【彼氏に不満を言えない】本音を分かり合ったカップルになるために「今」できること

【彼氏に不満を言えない】本音を分かり合ったカップルになるために「今」できることの1枚目の画像

今でこそ彼氏ができたら「いやそれ違うじゃん!」「私はこう思ったんだけど」とバンバン言える私ですが、数年前まではどんなに不満があっても、彼氏に伝えられませんでした。しかし、DVを受けたり金銭トラブルに巻き込まれたりしているうちに「まあいいか!じゃ絶対済まされないよね?」と疑問を抱くようになり、意を決して自分の意見を言おうと思うように・・・。

似たような悩みを抱えている女性、たくさんいると思うんです。「彼の意見や行動に不満があるけど、いざ顔を見ちゃうともうどうでも良くなっちゃう!」みたいな。今回はそんな悩みを抱える女性が、彼に自分の意見をぶつけるにはどうしたら良いかを徹底的に考えてみたので、心して読んでね!


「まあいいか」は自分の幸せを壊してしまう

彼に何か言われてモヤモヤしていた気持ち。その思いを伝えようと思っていたのに、会ってみたら、いつもの笑顔を見たら・・・「やっぱり好き♡」ってなっちゃいますよね~!すっごい分かる!自分が抱えていた不満、彼の嫌な部分、ぜ~んぶ吹き飛んじゃう感じ。それが「まあいいか!」に繋がっちゃうんですよね!

でも、その「まあいいか」って実は、自分が抱えている“本当の感情”じゃない可能性があるのです。大学生の時にこんな経験をしました。当時付き合っていた彼氏と電話をしていた時のことです。彼「お前、私服ダサいから一緒に歩きたくないんだよな」私「・・・そうかあ」(何を言っているんだろう)彼「もう少しおしゃれになってから俺の隣歩けよな~」私「う、うん・・・」(どういうつもりで言っているんだろう・・・?次会った時に聞こうかな)今思えば電話している時に「どういうつもりで言っているの?」と聞けばよかったのですが、当時、そんな勇気は持っていませんでした。「顔が見えない状態であれこれ言っても気まずい思いをするだけ」と都合のいい言い訳をつけて、自分の意見を伝えるのを避けていたんです。そして後日、彼と会ってデートをしたわけですが・・・

\ 自分の不満とか忘れちゃった☆ /


彼の顔を見たら本当にどうでも良くなっちゃって、ニヤニヤとデートを楽しんでいたわけです。というか、楽しんでいたつもりでした。そう、彼に指摘されるまでは。カフェに入った時、彼がこう言ったんです。「今日、楽しくなさそうじゃん。何かあったの?」自分では気づかなかったのですが、どうも不機嫌な顔をしていたようなんです。そう指摘されて私自身も「そういえば、電話のことで怒っていたんだ」と思い出しました。でも、せっかくのデートを台無しにしたくないし、目の前には大好きな彼がいる。もうこのことは言わなくていいと思ったので、「何でもないよ」と答えました。でも「絶対そんなことない」と言い返す彼。そこから「何でもない」「そんなことない」の言い合いが始まりました。最終的には彼が折れましたが、デートが終わって1人になった時に考えたんです。

私、もしかしたら自分の不満を押し殺していたのかもしれない・・・と。自分では「まあいいか~」と納得していたつもりでも、根本的には解決していなかったから、その感情が顔に出ていたようです。こんな感じであなたも「彼に言おうと思っていた不満、忘れちゃったー!」と思ってはいても、気づかないうちに「私は言いたいことがある!」という表情を出している可能性があるのです。彼に「言いたいことがあるなら言えよ!」と言われてしまうと、あなたが思っている「まあいいか」は“本当のまあいいか”にはなりません。恋愛では、自分の言いたいことを押し殺す=自分自身を殺すことにもなるのです。ということはですよ。自分で自分の幸せを手放していることになるんです。

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡