出だしが大切!好きな人に好印象を与える最初のLINE

出だしが大切!好きな人に好印象を与える最初のLINEの1枚目の画像

LINEで連絡先を交換したあと、多くの女性が悩んでしまうのが最初の一言は何を送るべきかという問題ではないでしょうか。ましてや好きな人が相手となると、なおさら内容に困ってしまうものです。

まずは挨拶から?自己紹介が先?いきなり質問はおかしい?NGな話題ってあるの?好きな人とLINEをするとき、いったいどのような返信をすれば会話が続けられるようになるのでしょうか。

今回は、初めてのLINEで好印象を与えるためのポイントについてお伝えしていきます。



好きな人にLINEを聞いたら即連絡

好きな人とLINEを交換したら、即連絡!が鉄則です。内容をじっくりと吟味してから送りたいという気持ちもわかりますが、連絡するのに時間を空けるのはおすすめできません。好きな人への初LINEを早めに送ってしまった方が良い理由は、3つあります。

日が経ってしまうと余計送りづらくなる
連絡先を交換してから日数が経ってしまうと、さらに送りづらさが増してしまいます。

「私のことなんて覚えていないんじゃないかな・・・」「もう2日も経ってるし、いまさらすぎるかも・・・」と、意中の彼へのLINE送信を諦めた経験のある女性も少なくないはず。

好きな人への初LINEは「印象に残るようなことを言わなくちゃ」「絶対返信がくるような文面にしないと」と考え込んでしまいがちです。しかし、何より重要なのは日を空けずにLINEの1通目を送信することです!相

手に連絡をとらないことには、何も始まりません。せっかく訪れたチャンスを逃してしまわないよう、初めてのLINEはなるべく早めに送信しましょう。

ほかの女性に先を越される
LINEの文面に悩んでいるうちに、他の女性が意中の男性に手を出すおそれもあります。飲み会でみんなで一斉に連絡先を交換したときなどは、特に気をつけなければなりません。

ずば抜けて好みのタイプの女性がその場にいなかった場合、男性の興味は自分に対して好意を持ってくれていそうな女の子に向きます。相手の興味を引くためにも好きな人のLINEを追加した後はなるべく早く送信することをおすすめします。

出会った数日後にLINEを送ったら、すでに他の女性とのデートの先約が入ってしまっていた!なんて可能性もゼロではありません。相手男性の人気が高ければ高いほどライバルも増えるので、迷っている暇があるなら早めにLINEを送ってしまいましょう。

早ければ早いほど気になっていることが伝わる
恋愛において、スピード感は非常に重要です。出会ってから数日後に連絡をくれる女性と、別れるなり速攻で連絡をくれる女性。好意の熱量が伝わりやすいのは、間違いなく後者でしょう。無駄に間を空けてしまうことで、「暇だから声をかけてきたのかな」と勘違いされてしまうこともあるかもしれません。

自分に好意を持ってくれている女性は、男性からしても気になってしまうもの。「女性から連絡をするなんて、ガツガツしてると思われるんじゃ?」なんて深読みせずに、気になる男性には積極的にLINEを送りましょう。



好印象な最初の一言

好きな人に対しLINEを速攻で送るべき理由がわかったところで、次に気になるのが

最初のLINEの内容
かと思います。「この文面じゃ堅い?」「でもこれじゃ馴れ馴れしすぎ?」「こんな話題じゃつまらないと思われるかも」「真面目すぎて仕事のメールみたい・・・」など、考え込んでしまいますよね。

ここでは、LINEで最初の一言を送る際に気をつけたい3つのポイントをご紹介します。初めてのLINEで好印象を与えることができれば、早々に次の約束をとりつけられるかもしれませんよ!

礼儀正しくお礼を言う
まずは、連絡先を交換してくれたことに対するお礼の気持ちを伝えましょう。飲み会や仕事関係で知り合ったのなら、「今日はありがとうございました」と始めるのもおすすめ。

唐突に話題に入るのと、お礼から文章が始まるのとでは、相手に与える印象が大きく変わります。また、さりげなく相手を褒めるとさらにポイントアップ!こちらの好意をアピールして、相手に「この子、もしかして俺のことが好きなんじゃ?」と意識してもらうよう仕向けましょう。

「お話が上手ですね」「仕事がバリバリできて憧れます」といった直接恋愛に絡まないようなライトな褒め方であれば、相手も返信がしやすいでしょう。

飲み会後なら楽しかったことを伝える
飲み会で知り合ってLINE交換をしたのなら、飲み会に関する話題に触れるのも良いでしょう。

メンバーが良い人ばかりだった、お店のチョイスが良かった、話が盛り上がった・・・など、何に対して楽しいと感じたか具体的に伝えられるとなお良しです。こうして気持ちを伝えることで、「そんなに楽しんでくれたなら、また誘ってみようかな」と相手の男性に勇気を与えることができるでしょう。

また、飲み会で意中の男性とあまり話ができなかった・・・という人も諦めてはいけません!「あまり話せなかったけれど、楽しかった」「もっと話したかった」など、素直な気持ちを伝えてLINEで挽回をはかりましょう。

紹介ならまずは自己紹介
知人を通して紹介してもらう、というパターンもあるかと思います。実際に会ったことがない場合、話題を探すのも一苦労ですよね。

そんなときは、LINEの会話の出だしで自己紹介をしましょう。

「はじめまして!〇〇さんから紹介してもらった●●です。」から文章を始めることで、礼儀正しい女性という印象を与えることができます。余裕があれば趣味や仕事、年齢や出身地など、自分に関する情報を簡単に伝えるのも良いでしょう。

ただし、自己紹介は長文になりすぎないように気をつけてください。あまりにも長文すぎると、相手に「重すぎる」「自分もこんな自己紹介をしなきゃいけないの?」とプレッシャーを与えてしまう恐れがあります。自己紹介は、あくまでもわかりやすく、簡潔に行いましょう。最後に?で質問をすれば、その後も自然と会話が続いていくでしょう。

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡