相槌だけの「聞き上手」は卒業!本当にモテるのは好奇心旺盛な女子でした

相槌だけの「聞き上手」は卒業!本当にモテるのは好奇心旺盛な女子でしたの1枚目の画像

「聞き上手はモテる」「モテたいなら聞き上手になれ」おそらく、みなさんも今までどちらかを一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。確かに、相手の話を聞かずに自分の話ばかりしていては相手をゲンナリさせてしまいます。だからといって、「うんうん」「なるほど~!」と相手の目を見て相槌を打っていればモテる!というほど恋愛は甘くない、とみなさんも薄々勘付いていることでしょう。そこで今回は、受け身になって相手の話を聞くだけじゃない、真の「聞き上手」について考えていきたいと思います。



・「聞き上手はモテる」のワケ

そもそも、聞き上手がモテると言われる理由って何でしょうか?恋愛が人間関係の一種である以上、良好な関係の構築にはコミュニケーションが重要になってきます。そのコミュニケーション、多くは対面の会話において、相槌を打ってくれたり、頷いてもらえることで、話し手は「自分を認めてくれている」「肯定されている」と感じるのです。自分の存在や考えを肯定されるのは気持ちの良いことであり、それが「この子といると楽しい」という恋心に発展することがある、というわけですね。



・演技の限界

しかし、不自然なまでに相槌を打ったり、やたらと彼の考えを肯定しても「聞いてるふりかな・・・」と思われてしまい逆効果。「聞き上手モテ」のテクニックを仕入れた女性も、それを分かっているからこそ、いかに自然に振る舞うか、という演技に磨きをかけるのです。演技の良し悪しや上達するかどうかは人によるので、一概に「演技が通用しない」とは言えません。目を見たり、適切なタイミングで相槌を打ったり、相手の言葉を繰り返して質問するなど心理的なテクニックを身に着けることで、自然な演技になっていくでしょう。ですが、女優ばりの演技をもってしても勝てないものが一つだけあります。それが、本当に興味を持って会話をする、「本心」です。



・本心に勝るものなし

心から相手の話に興味があるとき、話を聞く側の思考は「聞き上手に徹しなければ」ではなく「面白い、もっと聞きたい」というところにあります。「モテるため」という思考をとり払って会話に夢中になれば、自然に相槌が出てきたり、相槌を打たなくても相手に「興味がある・もっと話して欲しい」というのを伝えることができるのです。また、本当に興味があれば、彼の言ったことをオウム返しして質問する、なんてテクニックを使わなくても、自然とクエスチョンが浮かんでくるはず。しかもそれは質の高い質問であることが多く、話をしている彼もどんどん続きを話してくれるでしょう。つまり、好奇心旺盛で、何事も積極的に知りたい!と考えている女性こそが「真の聞き上手」ということになるのです。



・真の聞き上手になるには?

では、そんな真の聞き上手になるにはどうしたらいいのでしょうか?何事も積極的に知りたがる好奇心旺盛な女性になる!というのは性格を変えなければなりませんので、そう簡単にはいきません。それならば、会話の内容を変えてしまいましょう。よく、男性が話しやすいように「彼の好きなことを会話にしましょう」と言われるのですが、実際は「彼の好きなこと」であり、かつ「自分が興味を持てるもの」がベストです。これを見つけ出すには、コミュニケーションの中で彼との共通項を探っておく必要があります。自分の好きなものや興味のあることを自己開示していき、そこで彼が反応した話題を展開する。これだけで、あなたは聞き上手になることができるのです。



・おわりに

お気づきの通り、「聞き上手」とは言ってもただ受け身で話を聞いているだけではありません。彼と自分の共通項を探すために自己開示をしたり、興味のある話題の中で深堀りをしたり・・・と自分からの働きかけが多いのが事実。彼の話に合わせてウンウンと頷く。相槌を打つ。こうしたテクニックは、彼と一緒に「楽しい!」「面白い!」という会話をしているとき、自然と後からついてくるものなんですよ。(桃花/ライター)(ハウコレ編集部)

関連記事

今、あなたにオススメ