温活女子のマストバイ!話題のジンジャードリンクって?


人気グラノーラ「FRUCTUS」の姉妹店が警固に誕生!

温活女子のマストバイ!話題のジンジャードリンクって?の3枚目の画像

福岡市営地下鉄「赤坂駅」から、警固の交差点方面を目指し歩くこと徒歩10分。飲食店やスーパーなどで賑わう小さな通りに面した場所にあるスタンドバー「FRUCTUS GS/ジンジャースタンド」。薬院にある人気グラノーラ専門店。

「FRUCTUS」の姉妹店として、2017年3月にオープンしたオリジナルコーディアルで作るジンジャードリンクの専門店です。「FRUCTUS」同様、オープン後からinstagramを賑わせている福岡のホットなニュースポット! さっそくお店の魅力に迫りたいと思います。


東京・千駄ケ谷のお店で生まれたコーディアルがリバイバル!

温活女子のマストバイ!話題のジンジャードリンクって?の4枚目の画像

「FRUCTUS GS/ジンジャースタンド」のルーツは、2010年に東京・千駄ケ谷にオープンしたジューススタンドにあります。

当時看板メニューだったフレッシュジュースに加え、新たに登場したのがフルーツで作ったシロップ。シロップが誕生した最初の夏に、ショウガのシロップ作りにもチャレンジしたことがきっかけで、「ジンジャー コーディアル」が誕生します。

温活女子のマストバイ!話題のジンジャードリンクって?の2枚目の画像

ショウガの身体を温める作用には、身体にいいことばかり!「身体にいい作用があるなどの意味を持つ「コーディアル」という言葉がとてもぴったりくると思いました」とオーナーの成田さん。

当時店内で手作りをしていたジンジャーコーディアルですが、グラノーラ専門店「FRUCTUS」が工房を福岡市に移転するのに伴い、大分県臼杵市にある工場に製造を委託したことで、それまで以上に多くの人に愛される1杯となりました。


ジンジャーパワーで心も身体も元気いっぱい!

温活女子のマストバイ!話題のジンジャードリンクって?の5枚目の画像

新たにオープンした店内では、九州産のショウガとカボスを贅沢に使った、「オリジナルジンジャーコーディアル」「ハーブジンジャーコーディアル」「スパイシージンジャーコーディアル」という3種類のジンジャーコーディアルとポップなオリジナルグッズが販売されています。

ジンジャーコーディアルは、アルコールとの相性も抜群なので、コーディアルを購入して家飲みように常備しておくのもオススメです!

今回は中でも人気、そしてフォトジェニックな3点をピックアップ!

温活女子のマストバイ!話題のジンジャードリンクって?の1枚目の画像

ジンジャーコーディアルをスタンダードにソーダで割った「ジンジャーソーダ(¥300)」。イエローとホワイトの2層が美しい「ミルクジンジャー(¥300)」。そして、暑い夏が恋しくなる「ジンジャービール(¥500)」は、仕事の後や休みの日の明るい時間からくーっと飲みたくなること間違いありません!

他にも、焼酎ジンジャーやジンジャーウォッカなどなど、飲んだら心と身体が元気になるそんなエナジードリンクのような1杯があなたを待っています。

取材・文/ ワタナベユウミ


スポット情報


スポット名:FRUCTUS GS ジンジャースタンド
住所:福岡市中央区警固2-16-6 フィットけやき1-C
1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡