手作りリースで「永遠の幸福」を願うクリスマスを♪プロが教える本格テクニック

■まずはリースの材料の準備をしましょう



手作りリースで「永遠の幸福」を願うクリスマスを♪プロが教える本格テクニックの1枚目の画像


1級フラワーデザイナー、フラワーアレンジメントの講師資格を持つ草柳江美さんに、クリスマスリースの作り方を教えていただきました。「フレッシュリースを手作りすると、時間は少しかかると思います。でも慌ただしい年の瀬を前に、針葉樹の澄んだ香りに包まれて、ゆったり、じっくりと作業をしていると、自然と心も穏やかになっていくのではないでしょうか」と草柳さん。

今回作るリースは、直径約25cm、材料費はおおよそ3,000~4,000円です(※花材の入手先・使用量などで上限します)。リースを彩るオーナメントは100均で入手できるアイテムでそろえました。

「オーナメントは、ご自身のお好みで、手芸屋さんや雑貨屋さんなどで探してみるのも楽しいと思います。落ちている木の枝などを使うのもおもしろいですよ」(草柳さん)

それでは、まず材料から見てみましょう。

●使用するもの(土台部分)

・リース台

・モミ1本、ヒムロスギ1本、クジャクヒバ2本

・リースワイヤー(太さは「#23」を使用)

●道具

・剪定はさみ

・ニッパー(ワイヤーカット用)

・木工用ボンド

手作りリースで「永遠の幸福」を願うクリスマスを♪プロが教える本格テクニックの2枚目の画像


ワイヤー(写真・右)は、リース台にグリーンをつけていくのに使います。糸巻き状になっているものが作業しやすいのでオススメです。リース台(写真・左)は今回は100均で購入した直径25cmのものを使用します。他にもいろいろなサイズのものがありますが、初めてのリースづくりでは、グリーンを巻きつけて作業していく際に作業がしやすいので25cmがオススメです。

手作りリースで「永遠の幸福」を願うクリスマスを♪プロが教える本格テクニックの3枚目の画像


左からモミ、ヒムロスギ、クジャクヒバ。こちらはフラワーショップや花問屋などで購入することができます。ひと枝のボリュームによって本数は調整します。今回は、モミにプラスして3種類のグリーンで作ります。ヒムロスギは加工がしやすく、柑橘系ハーブのような芳香。クジャクヒバは、葉先が黄色く色づき、グラデーションの色合いを見せてくれるのが魅力です。

手作りリースで「永遠の幸福」を願うクリスマスを♪プロが教える本格テクニックの4枚目の画像


準備ができたら、ハサミで根元から枝を落として、バラしていきます。

手作りリースで「永遠の幸福」を願うクリスマスを♪プロが教える本格テクニックの5枚目の画像


バラしたクジャクヒバです。切ったらひとまとめにしておきます。

手作りリースで「永遠の幸福」を願うクリスマスを♪プロが教える本格テクニックの6枚目の画像


ヒムロスギもバラしていきます。こちらも同様に根元からバシバシと切っていきます。

手作りリースで「永遠の幸福」を願うクリスマスを♪プロが教える本格テクニックの7枚目の画像


モミも根元から切り、バラしていきます。モミは切り口からヤニが出てきて手がベタベタとします。気になる人は、薄手のゴム手袋をすると良いでしょう。洋服などにつくとなかなか落ちないので汚れてもよい服装あるいはエプロンなどをすることをオススメします。ヤニはサラダオイルやオリーブオイルで浮かせ、石鹸で洗えば落とせます。

■次はリースの土台を作っていきます



手作りリースで「永遠の幸福」を願うクリスマスを♪プロが教える本格テクニックの8枚目の画像


葉をバラし終えたら、次はリース台に葉をつけ、土台をつくる作業へ進みます。リースの形には、始まりと終わりがないことから、終わりのないもの“永遠”を象徴するものと言われています。

手作りリースで「永遠の幸福」を願うクリスマスを♪プロが教える本格テクニックの9枚目の画像


また、リースの葉は、先端が時計回りなるように配されています。これは葉の先端が時を刻む方向に向くことで「永遠」を表します。とくにクリスマスリースは、キリストの「終わりのない永遠の命」を意味しているのだそうです。葉を並べるときは葉先が時を刻む方向=時計回りになるように意識して作るようにしましょう。

手作りリースで「永遠の幸福」を願うクリスマスを♪プロが教える本格テクニックの10枚目の画像


リース台にワイヤーを通し、はずれないように結びつけ、固定します。ココが、葉をつけていく上でのスタート地点になります。ワイヤーを1回巻きつけ、ワイヤーは切らず、そのまま垂らしておきます。

手作りリースで「永遠の幸福」を願うクリスマスを♪プロが教える本格テクニックの11枚目の画像


リース台を左手で持ち、左手の中に葉を入れていきます。葉の中心あたりを握るようにして、3種の葉をバランスよく重ねます。その際、必ず、葉の向きは同じ方向にします。方向を逆にしてしまうと、リースの表面に、枝から切り落とした時の切り目が出てしまいます。
1
2
3

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事