スキンケアトレンドは“土台づくり”。新モイスチャースキンケアコスメ3選

続く冬の乾燥やこれからくる花粉の季節は、肌乾燥や肌あれが気になるもの。そんな厳しい時期に備えて、強い肌の土台を作っておくことも大切です。

そこで今回は、医学博士で資生堂研究員の細井純一さんに肌ケアについてアドバイスをいただきました。


また、強い肌作りのためにもスキンケアに力を入れたい季節です。2019年2月に発売されたばかりの新モイスチャースキンケアコスメを3つ編集部が厳選しましたので、スキンケアにプラスして使い、肌を万全にしましょう!


スキンケアトレンドは“土台づくり”。新モイスチャースキンケアコスメ3選の2枚目の画像



肌の土台作りがスキンケアのトレンド


最近のスキンケアトレンドは、肌の土台作り。資生堂研究員の細井さんによると、美白やエイジングケアよりも先に、肌の土台をしっかり作っておくためのスキンケアがポイントだといいます。



肌の土台作りは「肌免疫」と「感覚神経」を鍛えることが大切なのだそう。細井さんによると、体の免疫力が低下すると風邪を引いてしまうように、シミやシワといったすべての肌トラブルには「肌免疫」と「感覚神経」が関係しているといいます。


スキンケアトレンドは“土台づくり”。新モイスチャースキンケアコスメ3選の3枚目の画像

「『肌免疫』とは肌本来が持つ防衛機能のこと。『感覚神経』には、肌の再生力をコントロールする機能があります。何かトラブルが起きたら、その都度対処するのではなく、自らが持つ防衛機能・再生機能を利用してきれいになる根本のケアである生活習慣やスキンケアを見直すことが大切です」(細井さん)



根本に立ち戻ることが、肌の土台作りには欠かせないというわけですね。



いつものスキンケアにプラス!2月に発売したばかりのモイスチャーコスメ3選


最近のスキンケアになんだか物足りなさを感じていませんか? そんな方に編集部が2月に発売したばかりのモイスチャースキンケアコスメを厳選! 自分に合ったものを見つけてみてください。



肌本来の美しさを引き出すモイスチャライザー


SHISEIDO ホワイトルーセント ブライトニング ジェル クリーム/資生堂


50g 8,500円(税抜)


スキンケアトレンドは“土台づくり”。新モイスチャースキンケアコスメ3選の4枚目の画像



資生堂から、乳液とクリームの機能を兼ね備え肌本来の美しさを引き出すモイスチャライザー全6品目6品種が、2019年2月1日に発売。


中でも「ホワイトルーセント ブライトニング ジェル クリーム」は、明るく無垢な印象の透き通るような美肌が期待できるアイテム。


「レニュラテクノロジー」という、乾燥を防ぎ、なめらかな肌に導く独自のテクノロジー搭載で、「肌感度」にアプローチしてくれます。

軽くなめらかな感触のジェルクリームで、スキンケアに満足度もプラスされそう!



桜からハリツヤ肌を目指せる!


アクアコラーゲンゲル SAKURA EGF/ドクターシーラボ


50g 3,700円(税抜) ※数量限定発売


スキンケアトレンドは“土台づくり”。新モイスチャースキンケアコスメ3選の5枚目の画像



美肌サイクルにアプローチする美容成分「EGF」と、桜から抽出した美容成分2種が配合された多機能高保湿ゲル。特に桜の八重桜から抽出した「サトザクラ花エキス」は注目。日本女性の美しさを引き出してくれそうです。


肌あれを防ぐとされる「グリチルリチン酸2K」配合で、花粉や紫外線などより生じるトラブルから肌を守る働きも期待できます。

ほんのりピンクのゲルに一足早い春を感じられそう!



軽~い使い心地が気持ちいい!


ウォータリークリーム/フリープラス


50g 3,800円(税抜)


スキンケアトレンドは“土台づくり”。新モイスチャースキンケアコスメ3選の6枚目の画像


使い心地にこだわるなら、無重力のように軽い使い心地が特徴のこのウォータリークリームはいかがでしょうか。摩擦レスにこだわり、肌に触れた瞬間に水状に変化する水感クッションクリームは、しっかりうるおう感じを得られます。


うるおいはもちろんほしいけれど、重くなく、軽い感覚が欲しい人におすすめです。



いかがでしたか? 肌の土台作りのトレンドを押さえつつ、2月に発売したばかりの3種のうるおいアイテムをいつものスキンケアにプラスして、まずは満足のいくスキンケアを行いたいですね。




(ごきげん手帖編集部)

1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡