自由が丘の「RITUEL par Christophe Vasseur」で最高の焼きたてクロワッサン

焼きたてヴィエノワズリーでパリジェンヌ気分

フランスで最も影響力のあるガイド本「ゴー・エ・ミヨ(Gault et Millau)」2008年版ベストブーランジェ受賞、「アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ」をはじめ、多くのガストロノミー・レストランに支持されるパリ随一のブーランジェリー「デュ・パン・エ・デジデ(Du pain et Des Idées)」オーナー、クリストフ・ヴァスール。

自由が丘の「RITUEL par Christophe Vasseur」で最高の焼きたてクロワッサンの1枚目の画像

彼が手がける海外初店舗は、クロワッサンに代表される酵母発酵させたパン生地、さまざまなペストリー生地を焼いた菓子パンを総称する“ヴィエノワズリー”の専門店として展開。職人気質のクリストフ・ヴァスールが追求してきたのは、トップクオリティであること、顧客・環境への配慮。フランスの古き良き時代、19世紀のブーランジェリーの味を再現すべく、独学で復刻した伝統的な製パン技術のもと、ほぼ全ての工程を一日半以上かけ手作業で行い、フランスでもわずかしか残っていない石床式のオーブンで焼き上げているのが特徴。

自由が丘の「RITUEL par Christophe Vasseur」で最高の焼きたてクロワッサンの2枚目の画像

焼きたてのクロワッサンをミルクたっぷりのカフェオレに浸して

愛すべきヴィエノワズリーは、キャラメリゼされた焼き色、しっかりした歯応えのクラスト、複雑なアロマを楽しめる。何とも言えぬ芳ばしいバターのキャラメリゼ香が口中に広がり、ザクザクッという力強い歯ごたえとともに口のなかでほろりとほどけるクロワッサン(¥350)の食感! パリジェンヌさながらに、焼きたてのクロワッサンをミルクたっぷりのカフェオレに浸して食べるのがオススメ!

自由が丘の「RITUEL par Christophe Vasseur」で最高の焼きたてクロワッサンの3枚目の画像

日本限定メニューも

顧客・環境への配慮から地産地消に拘り、最高品質の有機素材を選んできたクリストフ・ヴァスールは、日本進出にあたり地産地消を実践。北海道産の有機小麦ハルキラリ、山梨・黒富士農場の放牧卵、千葉・大地牧場の牛乳など、できうる限りローカルであることを追求するほか、旬との出会いで生まれる日本限定メニューをシーズン展開している。

自由が丘の「RITUEL par Christophe Vasseur」で最高の焼きたてクロワッサンの4枚目の画像

本物のヴィエノワズリーを生み出す職人技術と石床式オーブンはパリ店と同じながらも、“パリでも食べられない”日本限定のラインナップをぜひ味わってみて。

取材・文/中島和美

スポット情報

  • スポット名:RITUEL par Christophe Vasseur Aoyama
  • 住所:東京都港区北青山3-6-23
  • 電話番号:03-5778-9569
1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡