表参道のチョコ専門店「ダンデライオン・チョコレート」がおしゃれ過ぎ♡

表参道のチョコ専門店「ダンデライオン・チョコレート」がおしゃれ過ぎ♡の2枚目の画像

2019年2月1日(金)、サンフランシスコ発祥のBean to Bar チョコレート専門店「ダンデライオン・チョコレート」が表参道にあるGYRE B1F「HAY TOKYO」内にオープンしました。カカオ豆からチョコレートバーになるまで一貫して自社のファクトリー内で製造を行う、Bean to Barならではのスイーツを楽しめますよ!

「HAY TOKYO」はデンマークのインテリアプロダクトブランドであるHAYの日本初のショップです。幅広い商品ラインナップに加えて、HAYの世界観に共鳴するデザイナーやアーティスト、つくり手など様々な方たちとコラボレーションする東京限定の企画も展開!

国内5店舗目、初のコンセプトショップとなる「ダンデライオン・チョコレート Bean to Bar Lounge 表参道 GYRE」を取材してきた様子をレポートします!


選ばれた生産者のカカオ豆のみ!徹底したこだわりがすごい!

表参道のチョコ専門店「ダンデライオン・チョコレート」がおしゃれ過ぎ♡の3枚目の画像

表参道のチョコ専門店「ダンデライオン・チョコレート」がおしゃれ過ぎ♡の4枚目の画像
デザインにこだわった内観。商品ディスプレイもおしゃれ

ダンデライオン・チョコレート・ジャパンの芹沢さんに話を伺ったところ、使用するカカオ豆はダンデライオン・チョコレートが自ら選んだ生産者からのみ仕入れているとのことです。

生産者を選ぶにあたっては「生産に携わる人との関係性」「カカオ豆のフレーバー(品質)」「持続性と一貫性」の3つの組み合わせが大切なのだといいます。そのためダンデライオン・チョコレートのソーシング担当は世界中の生産者との出会いを求めて様々な農園に足を運び、各農園の労働環境まで把握しているそう。このような徹底したこだわりにより、味や香りにはカカオ豆の個性がしっかりと表れていました!


定番人気!ホットチョコレート

ホットチョコレートを飲んだことがある方は多いかと思いますが、ココアとの違いを知っている方は少ないのでは?

実はココアは、カカオからココアバター(油分)を取り除いたもので、ホットチョコレートはチョコレートをそのまま使っています。そのためホットチョコレートはココアバターのなめらかで濃厚な味わいを感じられるのだとか。どちらもカカオポリフェノールを多く含み栄養価が高いようですよ!

表参道のチョコ専門店「ダンデライオン・チョコレート」がおしゃれ過ぎ♡の5枚目の画像
ドミニカ共和国産のチョコレート使用したシングルオリジンホットチョコレート 580円

ダンデライオン・チョコレートのホットチョコレートはベリーズ産のカカオ豆を使用したものとドミニカ共和国産のカカオ豆を使用したものの2種類があります!

ベリーズ産のカカオ豆を使用したホットチョコレートは濃厚でフルーティな味わいだったのに対して、ドミニカ共和国産のカカオ豆を使用したホットチョコレートはカカオの味がしっかりと効いていました。見た目は同じホットチョコレートですが、ぜひ飲んでその違いを感じて頂きたいです!


3つの異なる産地のチョコレートを食べ比べ!

表参道のチョコ専門店「ダンデライオン・チョコレート」がおしゃれ過ぎ♡の6枚目の画像
シングルオリジンチョコレートフライト 3個セット400円
表参道のチョコ専門店「ダンデライオン・チョコレート」がおしゃれ過ぎ♡の7枚目の画像
ベリーズ産
表参道のチョコ専門店「ダンデライオン・チョコレート」がおしゃれ過ぎ♡の8枚目の画像
コスタリカ産
表参道のチョコ専門店「ダンデライオン・チョコレート」がおしゃれ過ぎ♡の9枚目の画像
ホンジュラス産

シングルオリジンチョコレートフライトは原産地の異なる3種のチョコレートを食べ比べることができます!
今回はカリブ海沿岸の3ヵ国のチョコレートをいただきました。写真では同じチョコレートのように見えますが、食べてみると味の違いを感じました。

ベリーズ産のチョコレートはとてもフルーティで、コスタリカ産のチョコレートはビターで後からほのかに酸味を感じました!また、ホンジュラス産のチョコレートはチャイの風味をほのかに感じる味わいでした。

3種それぞれ確かに味わいが異なりましたが、原材料はどれもカカオ70%、きび砂糖30%と同じ割合の配合だそうです。ダンデライオン・チョコレートの商品の味の違いは製法によるものだけではなく、カカオ豆本来の味の違いが出ているようですね!

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡