おうちごはんを、もっと素敵に! SNS映えする夏テーブルの作り方

本格的な暑い夏がはじまりましたね。真夏日は外に出かけるよりも、涼しいお部屋で女友達とおうちごはんを囲みながらおしゃべりに花を咲かせて過ごすのも楽しいもの。


そこで今回は、おうちごはんをよりお洒落に魅せる夏テーブル作りの簡単なコツを、フードコーディネーターの筆者がご紹介します。



ガラスの器や爽やかカラーの器を揃える




「器は料理の着物」と言われるように、手料理でも出来合いのお惣菜でも、お洒落に魅せる最大のポイントはやはり「器」。真夏はなんといっても清涼感を演出することが欠かせません。


ガラスの器とブルーやホワイトグレーなど寒色系の器、黄色や黄緑や白など清涼感のあるカラーの器をチョイスして。丸皿やオーバル(楕円)など器の形に変化を持たせればなお良し。


器は高価なものでなくてもOK。最近ではseriaやダイソーなどの100円ショップでも素敵な器が手に入ります。季節感あふれるお気に入りの器を是非探してみては?



ビタミンカラーの夏野菜を取り入れる





太陽がまぶしい夏の食卓には、元気なビタミンカラーの夏野菜がしっくりきます。

トマト・パプリカ・スイカなどの「赤」、トウモロコシやパイナップルやマンゴーの「黄」、ズッキーニやピーマンやキュウリやメロンなどの「緑」の3色を料理に取り入れるだけで夏らしいテーブルに。



これらの夏野菜は切ってバーニャカウダソースを添えたり、さっと炒めたりするだけでもおいしくいただけます。手抜き料理でも3色さえ揃えれば、一気にお洒落な夏テーブルに!

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事