「ごめん、ちょっと距離を置きたい…」カップルそれぞれの「距離の置き方」とその後が知りたい!

「ごめん、ちょっと距離を置きたい…」カップルそれぞれの「距離の置き方」とその後が知りたい!の1枚目の画像

一時は想いが通じ合って結ばれた二人でも、常に愛し合い、相手を思いやって生きていくのってそう簡単なことじゃありません。みなさんの中にも、「どうして付き合ってるんだろう」「彼氏がいなかったら悩まないのに」という考えがふと過ったことのある人がいるのでは?そんなとき、問題の解決方法の一つとして時に取られるのが、「距離を置く」という方法です。別れる訳ではない、でも今までとはちょっと違った付き合い方でふたりの関係を見直してみるこの方法。お互いに「期間は?LINEや電話はセーフ?」と悩みますし、言われた方は別れるんじゃないかと不安でいっぱいです。そこで今回は、実際に恋人と距離を置いた経験のあるみなさんに、どんな距離の置き方をしたのか、そして一番気になるその後の話を聞いてみました!



1.デート頻度・連絡頻度を下げる

「仕事で大きな案件を任せてもらえて、めちゃくちゃ忙しくなったんです。彼女のことは好きだけど、どうしても仕事優先になってしまうので、キチンと話して半年くらいデートも連絡も減らしました」(29歳/男性/広告営業)最もライトなパターンが、ふたりの時間を減らすという形。これくらいだとまだ「距離を置いている」という実感が湧きづらいですね。お互いのことが好きでも時間は有限ですから、いい大人は恋愛にばかりベクトルを向けていられません。ライトな距離置きからその関係が定着して安定するカップルもいますし、元の頻度に戻るカップルもいます。ちなみに、上記の男性は元の頻度に戻ってから間もなく結婚されたそうですよ。



・頻度の下げ方は「今までの半分」が目安!

では、デートや連絡の頻度を下げる場合、どれくらい下げればいいのでしょうか?距離を置いて関係を改善する、または見つめ直すというのが目的の場合、「彼氏・彼女に使う時間が少なくなったなぁ」と実感しやすい「今までの半分」が目安になるでしょう。週に1度デートをしていたカップルなら月に2回にしてみる、といった感じですね。LINEなどのメッセージは、通知を切ることで自然と返信ペースが遅くなることが多いので、通知設定を変えてもみるのもオススメですよ。



2.直接会わずに連絡だけ

「付き合って1年半の彼氏と、会う度ケンカになっちゃうので距離を置いたことがあります。彼氏に『付き合ったままなら、せめて連絡取り合おうよ』と言われてLINEだけはしてたけど、彼が重く感じ始めて別れました」(23歳/女性/美容師)付き合い始めのラブラブ期を経て、誰もが陥るというマンネリ期。些細なことが気になってイライラしたり、相手への思いやりがなくなり始める頃になると、ケンカやすれ違いが増えてきたりしますよね。こんなとき、「会うとケンカしてしまう」ということから、「会わない」という距離の置き方をするカップルも少なくありません。



・会わない間の過ごし方がポイント

このケースを選択する場合には、「1日5通まで」「電話はしない」など、自分たちに合った制限をかけた方がいいかもしれません。「連絡だけOK」だと、しようと思ったときにいくらでも連絡ができてしまい、距離を置いている意味がなくなってきてしまいますからね。また、会っていない時間に彼のことばかり考えてしまう、というのも非常にもったいないですよ!彼の方から距離を置きたいと言い出した場合は、「別れることになるんじゃないか」「浮気をされているんじゃないか」と不安になるかもしれませんが、仕事や趣味など「彼氏以外のこと」を楽しみ、充実させられる時間を大切にしてみましょう。距離を置いている間の過ごし方で、今後のベストな付き合い方が分かることもあるはずですよ。

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡