飲み会でこれだけは守って!太らないための3つのルール

本格的な飲み会のシーズンが到来しました。でも毎日のように続くと、気になってくるのが体重ですよね。

そこで今回は飲み会で太らないために気をつけたい3つのルールをお伝えいたします。


ルール(1)ハイボールのような糖質0のお酒を選ぶ


飲み会でこれだけは守って!太らないための3つのルールの2枚目の画像

ハイボールはウィスキーを炭酸で割ったもの。ウィスキーの糖質は0g/100g、炭酸水も無糖であれば0/100gですから、飲み会が続くときは、選びたいお酒ですね。


また、焼酎やウォッカも糖質0です。焼酎は水、お茶などで割ると糖質0g/100g。レモン酎ハイがお好きな方は、糖質0gのレモン酎ハイの素で作りましょう。



ルール(2)必ずチェイサーの水をお酒と一緒に飲む

飲み会でこれだけは守って!太らないための3つのルールの3枚目の画像


アルコールは飲み過ぎてしまうと、どのくらい食べたのかわからなくなってしまうだけでなく、ついつい食べ過ぎてしまう原因になりかねません。

酔うことで食べ過ぎを防ぐためにも、チェイサーの水と一緒にゆっくりとお酒を飲みましょう。


特に飲み会が続くときは飲み過ぎないことも大切なポイント。忘れずにお酒の横に水のグラスを置いてくださいね。


ルール(3)シメのデザートを食べるなら小さめのアイスクリーム


飲み会でこれだけは守って!太らないための3つのルールの4枚目の画像


飲み会も終わりに近づくと、甘いものが欲しくなるという方も多いと思います。高脂肪のアイスクリームはデザートで出てくるサイズであれば、約7.2g/40g。オレンジゼリーの糖質は1個16.7g/96g、プリンも1個14.3g/100gとなります。アイスクリームの方が低いですね。


もしもアイスクリームの量が多かったら、複数でシェアしましょう。



いかがでしたか? 糖質が0のアルコールを選び、お酒と一緒に水を飲むこと、シメのデザートは高脂肪アイスクリームを少し。そして、お酒を飲むことよりも、友達や同僚との会話を楽しみましょう。おしゃべりをしながら飲むことで飲みことで食べ過ぎや飲み過ぎを予防できるはずです。


※糖質量は単糖当量を使用


ライタープロフィール


株式会社アリオール 代表取締役・岡野 ユミ


栄養士、肥満予防健康管理士上級講師、美肌マイスター講師。「食べ痩せダイエット」の第一人者。「食べてきれいに痩せてリバウンドしない」をテーマにダイエット指導を行う。溢れるダイエット、アンチエイジングや美肌の情報を精査して正確で信頼できる情報をお届けします。

1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡