自分はどの冷えタイプ? セルフチェックでこの冬は冷え&むくみしらずに♡

女性につきものの悩みが冷えやむくみ。


特に冬になると深刻化する人、多いのでは?「MAQUIA」1月号では、さまざまなアプローチでの撃退法をご紹介。まずはチェックテストで、自分の冷え&疲れのタイプを診断! 

自分はどの冷えタイプ? セルフチェックでこの冬は冷え&むくみしらずに♡の2枚目の画像


ストレス、自律神経、血管、リンパ。セルフチェックでタイプを見極め!

冷え&むくみ解消100問100答

〈教えてくれた方〉順天堂大学教授 小林弘幸先生

日本体育協会公認スポーツドクター。国内における自律神経研究の第一人者。著書多数。

自分はどの冷えタイプ? セルフチェックでこの冬は冷え&むくみしらずに♡の3枚目の画像


Q1 冷えと疲れって関係ある?

A 疲れがひどい人は体も冷えています

「冷えと疲れ、どちらにも自律神経が深く関わっていて、交感神経と副交感神経のどちらも低い状態だと非常に疲れやすくなり、体も冷えやすくなります。逆にどちらも高いのは冷えも疲れもなく理想的です」(小林先生)


Q2 自律神経と冷えの関係は?

A 交感神経が優位になると冷えやすい

「自律神経のうちの交感神経が優位になると血管が収縮し血流が悪くなるので体が冷えやすくなります。一方、副交感神経が優位になると血管が拡張し、血流がよくなるので体が冷えにくくなります」(小林先生)


Q3 自分の冷えタイプを知りたい!

A 下記のチェックテストで診断をしてみて


 診断結果の出し方 


A~Dのうち、どれに最も多く チェックがついたかを確認。一番 多くついたのがあなたの冷え&疲れのタイプ。最も多くついたものが2つ以上あるなら混合型。

自分はどの冷えタイプ? セルフチェックでこの冬は冷え&むくみしらずに♡の4枚目の画像

自分はどの冷えタイプ? セルフチェックでこの冬は冷え&むくみしらずに♡の5枚目の画像

A 冷えはほぼなく、疲れもすぐに回復

「交感神経も副交感神経も高い理想的なタイプ。日中は適度な緊張感をもって活動でき、夜はリラックスして休息できています。冷えがなく疲れもすぐ回復できます」(小林先生)


Q5 絶好調タイプは冷え対策はしなくてOK?

A イライラを感じたら首の温めを

「冷えはないとはいえ、忙しいときなどは交感神経が優位になり冷えを感じることも。首を温めると副交感神経が優位になるのでネックウォーマーなどで温めを」(小林先生)

自分はどの冷えタイプ? セルフチェックでこの冬は冷え&むくみしらずに♡の6枚目の画像

A 緊張続きで疲れがたまり、手足が冷える

「仕事などを頑張りすぎていて緊張が続き、交感神経が過剰に優位になっているタイプ。疲れ気味なのに自覚がなくリラックスが苦手。手足が冷えやすい状態」(小林先生)


Q7 頑張りすぎタイプにおすすめの冷え対策とは?

A アロマや音楽などでリラックスを

「リラックスして副交感神経を高めましょう。好きな香りをかいだり、ぬるめのお湯に入浴したりしてリラックスし、血行促進を」(小林先生)

自分はどの冷えタイプ? セルフチェックでこの冬は冷え&むくみしらずに♡の7枚目の画像

自分はどの冷えタイプ? セルフチェックでこの冬は冷え&むくみしらずに♡の8枚目の画像

A 心身に疲労がたまり、いつも体が冷えている

「交感神経、副交感神経ともに低く心身がパワーダウンしているタイプ。疲れが蓄積し、一年中冷えているはず。疲れているのに寝つけないといった症状がある場合も」(小林先生)


Q9 ぐったりタイプにおすすめの冷え対策とは?

A 運動をしたり、腸内環境を整えて

「日中は階段上りなど適度な運動で交感神経を上げて血流アップを。また副交感神経は腸内環境を整えると優位になるので食物繊維など腸にいい食品もとりましょう」(小林先生)

自分はどの冷えタイプ? セルフチェックでこの冬は冷え&むくみしらずに♡の9枚目の画像

A 冷えはあまりないが、常に眠気やだるさが

「副交感神経が過剰に優位になっているタイプ。血流は悪くないので冷えはあまり感じませんが、やる気スイッチがなかなか入らず眠気やだるさに悩まされがち」(小林先生)


Q11 ねむだるタイプにおすすめの冷え対策とは?

A 運動をして交感神経を上げる

「交感神経を上げるため日中に運動をしましょう。通勤中に階段を使うなど簡単にできることでOK。1日で3階分ほど上るのを目安にし、慣れたら段数を増やして」(小林先生)

自分はどの冷えタイプ? セルフチェックでこの冬は冷え&むくみしらずに♡の10枚目の画像

自分はどの冷えタイプ? セルフチェックでこの冬は冷え&むくみしらずに♡の11枚目の画像


Q12 自分の自律神経の状態を知るには?

A アプリで簡単にチェック可能

「『CARTE』というアプリなら、カメラ部分に1分間、指を当てるだけで自分の自律神経の状態をスコア化してくれるので健康管理に便利です」(小林先生)

小林弘幸先生監修のアプリ。iOSデバイス向けApp Storeでのみ利用可能。
©CARTE by CyberAgent

MAQUIA1月号


撮影/天日恵美子 ヘア&メイク/榛沢麻衣 スタイリスト/立石和代 モデル/鹿沼憂妃 イラスト/齋藤よしこ 取材・文/関本陽子 和田美穂 構成/髙橋美智子(MAQUIA)

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡