その冬コーデ、太って見えてない?黒テーパードパンツを着こなすコツ

■そもそもテーパードパンツって? スキニーパンツとの違いは?



スキニー(skinny)とは英語で「やせこけた、細い」という意味。スキニーパンツは、脚にぴたっと布地がつくようなシルエットの細身パンツです。デニムパンツやカラーパンツなどでもスキニーデザインが登場しています。

一方、テーパードパンツは裾に向かって細くなっているパンツのこと。太もも部分も細いですが、腰のあたりから太もも部分はスキニーパンツよりもゆとりがあります。

スキニーは履けなくてもテーパードなら履けるという方も多いので、脚を細く長く見せるアイテムとしておすすめなんですよ♪

とはいえ、テーパードパンツの太もも部分のゆとりは各ブランドによって少しづつ違い、自分に合ったシルエットを選ぶことはもちろんですが、着こなし方にもポイントがあります。今回は、テーパードパンツの着こなしのコツを、スタイリストの石川ともみさんに教えていただきます!

■定番【黒】のテーパードパンツ着こなし2パターン



その冬コーデ、太って見えてない?黒テーパードパンツを着こなすコツの1枚目の画像


●ドルマンハイネックセーター〔GU〕1,990円(税抜)

●2WAYストレッチテーパードパンツ〔GU〕1,490円(税抜)

●フェイクファーパンプス〔GU〕2,490円(税抜)

ひとつめは、定番の黒のテーパードパンツをシンプルな白ニットと合わせて、チェックの大判ストールを主役にしたコーディネート。

元々黒は着痩せ効果のある色ですが、大きな柄物ストールとの相性は抜群。その理由とは何でしょうか?

「大きな柄は視線を分散させるので、着痩せ効果が狙えます。また大きなストールは、羽織りもの代わりにしたり、アウターにかけて温度調節をしたりと、1枚あると便利なアイテムですよ♪」(石川さん)

ストールのチェック柄が、脚への視線を避けてくれるのですね。まさにテーパードパンツにぴったり!肌寒い職場やお店の中などでさらっと羽織るだけでもおしゃれ度がアップするアイテム。1つ足すだけなので、ぜひチャレンジしてみたいですね。

その冬コーデ、太って見えてない?黒テーパードパンツを着こなすコツの2枚目の画像


●シャツワンピース〔イマージュ/セシール〕5,389円(税込)

●2WAYストレッチテーパードパンツ〔GU〕1,490円(税抜)

●フェイクファートートバッグ〔GU〕1,990円(税抜)

●フェイクファーパンプス〔GU〕2,490円(税抜)

こちらは、さきほどと同じテーパードパンツをシャツワンピと合わせたコーディネート。

「ヒップラインやもものハリがどうしても気になるという方は、シャツワンピとの重ね着スタイルもおすすめです。

オーバーサイズのものと合わせてしまうと、逆に着膨れてしまうこともありますので、ご自分の体に合うサイズを選んで、すっきりと着こなしてくださいね♪」(石川さん)

袖が長かったり、裾がふくらはぎまであるときは、オーバーサイズ気味。着方によってはかわいらしく仕上がりますが、テーパードパンツと合わせるなら、すっきりと着られるサイズのシャツワンピを選びましょう。

■着こなしのコツをまずは黒テーパードパンツで美シルエットを目指して



定番色「黒」のテーパードパンツを使ったコーデを2パターンご紹介しました。テーパードパンツは、着こなせれば美シルエットに見せてくれるアイテム。ぜひ試してみてくださいね♪

■スタイリスト 石川ともみさんプロフィール



【石川ともみ(いしかわともみ)】

スタイリスト/ファッションディレクター

撮影スタイリングの他に、企業のファッション企画アドバイザー・メディアへの出演・パーソナルスタイリングを行う。

女優・タレント・広告のスタイリストアシスタントを経験したのち独立。資生堂主催のスタイリストコンテスト、BeautyStylistCupグランプリ。

・メディアNHK女神ビジュアル(番組企画監修含む)、日本テレビZIP!、J-WAVETOKYOMORNINGRADIO、読売新聞、anan、with、Steady他

石川ともみさんHPはこちら
http://lulustyling.com/
1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡