チークを塗る位置、間違ってない? プロが教える基本のメイクテク

「MAQUIA」2月号では、メイクの基本からみんなが知りたい疑問まで、長井かおりさんが回答。一度覚えれば何歳になっても使える基本のテクニックも教えます!

みんなの知りたいに寄り添う 長井かおりの基本立ち返りメイク

どんなメイク音痴でも大丈夫。一度覚えれば何歳になっても使える基本のテクニック、教えます!

メイク迷子相談所
長井かおりさん

ヘア&メイクアップアーティスト。明快な理論と親身なアドバイスで一生もののメイクテクニックを授ける、メイク迷子の駆け込み寺。


Q.奥二重だからアイメイクを頑張っても隠れて意味がない

A.目尻や下まぶたにポイントを置いて

見える所を頑張ればいいんです。目尻の最後のほうの「二重を感じる場所」や、下まぶたを開発。意味を感じられる場所だけに塗れば大丈夫!


まぶたを明るく整え、彫りを作る。究極の陰影パレット。アイシャドウ 01 ¥4500/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ


Q.コンシーラーを塗るのが苦手


A.綿棒を使えば簡単

綿棒で補整したい部分を狙い撃ち。ファンデーションが残ったスポンジをスタンプのように当て、境目をぼかして。

1 綿棒の先をつぶして平らにする。綿棒の平らな部分に、悩みにあった色のコンシーラーを垂直に当ててつける。
2 綿棒を隠したい部分に垂直に当ててトントンと叩きながらなじませる。ファンデーションを塗るときに使ったスポンジで押さえて、なじませる。

あらゆる悩みに対応する、ロングセラーの3色セット。イプサ クリエイティブコンシーラー EX SPF25・PA+++ ¥3500/イプサ


Q.頬の毛穴をキレイにカバーしたい


A.下地を四方八方から親の仇塗り

毛穴下地は、親の仇のようにありとあらゆる方向からしつこく塗りましょう。軽く変顔をして、塗りたい部分の皮膚を伸ばすのもコツ。


透明になじんで、フラットな肌に整える。ラクチュール パーフェクト ポアカバー 15g ¥2700/コスメデコルテ


Q.小鼻まわりのファンデーションが浮きがち

A.フェイスパウダーをアイシャドウブラシで仕込む

崩れやすい部分は、ファンデーションをあまり塗らないのが吉。テカリを抑えるタイプのフェイスパウダーを、アイシャドウブラシにとって仕込んだり、毛穴下地で皮脂を抑えるのも有効。


Q.ファンデーションが小ジワでヨレちゃう


A.塗り方よりファンデーションを変えてみる

ここは思い切って投資!塗ったほうが小ジワがケアできる、トリートメント効果の高いファンデーションにシフト。日中もスキンケアする感覚でメイクできるから、日に日に小ジワの目立たない肌に。

スキンケアクリーム感覚のケア効果。クレ・ド・ポー ボーテ ル・フォンドゥタン SPF20・PA++ 30g ¥30000/資生堂インターナショナル


Q.年々濃くなるクマ。メイクで隠すのが限界!


A.ゴーグルゾーンにピンク下地を仕込もう

肌をパッと明るく見せるピンク系下地を、目の周りを囲むように「ゴーグルゾーン」になじませて。コンシーラーで隠すよりも、ナチュラルにクマの目立たない肌を演出してくれます。


透明感を引き立てる、ほんのりピンクの下地。HANA オーガニック ウェアルー UVピンクベージュ 30㎖ ¥4000/えそらフォレスト


Q.チークを塗る位置がいまいち分かりません

A.まずは、顔全体が映るよう正面から鏡を見ましょう。

黒目の下の延長線と、小鼻の延長線が交わる位置が目安。この部分を中心に左右交互に少しずつ色をのせると失敗知らず。


Q.チークを塗りすぎたときはどう対処すべき?


A.ミネラルパウダーを重ねてぼかす

しっとりなじんで肌のツヤを引き立てるミネラルパウダーを常備。やりすぎた!と感じたら、上から少しずつ重ねてみて。ほどよくなじんで自然に仕上がります。


Q.リップの輪郭をキレイに仕上げるのが難しい

A. 仕上げに輪郭を指でぼかせばOK

リップを塗った後は、指で唇の周りをグルッと一周なぞります。これだけで唇のラインがスッキリ整って、自然で清潔感のある印象がカンタンに。


Q. 濃い色リップを塗ると歯紅がついて恥ずかしい…


A.ティッシュで抑える、じゃなくてくわえてスポッ

当てて抑えるティッシュオフではなく、くわえて引き抜く“ティッシュパクッ”なら、歯につきがちな部分のリップをオフできる。歯紅の心配から解放されます。

唇をタトゥーのように染め上げるリップはお直しできないハレの日の味方。タトワージュ クチュール 8 ¥4300/イヴ・サンローラン・ボーテ

MAQUIA1月号

撮影/天日恵美子(人物) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/長井かおり ヘア/工藤由佳〈Un ami〉 スタイリスト/鈴木美智恵 モデル/上西星来 取材・文/長田杏奈 構成/火箱奈央(MAQUIA)

【MAQUIA1月号☆好評発売中】

関連記事

今、あなたにオススメ