フォトジェニックな『桃パフェ』を厳選! 並んでも食べたい全国版マップ

フォトジェニックな『桃パフェ』を厳選! 並んでも食べたい全国版マップの3枚目の画像

みんな大好き! これからまさに旬を迎える桃を贅沢に使ったパフェが人気です。おいしいのはもちろんのこと、見た目がかわいく「インパクト大」なパフェがSNSでも話題に。

そこでインスタグラムで話題になったお店を中心に、この夏も注目の桃パフェを厳選! どれも行列必至ですが、並んででも食べたいパフェばかりです。

※ご紹介しているパフェの提供時期はあくまでも目安です。桃の仕入れ状況やパフェの提供数・販売状況により異なりますので、おでかけ前にご確認ください。

記事配信:じゃらんニュース


まるせい果樹園 農家カフェ 森のガーデン【福島】

フォトジェニックな『桃パフェ』を厳選! 並んでも食べたい全国版マップの1枚目の画像
まるせい桃パフェ 次女(レギュラー)600円。写真は昨年例


提供時期/7月中旬~9月末頃
受付/店頭のボードに名前を記入し順番を待つ。予約は不可


福島市郊外にある観光農園「まるせい果樹園」直営。自家農園で育てた新鮮なフルーツを使った季節限定のパフェが人気のカフェです。

7月中旬からはいよいよ桃のパフェがスタート。はつひめに始まり、あかつき、黄金桃などその時々のおいしい桃を使用。

桃は食べやすようにスライスし、コーンフレークやアイスクリームを重ねたグラスの一番上に盛り付け。 食べ頃の桃がこれでもかというくらい、たっぷり。まさにフルーツ農園直営ならではの贅沢パフェです。

サイズは約1.5個分使用する次女(レギュラー)と、約2個分使用する長女(ビッグ)800円の2種類。食べると自然な甘みたっぷりの桃の果汁が口いっぱいに広がりますよ。

フォトジェニックな『桃パフェ』を厳選! 並んでも食べたい全国版マップの4枚目の画像

フォトジェニックな『桃パフェ』を厳選! 並んでも食べたい全国版マップの5枚目の画像
福島市の中心街からのびる国道13号沿い、通称、ピーチラインには桃の果樹園や直売所が多く点在
フォトジェニックな『桃パフェ』を厳選! 並んでも食べたい全国版マップの6枚目の画像
三角屋根がお店の目印

東京ドーム2個分の広大な敷地を有する「まるせい果樹園」では桃、さくらんぼ、りんご、梨、ぶどう、洋梨と幅広く栽培。時期ごとに楽しめるフルーツ狩りも人気です。

「果樹園直営なので桃パフェの数量制限はなく、営業時間内でしたら提供できます。比較的空いているのは、平日の午前中。8月の土日は特に混み合いますので、開店に合わせて来店いただくのがおすすめです」とオーナーの佐藤さん。


まるせい果樹園 農家カフェ 森のガーデン


TEL/024-542-0679
住所/福島県福島市飯坂町平野字森27-1
営業時間/10:00~16:00(L.O.15:45)、土日祝は~17:00(L.O.16:45)
定休日/シーズン中は無休※冬季は休み
アクセス/車:東北道福島飯坂ICより5分
電車:JR福島駅よりタクシーで15分
駐車場/100台

成城ル・フルティエ【東京】

フォトジェニックな『桃パフェ』を厳選! 並んでも食べたい全国版マップの7枚目の画像
写真は昨年の白桃パフェ例


提供時期/6月末頃~8月下旬頃
受付/店頭で順番に並ぶ

パティスリー「オテル・ドゥ・スズキ」が運営するフルーツパーラー。旬のフルーツを取り入れた季節のパフェが味わえるほか、ケーキや焼き菓子も評判です。

今夏も桃を使った新作パフェが登場予定だそう。店長の大野さんに伺いました。
「今年も白桃を一玉以上使い、桃を堪能していただけるパフェを考えています。フレッシュな桃と香り付け程度の白ワインで煮た桃を取り入れたパフェになる予定です」

白桃は可食部分が多く、カットしたときに肉厚でジューシーな果肉が楽しめるようにと、やや大玉の桃を厳選。7月は山梨産、8月頃からは長野や福島産を使うそうです。

フォトジェニックな『桃パフェ』を厳選! 並んでも食べたい全国版マップの8枚目の画像
こちらは一昨年の白桃パフェ例

毎年人気の白桃パフェ。今年もバニラアイス、白桃、生クリーム、ヨーグルトソースを組み合わせたシンプルなタイプと、写真のようにやや大きめのグラスに、ソースやシャーベットなどを盛り込んだスペシャルなタイプの2種類用意。

「シンプルなタイプは6月の終わり頃、スペシャルなタイプは新作が完成次第ですので、遅くても7月の初めくらいから提供の予定です」と大野さん。価格はシンプル1300円、スペシャル1900~2000円(予定)。

1
2
3
4
5
6

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡