彼と不仲にならないための「ちょうどいいLINE」

彼と不仲にならないための「ちょうどいいLINE」の1枚目の画像

こんにちは、美佳です。彼とのコミュニケーションに欠かせないLINE。けど、LINEのせいでケンカになったことがあるカップルもいるのではないでしょうか?ということで、今回はLINEで不仲にならないための「ちょうどいいLINE」について述べたいと思います。



鬱陶しいLINEってどんなのかご存知?

ちょうどいいLINEの前に一つ。男子が鬱陶しいと感じるLINEって知ってます?まぁ男子の性格にもよりますが、多くは“しつこい”LINEです。例えば、彼の状況無視で返信を催促するLINE、スタンプばかりで内容のないLINE、「いま何している?(どこいる?)」などの状況確認LINE、画面いっぱいの長文LINE・・・・・・などなど、一度ならいいですが、毎度のようにこんなLINEが送られて来ると男子もうんざりです。大好きな彼と一日中LINEしていたいのはわかります。空白の時間に浮気されていたらどうしよう・・・と不安になる気持ちもまぁわかります。でも、彼に鬱陶しいLINEと思われてしまえば、それ以上彼があなたのこと好きになることってそうないですよ?つまり、プラスよりもマイナス面が大きい。では、ちょうどいいLINEとはどのようなものか、サクッとお話しましょう。



なるべく温度差を作らないようにする

ちょうどいいLINEですが、一日〇回、文章は〇行以内!とは言えません。だってカップルによって“ちょうどいい”は違いますから。では、どうすればいいか。それは、「なるべく二人の温度差を作らない」ことです。送る回数、文章量やスタンプなど彼に似せた方が温度差は出にくいです。「彼に合わせなきゃいけないなんて苦痛」と思うのなら、自分の思いのままにLINEしていいと思いますが、思いのままLINEをして二人の温度差が開けば心の距離も開くこと必至。惚れた弱みです。彼に冷められたくないのなら、ちょっと彼のLINEに似せ、温度差が出ないようにした方がいいでしょう。



緊急じゃないなら即返信しなくてもいい

彼から来たLINEに即返信する女子もいると思いますが、緊急の用じゃないのなら読むだけ読んで、後から返信でもいいのではないでしょうか?「既読にしちゃった!早く返信しないと」と なにか、強迫観念に取りつかれているのか焦って返信する人もいますが、既読って“読んだよ”って意味であって、別に即返信する必要はないかと。まぁ彼に「なんで既読なのに返信くれないの?」と言われたら「読んだけど忙しかった」って言えばいいだけじゃないですか?むしろ、それでケンカになるなら申し訳ないですがちょっと幼稚ですって。



長期的に見て「ちょっと物足りない」くらいがちょうどイイ!

恋愛初期でお互い盛り上がっている状態ならテンポよくLINEのラリーもいいと思いますが、落ち着いてきた時に毎回テンポよくラリーって・・・・・・高確率でどっちかに飽きが来ますよ?正直、長期的に考えるのなら「もう少しLINEしたいかも」と思うくらいがちょうどいいと思うのです。駆け引きでわざと返信を遅らせたりするのはおすすめしませんが、急ぎじゃないLINEなんてランチ休憩とか、帰宅してのんびりしている時とかでいいじゃないですか?女友達にやっているようなLINEがちょうどいいんです。だって考えてみてください。女友達とのLINEって、各々の時間で返しても、関係は続くし、LINEもなんやかんやで続いてますよね?彼との関係をLINEで保とうとしないでください。LINEはあくまで会ってないときにもできるコミュニケーションであって、そこで変わるわけじゃないんです。会った時に何を話すか?どんな顔をするか?そんなふうに、もっと大事なことがあるでしょう。

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡