デニムが似合う脚に。プロが教える美脚マッサージ

スタイルの良さが際立つデニムは、お洒落に着こなせたらかっこいいですよね。そんなデニムが似合う美脚を作るためには、むくみを解消し、メリハリのある脚のラインを作りたいところです。


しかし、これから気温が下がり冷えが加わると、女性の脚はますますむくみやすくなってしまいます。


そこで今回は、エステティシャンの筆者が「デニムが似合う美脚をめざすマッサージ方法」をご紹介したいと思います。


デニムが似合う脚に。プロが教える美脚マッサージの2枚目の画像


まずは下準備のマッサージ


気になるふくらはぎや太ももをいきなりマッサージするより、プレマッサージを加えるとより効果的。脚の先端とゴール地点を先にほぐしておきましょう。



STEP1:股関節を圧迫してそけい部を流す


あぐらをかくか、片脚を曲げて、股関節に手を当ててゆっくり圧迫します。


ドクドク脈を打つのを感じながら10秒圧迫。ゆっくり手をはなし、3回繰り返しましょう。



STEP2:足裏をグーで流す


デニムが似合う脚に。プロが教える美脚マッサージの3枚目の画像


気持ちの良い強さで、グーにした手の関節で上下に流します。


リフレクソロジーでは、内臓の反射区にあたる場所。体の内側から元気に、1日中体を支えている足裏をほぐしてあげましょう。



STEP3:足の甲を流す


デニムが似合う脚に。プロが教える美脚マッサージの4枚目の画像


足の甲の指の間には、リンパ節の反射区があります。体全体の巡りがよくなるように、また、意外とむくみやすい足の甲をすっきり流しましょう。


指の骨と骨の間を、指先で気持ちの良い強さで流してくださいね。



むくんだふくらはぎをすっきり!


STEP4:膝下は前後の正中線を下から上へ


デニムが似合う脚に。プロが教える美脚マッサージの5枚目の画像


軽く膝を立て、両手の親指を上にして、足首から膝まで流します。


親指はすねの骨の外側を通るように、四本指はふくらはぎの中心を通るように、しっかり指を通して流しましょう。



STEP5:膝裏を念入りにほぐす


デニムが似合う脚に。プロが教える美脚マッサージの6枚目の画像


膝裏は両手の四本指の指の腹を使い、気持ちのよい強さでほぐしましょう。



もっちりした太ももに


STEP6:太ももは左右の手で中央に絞る


親指と人差し指のこのラインを使います。


デニムが似合う脚に。プロが教える美脚マッサージの7枚目の画像


両手で太ももを挟み、親指が交差するように中央に絞り上げます。


デニムが似合う脚に。プロが教える美脚マッサージの8枚目の画像


膝から太ももの付け根まで進んだら、脚の向きを変えて、太ももの上面、外もも、内ももと3方向行いましょう。



STEP7:お肉をしっかり持って親指を平行にしてつぶす(外もも、内もも)


デニムが似合う脚に。プロが教える美脚マッサージの9枚目の画像


お肉をしっかり掴み、親指を平行にしてセルライトを潰すような気持ちで流しましょう。


デニムが似合う脚に。プロが教える美脚マッサージの10枚目の画像



外もも、内もも、両方行いましょう。



STEP8:肘下で太もも全体を下から上へ流す


デニムが似合う脚に。プロが教える美脚マッサージの11枚目の画像


肘下を使って、膝から付け根まで流します。ほぐしたところを満べんなく流してくださいね。



マッサージのまとめ


STEP9:股関節を圧迫


最後は足先から付け根まで全方向を流します。老廃物を集めてくるつもりで付け根まで持ってきたら、最後はSTEP1と同じように股関節を圧迫して終了です。




筆者も毎日セルフマッサージはできないのですが、脚のマッサージをした日はやっぱり翌朝のスッキリ感が違うなと実感します。


時間に余裕がないときは、足裏だけや、お風呂の中でちょっとだけでもいいと思います。毎日のセルフケアの参考にしてくださいね。



ライタープロフィール


紅華堂主宰・エステ講師・坂本 雅代


大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は16年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。


【保有資格】


国際中医薬膳師/中医薬膳師/JREC認定リフレクソロジスト/骨気小顔管理士/ファセテラピー

1

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事