簡単なのに威力抜群! この ”ひと手間”でトレンドメイクをこなれて見せる、小田切ヒロマジック

優しさも上質さも品格も宿す、メイクのひと手間を小田切ヒロさんが披露! 「MAQUIA」10月号から大公開。


秋のトレンドメイクもこなれて見せる 仕上がりに余裕を生むひと手間のマジック

神アーティスト
小田切ヒロ

“今どき顔になるためにはひと手間が必須プロセス”

独自の切り口と巧みなトーク術で繰り出される、通称“ピロ語”のトリコになる人が続出。身をもって体感する美容の知識も豊富で、現場では常にフレッシュなネタで盛り上がるほど。品格と女っぷりが高まるメイクの神。

メイクのひと手間とは…

優しさも上質さも品格も宿る魔法

「例えば同じアイテムを使ったとして、その仕上がりの差って何だと思いますか? その答えこそ、ひと手間の先にあるんですよね。例えば今回提案したリップ。きっちりと塗ってしまうと強い女性像に見えてしまいがち。それも素敵かもしれませんが、より魅力的な女性というのは、どこか繊細さや優しさ、品格が自然と漂っているもの。ひと手間って、実はすごく簡単で、見違えるほどの威力を持っています。やらないと損ですよ!」


ひと手間01

眉のガシラ立てで目まで大きく見せる

「旬感高まるメイクをするなら、眉はとっても大事! 今季特に眉モノも盛り上がっていますが、眉頭を数本描き足すだけでいいんです。結果、目の存在感まで高まることに」

1 「これさえあれば、どんな眉も自然に描ける優れもの」。ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト 01 ¥4200/カネボウ化粧品 
2 「しっかり毛流れをキープできるので愛用中」。ミスター・ブロウ・フィクサー ¥3500/パルファム ジバンシイ

3 「描きやすさが俄然違う!」。アイブロウ リクイッド BR21¥3000/エレガンス コスメティックス

まず最初に毛流れを固定


毛流れを整えることで、描くべき場所や隙間が明確に。2でとかしながら固定する。 

眉頭に数本描き足す

3のリキッドタイプで眉頭に数本リアルな眉を描く。眉尻などは1をふんわりとのせて。


ひと手間02

光のビーミングが瞬時に抜け感を添える



「ビーミングとは、ビームのように強い光をポイントにのせること。あえて凹んでいる鼻根や目頭のくぼみにのせて、抜け感と立体感を一気に手に入れましょう。セミマットな肌の中でツヤが際立つひと手間です」

1 「肌が透けつつも、強い光を放つのが素晴らしい逸品」。インビジブルグロー フェア‐ライト ¥4000/ベアミネラル 

2 「ツヤ肌のときには練りを。スティックで直塗りも便利です」。チークスティック リフレクション ¥2800/アディクション ビューティ

鼻の根元の凹みに丸くのせる


今回はセミマット肌のベースに合わせて、1のパウダリータイプのハイライトを使用。鼻根部分にチョンと指のせを。

目頭の横のくぼみにものせて

普段は影になる目頭横にも、同様に小指で1をチョンとのせる。目元に明るく華やかな光が宿り、抜け感が高まる。


ひと手間03
調整ヌードラインがこなれたムードを引き出す


「この秋ブーム確実なマットリップ。ともするとベタッと重たくなりがちですが、このひと手間があれば大丈夫。普通に塗ったあとに、ヌード色のライナーで上からカバーすればいいんです。ほら、簡単でしょ?」

1 「マット感と色、共に最高です!」。パワーマットリップピグメント 2760¥3300/NARS JAPAN(9月15日発売) 

2 「色みも絶妙な上に、芯の太さも優秀なんです」。ミネラルリップライナー 01 ¥2800/MiMC 

きっちりと一度リップを塗る

トレンドカラーのブラウンを選択。1のチップできちんと輪郭をとるように塗布を。


輪郭1㎜上にヌードラインを

2のリップライナーで、上唇の1㎜上から少しエッジにかかるように重ね塗りする。

MAQUIA10月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 岩城裕哉(物) ヘア&メイク/小田切ヒロ〈ラ・ドンナ〉 スタイリスト/後藤仁子 モデル/泉 里香 構成・文/森山和子 企画/芹澤美希(MAQUIA)

関連記事

今、あなたにオススメ