タートルネックを着こなす。スマートな首を目指すマッサージ

「手首・足首・首」の三首は、女性にとって大切なパーツ。冷え対策でも重要な場所ですが、この3つが華奢なことが美しく見えるポイントともいえます。


これからの季節、活躍するのがタートルネック。洋服で体型が隠れてしまう反面、ほっそりとした首は女らしさを感じられる、冬ならではの隠れたアピールポイントかもしれません。


そこで今回は、エステティシャンの筆者が、タートルネックの似合う「ほっそりした首をつくるマッサージ」をご紹介したいと思います。




首が太いのは肩こりのせい!?


胴体と頭をつなぐ細い首は、流れが悪いと滞ってしまいます。首の根元にある肩が凝っていると、首への流れが滞る原因に。


また、肩こりは首こりにもつながり、首の筋肉がコリで大きく見えてしまい、首が太く見える原因になります。


バッグを片側で持ったり、体のバランスが悪くて傾いている人など、左右のバランスが悪い人は、良く使うどちらか片側の筋肉が太くなっていることがよくあります。


首のマッサージのメリットは?



フェイシャルマッサージや脚のマッサージに比べ、あまりすることのない首のマッサージですが、実はこんなメリットがあります。


(1)コリを解消することでほっそりした首になれる


首が太いと思っている人も、もしかしたらコリによって太く見えているだけかもしれません。首のコリが解消されることで、今より細く見える可能性があります。


(2)肩こり・首こりの緩和


辛い肩こりを感じているなら、首も凝っている可能性が大。首のマッサージをすることで血行やリンパの流れが促進、コリが緩和されて、肩こりや首こりが緩和されることが考えられます。


(3)首シワ対策に


首のマッサージをすることで保湿も兼ねることができ、首の皮膚の乾燥対策になります。シワの大敵のひとつは乾燥です。


湿度が低い冬、外気やエアコンによる乾燥、洋服などの静電気による乾燥など、冬は首の乾燥が進みやすい季節。首のマッサージはシワ対策にもなります。


タートルネックを着る前に!ほっそりした首を目指すマッサージ


オイルやボディクリームを塗って、保湿も兼ねて首マッサージを行いましょう。


STEP1:鎖骨の上をほぐす



鎖骨の上を、反対側の手でほぐしましょう。肩こりや首こりを感じている人は、ちょっと痛いかもしれませんが、無理のない強さで行ってくださいね。


STEP2:あごを少し上に向け、耳下~えらの間をほぐす



耳の後ろにある骨の下のあたりを触ると硬くなっている場所があると思います。


両側同時に、人差し指と中指を使ってくるくる押し、揉むようにほぐしましょう。


STEP3:横を向き胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)をほぐす



顔を横に向けると、耳の後ろから鎖骨の内側の始まりに向かって伸びている、太い筋肉があります。頭に近い部分を指で挟んでほぐしたり、挟めない場所は指で揉みほぐしましょう。


STEP4:首の後ろで手を組み、手根で首の両側をほぐす



首の後ろで手を組み、手根を使って胸鎖乳突筋をほぐします。首を挟むように、大きな円でほぐすように揉みましょう。


STEP5:鎖骨の上をおさえ、上を向いて下から上へ流す



首の前側を流します。片手で鎖骨の上をおさえ、手でアイロンをかけてシワを伸ばすつもりで、下から上へ流しましょう。



あまりやることがない首のマッサージですが、意外と凝っていると感じる人もいるかもしれません。いつものスキンケアに余裕がある日は、ぜひ首のお手入れも加えてみてくださいね。


ライタープロフィール


紅華堂主宰・エステティシャン・坂本 雅代


大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は16年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。


【保有資格】


国際中医薬膳師/中医薬膳師/JREC認定リフレクソロジスト/骨気小顔管理士/ファセテラピー

1

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事