ポール・スミスの人気ウォッチ「Church Street(チャーチ ストリート)」のリミテッドモデルが登場。

2018年春に登場した「Church Street (チャーチ ストリート)」に、2019本限定のリミテッドモデルが登場します。


ポール・スミスの人気ウォッチ「Church Street(チャーチ ストリート)」のリミテッドモデルが登場。の1枚目の画像


数多くのアンティークショップが立ち並ぶロンドンのチャーチ ストリートは、ポール・スミス自身もよく訪れる場所のひとつです。

このストリート名を冠した「Church Street」は、ポール・スミスがこの通りで見つけたヴィンテージカメラからインスピレーションを得たコンセプチュアルなデザインが特徴です。

カメラのレンズ側面に見られる目盛りをイメージした見返しリングのフォントやサブダイヤルのシャッターをイメージさせるデザインなど、カメラの特徴をとらえたディテールやモチーフがさりげなく取り入れられています。カメラのイメージはストラップにも反映され、エンボスが施されたブラックのカーフレザーがカメラボディを想起させます。

ポール・スミスの人気ウォッチ「Church Street(チャーチ ストリート)」のリミテッドモデルが登場。の2枚目の画像


リミテッドモデルでは、2012年にポール・スミスがコラボレーションを行ったカメラの配色を踏襲しています。シックなチャコールブラックのベースに、日付のサブダイヤルにはオレンジが、24時間表示のサブダイヤルにはライムイエローといった鮮やかなビタミンカラーを配しアクセントを加えています。また、針やりゅうずには、レッド、イエロー、ブルーのプライマリーカラーが配され、よりポップなデザインに仕上げています。

裏蓋には、黒色メッキに赤い電球を中央に配置し、現像を行う「暗室」を表現したアートワークがあしらわれています。これには、11歳のときに初めてカメラを買ってもらい、父と一緒に自宅の屋根裏の小さな暗室で現像作業を行った少年時代の思い出と、アマチュアカメラマンであったポール・スミスの父へのオマージュが込められています。

ポール・スミスの人気ウォッチ「Church Street(チャーチ ストリート)」のリミテッドモデルが登場。の3枚目の画像



また「Church Street Limited Model」には、2019本限定のリミテッドモデルの証としてシリアルナンバーが入ります。

発売日:
2019年9月12日(木)より、ポール・スミス 公式オンラインショップ、メンズショップにて先行発売
2019年10月10日(木)より、ポール・スミスの時計取り扱い全店にて一斉発売

仕様: 5気圧防水 / クオーツ / クリスタルガラス / カーフ / ケース径 Φ40.5mm
今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡