合コンで男性からモテる服装は何?年代別・季節別・シーン別に徹底解説


これから合コン予定がある女性は、「いい男性を見つけよう」と考えているはず。何度も合コンに参加している人は、「今度こそ、彼氏候補を見つける」と意気込んでいる人もいるでしょう。合コンで男性の心を掴むためには、見た目も大切。合コンという場では、第一印象も大切ですから、服装にも気を使わなければいけません。「いつもらしい服装で出かけよう」と思っている人も多いかもしれませんが、モテたいと思うのであれば、男性目線を意識した服装が必要。合コンは、あくまでも勝負の場ですから、相手の心を射止めるために武装することも必要です。



合コンの服装はどんな格好がいい?


合コンに参加するということは、「彼氏がいない」「彼氏がほしい」と思っているということ。素敵な男性との出会いが見つかれば、「そのまま交際に発展させたい」と考えているでしょう。彼氏になるということは、その後ふたりの距離が縮まるということ。そのため、合コンでも「気取らず、私らしい服装で行こう」と思う人もいるでしょう。確かに、初対面からあなたらしい服装で行くのは悪いことではありません。そのままのあなたに好意を持ってもらえるのは理想的です。しかし、合コンは第一印象も大切。男性の心を射止めるためには、いつもよりも頑張った、女性らしい服装をすることも必要です。「自分らしくない服装はしたくない」と努力せずにいると、いつまで経っても彼氏を作ることはできませんし、友達に先を越されることになるでしょう。合コンは勝負の場。時には、武装服を着ることも必要です。



合コンでモテる最適な服装のポイント


男性目線を考えた服装といわれても、「どんな服装がいいのかわからない」という人もいるでしょう。とくに、普段はカジュアルスタイルやパンツスタイルが多い女性にとっては、アイテム選びも難しいもの。では、合コンでモテる最適な服装についてご紹介しましょう。

低くてもヒールを履くと女性らしさUP

あなたは、普段どんな靴を履いていますか。普段から、ヒールを履いている女性もいますが、なかにはスニーカーやペタンコ靴ばかり履いている女性もいるはず。合コンで男性にモテたいと思うのであれば、ヒールは必須。ヒールというと、「履き慣れていないからイヤ」と思う女性もいると思いますが、なにも高いヒールを履く必要はありません。ヒールの靴は、男性から見ると自分が履かない分女性らしく映るもの。そのため、低くてもヒールがあれば男性にとっては女性らしい印象を与えることができます。理想は3㎝程度のヒール。このくらいの高さであれば、普段ヒールに履きなれない女性でも無理なく歩くことができるでしょう。なかには、逆に「高いヒールが好き」という女性もいると思いますが、高すぎるヒールは男性からすると「気合が入り過ぎている」と引かれてしまう可能性が。合コンでは程よい高さのヒールを選ぶことが、ポイントです。

髪型も合わせて清潔感を心がける

合コンでは、どんな服装が理想的かというと、なによりも清潔感があること。服装だけでなく、髪型からメイクまで、清潔感あるスタイルを作り上げることが大切です。どんなに清潔感ある服装をしていても、髪の毛がバサバサな状態でおろしていれば、全体的な印象は悪くなってしまいます。また、男性は意外と細かいところまで見ていますから、指先まで綺麗にしておくことが必要。ネイルなど、剥げた状態のままにしておくと、「ずぼらな人だな」と思われてしまう可能性があるため、注意が必要です。

派手よりシンプルな服装にする

合コンで「目立ちたい」「モテたい」と思うと、ついつい派手な服装をしてしまう女性がいます。確かに、目立つことができれば、気になる男性の目を向けることはできるでしょう。しかし、目を向けることはできても、心まで掴めるわけではありません。男性ウケを考えるのであれば、シンプルな服装が理想的。男性は、一般的に派手な服装は好みません。派手な服装は、自己主張が強すぎて、男性を引かせてしまいます。気になる男性の心を射止めたいと思うのであれば、清楚で女性らしいスタイルを心がけましょう。

TPOを意識するのが大事

合コンというと、「男性好みの服装をしよう」と気合が入る女性も多いでしょう。確かに、男性好みの服装は、合コンでは大事です。しかし、合コンにも様々なスタイルがあります。そのため、そのスタイルにあった服装をしなければ、どんなに男性好みの服装であっても印象は悪くなってしまいます。たとえば、BBQをしようという時にヒラヒラのワンピースにヒールでは、「この人、場にそぐわない服装している」と悪印象に。逆に、おしゃれなレストランでの合コンにも関わらず、短パンにTシャツといったラフな格好をしていけば、「TPOを考えられない人だな」と引かれてしまうでしょう。



季節ごとの合コンに最適な服装


合コンは、様々な季節に行われます。そのため、その季節に合った服装を心がけることも必要。季節にそぐわない服装は、「常識がないのでは?」と思われてしまう可能性があるため、注意が必要です。

春は落ち着いたピンクや白色を取り入れる

春は、まだ寒い日も多いため、服装に迷うもの。しかし、合コンでは春らしい明るめの服装がおすすめです。華やかな色合いのものを選ぶことで、女性らしさをアピールすることができるでしょう。おすすめは、白系やピンク系、パステルカラーなど。春らしく、明るい印象のカラーを選ぶことで、女性らしさを演出することができます。ただし、ピンクといっても原色などは男性に敬遠されがちなため避けた方が無難。白でも、子供っぽいデザインのものなども避けたほうがいいでしょう。

夏は涼しさを感じさせる格好がいい

夏になると、暑さ対策をしながら服装を考える人も多いはず。合コンでも、同じように涼しげな服装が理想的です。綿や麻素材で白、ベージュ、ブルーといったカラーを選ぶことで、涼しげな印象を作り上げることができるでしょう。しかし、涼しそうに見えるといっても、露出のし過ぎは注意が必要。タンクトップにミニスカートといったように、上下とも露出部分が多くなると下品に見えてしまいます。タンクトップを着るのであれば、下はロングスカートやパンツにするなどして、バランスを考えましょう。ノースリーブのロングワンピースなどは、涼しげで男性受けもいいはずです。

秋はシャツ系を着るとモテ度UP

秋になると、少しずつ気温も下がってきます。そんな時期には、秋らしいカラーを取り入れることがおすすめ。たとえば、白シャツに茶系のロングスカートといったように、秋らしいカラーをひとつ取り入れることで、一気に季節感を出すことができます。しかも、シャツというのは意外と男性ウケがいいアイテムのひとつ。女性らしい小花柄のシャツなども取り入れると、女性らしさ出すことができるでしょう。また、秋口には長袖、ロングスカートのワンピースなどもオススメ。ワンピースは、季節問わず男性受けが良いアイテム。女性にとっても、ひとつでピシッと決まる便利なアイテムです。

冬のおすすめはニットワンピ

冬は寒い日が増えるため、防寒を意識したスタイルになる女性も多いはず。しかし、合コンとなれば防寒ばかり意識してしまうと、男性受けが悪くなってしまうため、注意が必要。冬の合コンでは、ニットがおすすめ。「ニットであれば、何枚も持っている」という女性が多いと思いますが、男性受けを狙うのであれば明るめのカラーが必須。コーディネートを考え、黒やグレー、ブラウンといったニットを持っている女性が多いと思いますが、こういった暗めのカラーは男性受けが低くなります。ピンク、白、水色といったような明るいカラーのセーターにスカートを合わせることで、男性受けが良いスタイルを作ることができるでしょう。また、季節問わず人気の高いワンピースは、ニットワンピも人気。「スカートは苦手」という人は、明るめのセーターに太目のパンツなどをあわせるのがおすすめです。



シーン別の合コンに最適な服装


合コンが行われる場所は、場合によってさまざま。そのため、どういった場所で開かれる合コンか、どんなメンバ―が参加するかによって、服装を選ぶことも必要。場にあわない服装をしてしまうと、合コンで浮いてしまう可能性もあるため、注意が必要です。

大衆居酒屋はカジュアル系に

合コンは、気軽に足を運べる大衆居酒屋で行われることが多いでしょう。居酒屋となると、「なにを着て行けば良いのだろう?」と迷う女性も多いのではないでしょうか。大衆居酒屋での合コンであれば、カジュアルスタイルで問題ありません。しかし、カジュアルといっても、合コンですからダメージジーンズなどは避けた方が無難。たとえば、スカートにブラウスやセーターなどをあわせたカジュアルスタイル。こういったスタイルであれば、浮くこともありませんし、自然に場に溶け込むことができるはずです。

レストランならワンピースやセットアップに

合コンの会場は、幹事さんによっても変わってきます。場合によっては、ちょっとおしゃれなレストランなどが会場となることもあるでしょう。そんな時には、いつもよりもオシャレする必要があります。デニムなどのカジュアルスタイルは、避けた方がいいでしょう。「なにを着たら良いのかわからない」という時には、ワンピースやセットアップがオススメ。「ワンピースやセットアップがない」という人は、ブラウスにスカート、ブラウスにパンツといったように、きっちり見えるスタイルを作ればOK。きちんとして見えるスタイルであれば、レストランでも恥をかくことはないでしょう。

バーなら大人っぽい服装に

場合によっては、バーで合コンが行われることもあるでしょう。バーとなると、行き慣れない人にとっては、「どんな服装が良いのだろう?」と迷うはず。バーでの合コンは、大人っぽさをイメージしたスタイルがおすすめ。そのため、デニムのようなカジュアルなスタイルやひらひらした子供っぽいスタイルは避けた方が無難です。ワンピースやセットアップなどであれば問題ありませんが、大人っぽさを意識すると、無地でシンプルなデザインのものがおすすめです。



年代別でみる合コンの服装のポイント


合コンに参加する際、男性受けを考えた服装が大切。しかし、男性受けばかりを考えてしまうと、年齢にそぐわない服装になってしまうことも。年齢に合わない服装は、子供っぽく見せたり、老けて見えるなど印象を悪くしてしまうこともあります。男性受けだけではなく、年齢も意識した服装を心がけましょう。

20代は若さを意識した格好に

20代は、まだまだ若さを売りにできる年代。そのため、若々しさをアピールした服装がおすすめ。たとえば、少し肩が出たような洋服を選び、鎖骨などで女性らしさをアピールするといいでしょう。20代だからこそ着こなせる、露出多めの洋服でも、ロングスカートなどとあせればバランスが取れるはず。ただし、ミニスカートなどは避けた方が無難。合コンでは、席移動をしたりすることもあるため、短すぎるスカートは逆に下品に映るため注意が必要です。

30代は落ち着いた服装に

30代の合コンともなれば、男性、女性ともに結婚も意識する頃。そのため、服装もある程度落ち着いた雰囲気を意識することが必要です。なかには、「可愛らしいファッションが好き」という人もいると思いますが、合コンではかわいらしさよりも、落ち着いた大人の雰囲気を作ることが大切。たとえば、シンプルなブラウスにスカート、ワンピースなどを選ぶことで、大人の女性らしさを演出することができるでしょう。露出の多い洋服は、30代は避けたほうが無難です。

40代は大人な服装に

40代ともなれば、大人の女性。合コンでは、そんな大人の女性の魅力を出せる服装がオススメです。たとえば、シンプルなデザインのセーター、ブラウスにロングスカート、パンツをあわせ、そこに上品なスカーフなどをプラスすることができれば、大人の余裕を出すことができるでしょう。なかには、スタイルに自信があるため、ボディラインを強調した洋服を選ぶ人もいますが、40代ともなれば、ボディラインを強調する洋服は避けたほうが無難です。



合コンで避けるべき服装


「今度こそ彼氏を見つける」と合コンに意気込んでいる女性もいるはず。そんな女性の中には、力の入れ方を間違えてしまっている人も少なくありません。自分ではよかれと思っていた服装が、逆に男性の心を引かせてしまっている可能性も。では、合コンで避けたい服装についてご紹介しましょう。

露出しすぎな格好

男性目線を意識すると、「露出した方が良い」と思っている女性も多いはず。しかし、露出のし過ぎは逆に悪印象を与えてしまいます。「気合が入り過ぎて怖い」「軽そう」と思われ、引かれてしまう可能性も。合コンの場では、露出していることで男性の目を引きつけることができても、遊び相手と見られてしまう危険性も秘めています。肌見せは、男性受けがいいポイントではありますが、全体的なバランスが崩れてしまうと逆効果になってしまいます。上を露出したら、下は隠すといったように、全体的バランスを考えましょう。

ブランドの洋服

合コンの服装に気合が入ってしまうと、ついついブランドもので固めてしまう女性も少なくありません。確かに、ブランドものの洋服を身に付ければ、上品に映るでしょうし、素敵なスタイルに仕上がるでしょう。しかし、ブランドものばかりを身に着けていると、「お金がかかりそうな女だな」「ブランド好きな女は、彼女にはしたくない」と引かれる傾向にあります。ブランド物を取り入れる際には、ポイントとして一つだけ、さりげなく取り入れるなどして、上品さを意識することが必要です。

印象を下げる暗めな服装

洋服を購入する際、「コーディネートを考え、合わせやすい色合いを選んでいる」という女性も多いはず。そのため、クローゼットの中は黒やグレーといった暗めの色あいになっている女性も多いでしょう。確かに暗めの洋服はコーディネートしやすいですし、職場でも活躍してくれるはず。しかし、全身暗めの服装は男性にとっては印象が悪くなってしまいます。合コンに挑む際には、女性らしい柔らかな印象を与える、白やピンクといったカラーを選ぶことも必要です。明るめのカラーを身に着けることで、気持ちも明るくなるはずですから、この機会に新たなカラーの洋服をプラスしてみましょう。

アクセサリーもシンプルに

女性は、アクセサリー好きな人が多いもの。お気に入りのアクセサリーを、いくつも重ね付けしている人も多いでしょう。しかし、男性にとってアクセサリーはあまりウケがよくありません。そのため、合コンの際には、派手すぎない小ぶりなアクセサリーを選ぶことがおすすめ。ピアスや指輪などは大きなものではなく、小さくて目立たち過ぎないものを選ぶといいでしょう。合コンでのアクセサリー選びは、華奢なデザインのものを選ぶこともポイント。重ね付けなども控え、シンプルに仕上げましょう。



気になる合コンの服装の悩み


何度も合コンに参加しているにも関わらず、「彼氏ができない」という女性の中には、「合コンの服装がいけないのでは?」と感じている人もいるでしょう。合コンでの服装は、第一印象を左右するもの。当然、場違いな服装では彼氏候補を見つけることは難しいでしょう。「私らしい服装」にこだわっている人は、そのこだわりが邪魔をしてしまっている可能性があります。では、気になる合コンでの服装の悩みについてご紹介します。

パンツスタイルでもいい?

合コンというと、男性を意識して「スカートの方が良いのだろう」と思っている女性が多いでしょう。確かに、男性目線を考えればスカートのほうが無難。しかし、最近ではパンツスタイルを好む男性も増えてきており、パンツスタイルでも好印象、女性らしさを演出することができます。ただし、好印象を与えるためには、パンツスタイルは上に女性らしいものを選ぶことがポイント。柔らかなシフォン素材のブラウスや小花柄の女性らしいブラウスなどをあわせることがおすすめ。上にも暗めで堅いイメージのものを選んでしまうと、男性っぽいスタイルになってしまうため、注意が必要です。色あいだけでも、明るめの色を選んだり、アクセサリーをプラスするなどして、女性らしいスタイルを作るようにしましょう。

カジュアルな服装でもいい?

合コンというと、「自分らしくない服装で行くのが嫌」と思っている人も多いでしょう。普段はカジュアルスタイルなのに、合コンになると「ワンピースを着なくては」と思うと面倒になってしまう人も多いでしょう。そもそも、合コンでカジュアルスタイルがNGかというと、そうではありません。ダメージジーンズは避ける必要がありますが、デニムでも問題はありません。ただし、TPOに合せる必要はあります。レストランなどでカジュアルすぎる服装は浮いてしまいますから、場を考えた服装選びが必要。TPOにあせた洋服選びができないと、「社会人なのにそんなこともわからないの?」と思われてしまう可能性もあります。また、カジュアルスタイルを作る際には、カジュアルであっても女性らしさを意識したスタイル作りが必須。そのためには、全体のスタイルを確認することが必要です。全体のバランスを見て、「女性らしさが足りない」と感じた時には、靴を変える、アクセサリーをプラスするなどして、バランスを整えていきましょう。

柄物の服装はダメ?

女性の中には、「柄物が好き」という人もいるはず。「お気に入りの柄物のワンピースを、合コンに着て行こう」と考えている人もいるでしょう。しかし、合コンでは柄物は避けた方が無難。なぜなら、男性にとって柄物はウケがよくないため。男性にとって、柄物は「派手」というイメージが強く、敬遠されがちです。柄物の中でも小花柄のような派手なものであれば問題ありませんが、「これは大丈夫だろうか?」と迷った時には避けたほうが無難。「合コンでは、柄物の洋服で目立ちたい」と思っている女性もいますが、これでは彼女候補ではなく、単なる盛り上げ役で終わってしまいます。モテたいと思うのであれば、柄物ではなくシンプルはものを選ぶようにしましょう。



合コンの服装で第一印象をより魅力的に


合コンは、第一印象が決め手になることが少なくありません。そのため、どんな服装を選ぶかで結果を左右する可能性があるということ。「彼氏を作りたい」「モテたい」と思うのであれば、合コンでは自分の好みを重視するのではなく、男性目線を意識した服装が必須です。どんなにカジュアルスタイルでも、パンツスタイルであっても、女性らしさを意識することが欠かせません。「何を着て行ったらいいのかわからない」という人は、ワンピースを選べば間違いないでしょう。ただし、ワンピースもシンプルなデザイン、女性らしいデザインであることが必要です。「スカートが苦手」という人は、無理をしてスカートやワンピースを選ぶ必要はありません。パンツスタイルであっても、あわせ方次第で女性らしさを出すことは可能です。女性らしいデザインのブラウス、ヒールの靴を合わせれば、全体的なバランスも取れるはず。ただし、「男性目線を考えよう」と、露出が多すぎる洋服を選ぶのは逆効果。露出が多すぎる洋服は、男性の目線を釘づけにすることができても、彼女候補に選ばれることはありません。「軽そう」と思われ、遊び相手に選ばれる可能性も秘めていますから、全体的なバランスを考えた洋服選びが必要です。(NaonN/ライター)(ハウコレ編集部)

関連記事

今、あなたにオススメ