人気メイク講師マミ様が教える!聖夜にきらめくクリスマスメイク

BA育成講師、メイクデモンストレーター、インフルエンサーなど、さまざまな顔を持つメイクアップクイーン・マミ様。軽妙なトークで楽しくメイクを語るその人柄と技術で、多くの女性から支持を獲得しています。『MAQUIA online』でコラム連載を行うなど、その活躍ぶりはとどまることを知らない模様です。


人気メイク講師マミ様が教える!聖夜にきらめくクリスマスメイクの2枚目の画像


そんなマミ様が、京都の『LAQUE四条烏丸』にて開催された『BENEFIQUE』とのタイアップイベントに登壇。「アップデートクリスマス」をテーマに、華やかなクリスマスメイクを披露されました。



大人のアイメイクはさりげなく。つけまつ毛は部分使いで


人気メイク講師マミ様が教える!聖夜にきらめくクリスマスメイクの3枚目の画像


「今回はオレンジ系のアイシャドウを使うので、マスカラはオレンジと対比するようなブルーがかったものを。コントラストがつくことで目元がぱっちり見えます」とマミ様。持ち前の優れたカラーセンスを生かしたアイメイクが提案されました。


 「アップデートということで、夕方からは目元をさらに華やげるために、つけまつ毛を使ってみましょう」と普段のメイクと差をつける方法も伝授してくださいましたよ。


 「ただし、アラサー、アラフォーのメイクでフルのつけまつ毛はヤバイ! 毛は年齢とともに少なくなっていくもので、髪と同様にまつ毛の量も薄くなっていきます。大人のつけまつ毛は部分用を選ぶと便利ですね」(マミ様)


人気メイク講師マミ様が教える!聖夜にきらめくクリスマスメイクの4枚目の画像


先にビューラーとマスカラを済ませてからつけまつ毛を装着すると、ビューラーでつけまつ毛が折れることがないそうです。

のりを手の甲に出してからつけると、キレイに装着できるのだとか。


つけまつ毛は目尻につけるため、アイライナーを引くときにあらかじめ目尻側を太めにしておくとバランスが整うようです。


「仕上げにマスカラを全体に軽くひと塗りすると、横から見てもつけまつ毛だけが浮くことなく自然な印象になりますよ」(マミ様)


グロス→口紅でハリ感のあるツヤリップに


人気メイク講師マミ様が教える!聖夜にきらめくクリスマスメイクの5枚目の画像


大人の女性にとって、冬は乾燥との戦い。せっかくキレイな色の口紅を塗っても、乾燥による縦じわが目立つと残念な印象になりがちです。


 「とろんとした質感のリップクリームでしっかりと保湿をしておいてから口紅を重ねると、縦じわが気になりにくくなります。唇がコーティングされたようなハリ感のある口元になるんですよ」とマミ様のメイクテクニックが光ります。


 「リップクリームでなくグロスでもOKです。マミメイクでもよくやるのですが、グロス→口紅の順番で塗ると、自然だけど全体的につるんとしたビニールのような質感の口元に仕上がりますね」(マミ様)


 リップメイクの常識を覆すマミ様メイクに、会場からは驚きの声が。モデルさんのつややかな口元がテクニックの素晴らしさを物語っています。


人気メイク講師マミ様が教える!聖夜にきらめくクリスマスメイクの6枚目の画像


「日中はベージュ系や薄づきのリップを使っておき、夕方から明るめのレッドを。透明感のあるレッドなら、どなたでも使いやすいですよ」と赤リップの選び方もしっかりレクチャーしてくださいました。


イルミネーションに映えるハイライト使いを


人気メイク講師マミ様が教える!聖夜にきらめくクリスマスメイクの7枚目の画像


クリスマスメイクといえば、ツヤがマスト。肌に輝きを与えてくれるハイライトは欠かせません。


「粒子の細かいハイライトを、このような毛の密度が低いブラシで目の下やTゾーンにのせてあげると、マットになりすぎずツヤツヤになります」と、ベースメイクを格上げするテクニックも登場。下記のようなブラシが適しているそうです。


人気メイク講師マミ様が教える!聖夜にきらめくクリスマスメイクの8枚目の画像


「アイメイクが落ちやすい方は、特に目の下にパールの入ったパウダーをのせておくといいですよ」とマミ様。ありがちな悩みにも応えてくれるハイライトテクニックはさすがです。


人気メイク講師マミ様が教える!聖夜にきらめくクリスマスメイクの2枚目の画像


 「最後は、一日頑張った肌にうるおいを。ジェリー状の美容液ミストなら、スプレーするだけで簡単に保湿ができます」と疲れた肌へのフォローも忘れないマミ様。メイクを終えたモデルさんは、よりいっそう美しく輝いていました。

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡