Zoffに聞きました!若見え、旬顔を叶えるメガネ選びのコツと2019年のトレンド♪

■メガネをおしゃれの主役に!



Zoffに聞きました!若見え、旬顔を叶えるメガネ選びのコツと2019年のトレンド♪の1枚目の画像


「昔は、メガネといえば視力を矯正するアイテムとの認識が主流でした。海外だとシンプルなメガネをカッコよく掛けている人をたくさん見かけますが、日本だと、おしゃれ意識の高い人や個性的な人がカラフルで印象の強いメガネを掛けているっていうイメージが強いですね」と教えてくれたのは人気のメガネブランド〔Zoff〕を運営する株式会社インターメスティックの東祐太朗さん。

おしゃれ&リーズナブルなメガネブランドの登場で、「おしゃれメガネ」が一気に身近になりました。ですが、おしゃれメガネを購入することはあっても、せいぜい1本か2本。洋服によってメガネを変えるなんて高度なワザを駆使できるのは、まだまだ少数派です。

「メガネひとつで印象を変えられるのに、一年中、同じメガネだったり、洋服が変わってもメガネは変わらなかったりする人がほとんどですよね。〔Zoff〕では、『EYEamaHERO!』をテーマに『今日はこのメガネだから洋服はこれにしよう』という、メガネがファッションの主役になるご提案をしているんです。

日によって変えるのは難しいという人は、夏場は洋服がカラフルになるから、それに負けないように目立つ色味を選んだり、ツルの部分に特徴を持たせたり。逆に冬は黒やグレー、茶などのモノトーンの服装に合わせてシンプルなものにするなど、シーズンごとに変えるだけでも印象は変わりますよ」(東さん)

Zoffに聞きました!若見え、旬顔を叶えるメガネ選びのコツと2019年のトレンド♪の2枚目の画像

インターメスティック・東祐太朗さん「ファッションを選ぶように、気軽な気持ちでメガネを楽しんでくださいね」


■メガネを購入する前にしておきたいこと



メガネ=視力矯正アイテムではなく、ファッションアイテムとして考えると、おしゃれの幅も広がりそうです。そこで、メガネを購入する前にしておくべきこと、知っておきたいことを教えてもらいました。

「Zoff原宿店には、1200~1300本ものメガネが揃っています。フレームの形も色も、素材も本当にたくさんの種類があるので、まっさらな状態でいらっしゃると、どれを選べばいいかわからなくなってしまいます。まずは、来店する前に、ある程度の希望を自分の中でリストアップしておきましょう」(東さん)

来店する前にしておきたいのは……

・どんなメガネがほしいか、どんなイメージになりたいかを考えておく。

・今現在、どんなメガネを所有しているかを把握しておく。

・所有しているメガネのいいところ、悪いところを整理しておく(メガネの形や色味だけでなく、かけ心地までしっかりチェック)。

・来店する際には、なりたいイメージに合わせた服装をしてきましょう。

お店に来てからしておきたいこと

・全身のバランスを引いて見てみる(写真を撮るなど)。

・第三者の意見を聞く(ぜひ、スタッフにお声がけください)。

「色や形、フレームの素材など、メガネそのものについてはもちろん、普段使いなのか、家での使用が主流なのか、パソコンを使うときにかけるのかなど、『どんなシーンで使いたいか』もしっかり考えておくとアイテムを絞り込むのに役立ちますよ」(東さん)

■メガネ選び5つのセオリー



「メガネを選ぶ際にもっとも優先してもらいたいのは『どんなイメージになりたいか』あるいは『どんなイメージに見せたいか』ですね。もちろん、ある程度のセオリーはあるので、それを頭の片隅に入れつつ、ご自身のイメージを優先してください」(東さん)

ということで、教えていただいたのが次の5つのセオリー。

顔の輪郭と似た形のフレームを選ぶと、コンプレックスを強調してしまいがち。たとえば面長なら、丸みのあるフレームを、丸顔なら横長にフレームなど、顔の輪郭と異なるフレームを選ぶのがベター。
1
2
3

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡