おばさん見えしない!2018秋のスカーフ柄アイテムの着こなし見本

■2018秋のスカーフ柄アイテム  おばさん見えするやりがち【NGコーデ】



おばさん見えしない!2018秋のスカーフ柄アイテムの着こなし見本の1枚目の画像


まずはNGコーデから。「スタイルのいいモデルさんでもこれは厳しいコーデ」と、撮影中も声が上がっていました。垢抜けない印象がするのは、なぜでしょうか?

「こちらはオーソドックスな着方ですが、そのままではスカーフ柄の面積が多くて派手になりやすく、マダム感が出てしまうのです。

また、パンプスを合わせたり、ウエストを絞っていることでコンサバな雰囲気が強くなっています。このままでは、老けて見えやすいのでおすすめできない着こなしですね。」(石川さん)

ワンピースは、1枚で着こなしが成り立つもの。とはいえ、派手なスカーフ柄は着こなしが難しそうです。

でも、諦めるのはまだ早いですよ♪おしゃれ見えする着こなし方を教えていただきましょう!

■2018秋のスカーフ柄アイテム  これならおしゃれ見え【OKコーデ】



おばさん見えしない!2018秋のスカーフ柄アイテムの着こなし見本の2枚目の画像


こちらがスタイリストの石川さんが提案する、スカーフ柄アイテムのおしゃれな着こなしです。黒ニットを上から着ただけでも、一気に印象が変わりましたね!

「スカーフ柄の面積を小さくするため、黒ニットを合わせました。」(石川さん)

派手さが落ち着きましたね。面積が小さくなるならカーディガンでもいいのでしょうか。

「カーディガンにしてもよいのですが、その場合は前を留めて、柄の部分を小さくしてください。また、薄いカーディガンはコンサバ感が強いのでおすすめしません。

ふわふわした素材や、ボリューム感のあるものなど、旬なデザインのニットやカーディガンを選びましょう。

足元はパンプスよりブーツの方がカジュアルさが出ます。スタッズ付きのバッグもカジュアル感が増しておすすめですよ。」(石川さん)

カジュアルさが足されて、おしゃれな着こなしに変わっていますね。スカーフ柄アイテムを取り入れるなら、まずは派手過ぎないよう面積を小さくするところから!ぜひ、2018秋はスカーフ柄にチャレンジしてみましょう♪

■スタイリスト 石川ともみさんプロフィール



【石川ともみ(いしかわともみ)】

スタイリスト/ファッションディレクター

撮影スタイリングの他に、企業のファッション企画アドバイザー・メディアへの出演・パーソナルスタイリングを行う。

女優・タレント・広告のスタイリストアシスタントを経験したのち独立。資生堂主催のスタイリストコンテスト、BeautyStylistCupグランプリ。

・メディアNHK女神ビジュアル(番組企画監修含む)、日本テレビZIP!、J-WAVETOKYOMORNINGRADIO、読売新聞、anan、with、Steady他

石川ともみさんHPはこちら
http://lulustyling.com/
1

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事