呼吸でお腹周りが細〜く♡「腹ペタ呼吸法」の基本と正しいポーズ

正しい呼吸をすれば、お腹がしぼんでペタンコに!? 「MAQUIA」6月号では、今、話題のメソッド「腹ペタ呼吸法」に接近。まずは基本の呼吸法をレッスン!

呼吸でお腹周りが細〜く♡「腹ペタ呼吸法」の基本と正しいポーズの3枚目の画像

1日3万回の呼吸が変われば、体も変わる ぽっこりお腹を凹ませる腹ペタワーク

太ってないのにお腹だけぽっこり。実はそれ、長年の呼吸グセによる悪影響が原因かも。正しい呼吸法でお腹周りをコンパクトにする今、話題のメソッドとは……!?

お話を伺った方
呼吸整体師 森田愛子先生

整体師として約4万人を治療するうち、呼吸の重要性に開眼。運営する治療院やセミナーで正しい呼吸法の啓蒙に努めている。

呼吸でお腹周りが細〜く♡「腹ペタ呼吸法」の基本と正しいポーズの4枚目の画像

浅い呼吸による上腹部のハリと下腹部の膨張に着目した独自の理論を展開。8万部超えのベストセラーに。

深呼吸と大呼吸は違う。正しい呼吸を学ぼう

「深呼吸をしてみて」というと皆さん、体を反らして思い切り吸い込もうとします。それを私は大呼吸と呼んで深呼吸と区別しています。大呼吸は息が体の前面に分散される浅い呼吸のこと。対する深呼吸は息を深く、体の中心に落とす呼吸です。吸うだけでなく、吐ききれるようになると膨らんだお腹がしぼみ、ペタンコになるのです。――森田先生

呼吸エラーが招く体の不調

浅い呼吸は体はもちろん、心の機能まで低下するという悪循環に。逆をいえば、正しい呼吸ができていれば不調知らず、も夢じゃない。

呼吸でお腹周りが細〜く♡「腹ペタ呼吸法」の基本と正しいポーズの5枚目の画像

呼吸でお腹周りが細〜く♡「腹ペタ呼吸法」の基本と正しいポーズの6枚目の画像

これは大呼吸

思い切り息を吸おうとすると、上腹部が固まりませんか。そうやって上腹部がロックされることで下腹部に余計な腹圧がかかり、息を吐ききれなくなります。これはただの大呼吸。

呼吸でお腹周りが細〜く♡「腹ペタ呼吸法」の基本と正しいポーズの7枚目の画像

吸う力を養う

立った姿勢ではなかなか深い呼吸を行えない人はまずこの呼吸法の練習を。下腹の方向に呼吸を逃さず、背中を大きく広げて息を入れることをマスターすると呼吸が自然と深くなり、体がラクになる。

呼吸でお腹周りが細〜く♡「腹ペタ呼吸法」の基本と正しいポーズの1枚目の画像

腹ペタ呼吸法 基本編

正しい呼吸をまずはインストール

意外なことに正しい呼吸を行うのに、背筋をぴんと伸ばした美姿勢でいる必要はない、と森田先生は言う。むしろその緊張感が呼吸を浅くしてしまう原因になっているとも。

本当に体が求める深い呼吸をするためには、頭を下げて肩を内巻きに。まるで原始人のような立ち姿が吸える体の基本となる。この体勢で鼻から息を吸い、吸った息が体の中心を通って、お腹の底にストンと収まっていく感覚を体得してほしい。

この深呼吸をした後、体をいつもの状態に戻してみると、普段より息をたくさん吸えている感覚が訪れるはずだ。

MAQUIA6月号

撮影/長谷川 梓 ヘア&メイク/レイナ スタイリスト/梅林裕美 モデル/福吉真璃奈(マキアビューティズ) 取材・文/平 輝乃 企画/芹澤美希(MAQUIA)

【MAQUIA6月号☆好評発売中】

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡