「白米糀 塩こうじフェイスパック」全国のドン・キホーテで7月上旬より発売開始  ハナマルキ「液体塩こうじ」、初の化粧品領域への展開

ハナマルキ×コスメテックスローランド コラボレーション こうじ配合のフェイスパックで毛穴の目立たない透明感のある素肌に

 味噌・醸造製品メーカーのハナマルキ株式会社(本社:長野県伊那市、代表取締役社長:花岡俊夫、以下当社)はコスメテックスローランド株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:松田 幸助)とコラボレーションし、「液体塩こうじ」を使ったフェイスパック「白米糀 塩こうじフェイスパック」を7月上旬より全国のドン・キホーテにて販売を開始します。


「白米糀 塩こうじフェイスパック」全国のドン・キホーテで7月上旬より発売開始  ハナマルキ「液体塩こうじ」、初の化粧品領域への展開の1枚目の画像

 2012年より発売を開始したハナマルキ「液体塩こうじ」は、日本の伝統調味料である塩こうじを、ハナマルキ独自の製法で液体化した調味料です。液体化により生まれる、計量しやすい・混ぜやすい・溶けやすい・焦げにくいなどのメリットで、おかげさまで好評を博しています。

 今回は、その「液体塩こうじ」初の化粧品領域への展開となります。こうじに含まれるアミノ酸は肌が元々持っている主要成分で水分保持の役割を担っており、肌のキメを整えハリを与えてくれます。杜氏の手が美しいと言われるのはこうじにふれているから、と考えられており、こうじは化粧品に配合される美容成分として合理的で優れています。
 また、塩こうじに含まれる塩分には収れん作用があり、肌を引き締める効果があります。また、粒ではなく液体状である「液体塩こうじ」は、製造においても、均一に混ざりやすく、使いやすいという利点があります。

【「白米糀 塩こうじフェイスパック」について】
 5~10分ほど漬け込むようにパックすることで、乾燥で硬くなった『角質くすみ』や『毛穴黒ずみ』を柔らかくし、洗い流した後は、毛穴の目立たない透明感のある素肌に仕上がります。

商 品 名  : 白米糀 塩こうじフェイスパック
内 容 量  : 170g
製造販売元  : コスメテックスローランド株式会社
発 売 日  : 7月上旬~
販 売 店  : 全国のドン・キホーテ 化粧品売り場
希望小売価格 : ¥1,200(税抜)
販 売 数  : 1万個限定


【会社概要】

ハナマルキ株式会社
設 立 : 1918年11月1日
事業内容: 味噌醸造販売及び加工食品製造販売
資 本 金 : 1億円
代 表 者 : 花岡 俊夫
所 在 地 : 本社 長野県伊那市西箕輪 2701
U R L : http://www.hanamaruki.co.jp/

コスメテックスローランド株式会社
設 立 : 1978年12月8日
事業内容: 医薬部外品・化粧品・健康食品・雑貨の製造販売及び輸出入
資 本 金 : 1億円
代 表 者 : 松田 幸助
所 在 地 : 本社 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル
U R L : https://www.c-roland.co.jp/


【ハナマルキよりコメント】
 今回の「白米糀 塩こうじフェイスパック」は、液体塩こうじを化粧品領域に展開した初めての商品です。日本の伝統を継承・拡大していくことを目的としている中で、液体塩こうじが食品のみならず、化粧品領域にも広がっていくことは楽しみであります。コスメティック商品として評価いただき、商品化できたことは大きく、液体塩こうじの使用用途がさらに大きくなると考えています。これを機会に、今後、液体塩こうじの化粧品領域への展開を進めていきます。


【ハナマルキ「液体塩こうじ」】
 米こうじと塩を丁寧に熟成させた塩こうじをぎゅっと搾った、生きた酵素の力と上品なこうじの旨味がそのまま残った液体タイプの塩こうじです。粒のない液体タイプだから計量しやすく、色々な料理に使えます。みりん、醤油などの代替調味料としても使えます。
「白米糀 塩こうじフェイスパック」全国のドン・キホーテで7月上旬より発売開始  ハナマルキ「液体塩こうじ」、初の化粧品領域への展開の2枚目の画像



原 材 料 : 米こうじ、食塩、酒精
容 量 : 350ml/500ml
栄養成分: 大さじ1杯(15ml)当り、エネルギー24kcal、脂質0g、
      ナトリウム870mg、たんぱく質0.2g、炭水化物5.7g、
      食塩相当量2.2gl
U R L: http://www.hanamaruki.co.jp/shiokouji.html
今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡