2017下半期アイ&リップのトレンドをおさらい! キーワードは「囲み目&質感リップ」

「MAQUIA」1月号から、美のプロが太鼓判を押す、今シーズンの注目メイクトレンドを総ざらい。これさえ押さえればあなたも旬顔になれるはず!

2017年下半期
空前絶後のメイクブームに沸いた!
今すぐマネしたい、メイクトレンド総まとめ


TREND1

メイクはぐぐっとアイコンシャスに今あらためて、囲み目

抜け感のある“ネオ囲み目”でアイメイクブーム再び
人気アーティストが口を揃えて「ネクストトレンド」と称した囲み目。ラインとシャドウでガッツリ囲むのではなく、ソフトなシャドウや繊細なラインで囲む“ネオ囲み目”が今の顔にマッチ。なじみ色でさりげなく囲む上級者テクも、読者人気が高かった。

跳ね上げとも違う繊細な囲みラインは、目元を強調しつつ上品な女性らしさをアピール。

11月号「囲み目&アイラインをモノにする10のTIPS」

撮影/向山裕信〈vale.〉

定番のブラウンシャドウこそ、囲みメイクにトライ。入れ方を変えるだけで鮮度が上がる。

10月号「秋、このパレットにはこのリップ」

撮影/菊地泰久〈vale.〉

オレンジブラウンなどの、肌に溶け込む色でグラデ囲みするテクは、プロの間でも話題。

11月号「イガリシノブ流 おしゃれ華コンサバルール」

撮影/三瓶康友



TREND2


同じ色でも表情がガラリと変わる リップは質感で遊ぶが勝ち

注目の新質感だけではなく、定番質感も使いやすく
既に多様な質感が溢れるリップに、鮮烈なメタリックもプラス。定番化したマットは乾燥しにくくなったり、シアーやツヤはラスティング力がアップしたりと、それぞれの進化から目が離せない。

秋冬のメイクにスパイスを与えるメタリックリップに注目。ギラつかない発色に惚れ惚れ。

12月号「リップの質感×色でなりたい自分になる」

撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉

今期大本命のマットリップは、カサつきや乾燥を感じない、ふっくら柔らかな仕上がりがカギ。

11月号「秋には秋の、進化系ワントーンメイク」

撮影/菊地泰久〈vale.〉

みずみずしい発色のシアーリップなら、旬のベリーやバーガンディにも挑戦しやすいと大人気に。

11月号「秋のベストリップから始まる目×唇バランス30」

撮影/岩谷優一〈vale.〉

ツヤリップ=落ちやすい、は既に昔話。つけたての厚膜なツヤが長時間持続する優秀リップが続出。

11月号「いつもより輝きたい日のTPPO別美人メイク」

撮影/菊地泰久〈vale.〉

MAQUIA1月号

撮影/橋口恵佑(物) イラスト/naohiga 取材・文/野崎千衣子 構成/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA1月号☆好評発売中】

関連記事

今、あなたにオススメ