ハンドメイド初心者でも簡単にできた!洋裁教室で教わる手作り子ども服

■意外と簡単! 子ども用のサルエルパンツ作りに挑戦してみよう!



ハンドメイド初心者でも簡単にできた!洋裁教室で教わる手作り子ども服の1枚目の画像


今回子ども服の作り方を教えていただくのは、〔ソーイングカフェLUNA〕のオーナー、ルイ先生。

ルイ先生は昔からDIYやハンドメイドが大好きで、3年前から本格的に現在の少人数制の洋裁教室をスタートしたそう。2児の母でもある自身の経験から、子どもがいる方でも気軽に教室に通えるようにと、都度申込み制&子ども連れOK(キッズスペース有)。子育て中のママにも嬉しい教室なんです♪

ハンドメイド初心者でも簡単にできた!洋裁教室で教わる手作り子ども服の2枚目の画像

〔Sewing Cafe LUNA(ソーイングカフェ ルナ)〕内観。内装は、DIYが趣味だというオーナーのルイさんが作り上げたのだとか。


教室内は、明るくて居心地のいい空間。カフェにいるような気分でリラックスしながら、「家庭科の授業以来ミシンを触っていない」という方でも洋裁の基礎から学べます。今回は、初心者におすすめの「お試しレッスン」に挑戦!3歳の男の子が着る90cmサイズのサルエルパンツを作ります。

「一番のポイントは、完成度の高さよりも『完成させること』を目標にすること。あまり神経質にならずに、楽しく作りましょう」(ルイさん)

それではさっそく、サルエルパンツづくりに挑戦してみましょう♪

■初心者は綿100%の生地がおすすめ。布の目に注意しながらカット



ハンドメイド初心者でも簡単にできた!洋裁教室で教わる手作り子ども服の3枚目の画像

生地のタテ方向と、型紙のタテ方向をあわせる。型紙は本やネットでも手に入れられます。


まずは、生地選びのポイントから。

「ボトムスを作る場合は、少し厚手の生地を選びましょう。初心者は、伸びやすいニット生地よりも、伸びにくい綿100%の生地(オックスやツイル)がオススメですよ」(ルイさん)

型崩れを防ぐために、布が伸びにくいタテ方向に型紙をあわせます。

「布地のタテ・ヨコを知る場合は、まずは引っ張ってみましょう。伸びづらい方向がタテになります。ヨコや斜めは布が伸びやすいです。また、タテ方向のサイドについている『耳』もタテ・ヨコを見分けるポイントです」(ルイさん)

ハンドメイド初心者でも簡単にできた!洋裁教室で教わる手作り子ども服の4枚目の画像

型紙に書いてある◎マーク(わ)側と、布を山折りにした側がぴったりと合うようにとめていく。


型紙は、前側(前身頃)と後側(後ろ身頃)の2種類あります。布をタテを山折りにして、型紙の◎マーク(または「わ」)がついている方をあわせて、まち針でとめていきます。

「今回作るサルエルパンツは左右対称なので、布を2つに折りたたんだ状態で裁断します。◎マークがついている方は切らないように注意しましょう」(ルイさん)

ハンドメイド初心者でも簡単にできた!洋裁教室で教わる手作り子ども服の5枚目の画像


型紙に沿って生地を裁断していきます。

「型紙のアウトラインに沿って切っていきます。ここが服作りで一番時間がかかる工程なので、焦らず丁寧にすすめましょう」(ルイさん)

ハンドメイド初心者でも簡単にできた!洋裁教室で教わる手作り子ども服の6枚目の画像


型紙に沿って裁断完了!多少ならはみ出したり、型紙を切ってしまっても大丈夫ですよ♪

ハンドメイド初心者でも簡単にできた!洋裁教室で教わる手作り子ども服の7枚目の画像


型紙をとって生地を広げると、サルエルパンツの形に!そういえば家庭科では、生地に縫い代の線をチャコペンでグリグリと描かなければいけなかったような……この工程は省いても大丈夫なのでしょうか?

「サルエルパンツはシンプルな形なので、基本的にアウトラインから1cm内側を縫えばOKです。最近のミシンにはガイドもついているので、縫い代線は描かなくても大丈夫ですよ」(ルイさん)

前身頃と後ろ身頃の表と表をあわせる「中表にあわせた状態」にしたら、いよいよ縫う工程に入ります!

■ミシンがけは「ウエスト側→スソ」へ。これなら多少ズレてもOK!



ハンドメイド初心者でも簡単にできた!洋裁教室で教わる手作り子ども服の8枚目の画像


ミシンのガイドにあわせて、生地がズレないように気をつけながら内側1cmを縫っていきます。縫い始めと縫い終わりは、必ず「返し縫い」をしましょう。

「返し縫いのやり方は、2~3針進んだら、2~3針戻って、そのまま縫い進めます。縫っているとあわせた生地がズレてくるので、こまめにズレを直しながら、大きくズレないように縫っていきましょう。まち針はつけないほうが、針同士がぶつかって折れる心配がないので安心ですよ」(ルイさん)
1
2

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡