》

8/24~8/26 午前9時30分~午後8時 (最終入園 午後7時30分)通常営業日(上記以外) 午前9時30分~午後5時 (最終入園 午後4時) 入園料一般 800円〇ホームページはコチラ


秋もお花を楽しみたい!

ひまわりが終わっても、まだまだかわいいお花はたくさん。キレイに咲く期間を逃さないようご注意を!(MIREI/ライター)(HCファッション編集部)

1

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事