着ぶくれ回避!《ロングダウン》の着痩せテクニック

■【ロングダウンの着痩せコーデ】黒タートル×グレーワイドパンツでシンプル大人スタイル



着ぶくれ回避!《ロングダウン》の着痩せテクニックの1枚目の画像


●袖スリットタートルニット〔イマージュ/セシール〕4,309円(税込)

●リブワイドパンツWM〔GU〕2,149円(税込)

●アーモンドトゥPitaフィットパンプス〔イマージュ/セシール〕3,229円(税込)

●タッセル付きエコファーバッグ〔イマージュ/セシール〕3,229円(税込)

黒のタートルニットにヒラッとしたワイドパンツを合わせて、ネイビーのダウンジャケットを羽織ったシンプル大人スタイル。

ファーバッグが柔らかさとトレンド感をプラスしてくれていますね!

■【ロングダウンの着痩せコーデ】グレータートル×ベージュフレアスカートで大人フェミニンスタイル



着ぶくれ回避!《ロングダウン》の着痩せテクニックの2枚目の画像


●タートルネックニット〔イマージュ/セシール〕4,309円(税込)

●ロングブーツ〔GU〕5,389円(税込)

●多収納ミニショルダーバッグ〔イマージュ/セシール〕4,309円(税込)

グレーのタートルニットとベージュのフレアスカートに、ネイビーのロングダウンを合わせたフェミニンカジュアルなスタイル。

おしゃれなだけでなく、タートルニットにロングブーツで防寒対策もバッチリです!

■ロングダウンの着痩せルール①濃い色のロングダウンを選ぶ



着ぶくれ回避!《ロングダウン》の着痩せテクニックの3枚目の画像


ダウンジャケットは、ただでさえ着ぶくれしがち。

「ロングダウンは全身に閉める割合が大きいので、淡い色を選ぶとさらにモコモコ感が目立ってしまいます。

着痩せを狙うなら、濃い色のロングダウンがおすすめです。さらに、ゴールドやシルバーといった目立つ色の金具がついたものを選ぶと、自然と縦にラインができるので着痩せ効果がアップしますよ。」(石川さん)

身頃と金具が同系色のダウンも多いですが、あえてゴールドやシルバーの金具で縦長のラインを作るのは、ワザありですね!

■ロングダウンの着痩せルール②ボトムはヒラヒラ揺れる素材を



着ぶくれ回避!《ロングダウン》の着痩せテクニックの4枚目の画像


ロングダウンを着る時のボトムは、ひらひらと揺れる素材のものを選ぶのが正解!着こなしに軽さがプラスされて、着ぶくれ感が出にくいのだそう。

「最初の写真では、やわらか素材のワイドパンツを。次の写真ではカットソー素材のスカートを選びました。

軽やかな印象のボトムなら、スニーカーを合わせても着こなしが重たくならないですよ♪」(石川さん)

軽い素材のボトムでも、下に厚手のタイツを履けば防寒も叶います。ひらひらと揺れる素材のボトムで、フェミニン度もアップ! 普段にはもちろん、お出かけにもピッタリなコーディネートですね。

いかがでしたか?

着痩せルールを意識すれば、ロングダウンも着ぶくれせずにスッキリと着ることができます。ぜひみなさんの普段のコーディネートにも取り入れてみてくださいね♪

■スタイリスト 石川ともみさんプロフィール



【石川ともみ(いしかわともみ)】

スタイリスト/ファッションディレクター

撮影スタイリングの他に、企業のファッション企画アドバイザー・メディアへの出演・パーソナルスタイリングを行う。

女優・タレント・広告のスタイリストアシスタントを経験したのち独立。資生堂主催のスタイリストコンテスト、BeautyStylistCupグランプリ。

・メディアNHK女神ビジュアル(番組企画監修含む)、日本テレビZIP!、J-WAVETOKYOMORNINGRADIO、読売新聞、anan、with、Steady他

石川ともみさんHPはこちら
http://lulustyling.com/
1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡