実りある一年にしたい! 仕事・勉強運を上げる習慣

平成も、いよいよあと数か月でラスト。一つの時代が終わるというのは、どんな人にとっても大きな節目を迎えることになりますね。 時の流れとともに仕事や勉強もステップアップしたいところ。今回は、仕事・勉強運を上げる習慣をご紹介します。

■パソコン作業を終えたら、必ず机の上を掃除する

実りある一年にしたい! 仕事・勉強運を上げる習慣の1枚目の画像

オフィス・自宅・カフェ。どこで作業をしようとも仕事や勉強を終えたら、軽くお掃除をしましょう。自宅なら軽く水拭きするだけでも机の状態が変わります。オフィスでも机をふくと一日を終えた達成感で満ち溢れるはず。

カフェで勉強を終えたなら、消しゴムのゴミをそのまま残さないようにティッシュに包んで持ち帰る。机は「物」ですが、毎日大切にしていれば愛着もわいてきます。

人も疲れたらエステに行ったり、整体に行ったりメンテナンスをしますよね。仕事や勉強をともにがんばってくれている机にも、感謝の気持ちを忘れずに。小さな、小さな習慣ですが、毎日続けていると、いざというときも本領を発揮できる状態になれるかも。

■名刺入れや文房具をグレードアップする

実りある一年にしたい! 仕事・勉強運を上げる習慣の2枚目の画像

仕事運や勉強運を上げたいと思ったときに、欠かせないアイテムといえば文房具。この機会に、毎日使っているボールペンやシャープペンシルをグレードアップさせてみませんか?日常的に使える文房具も便利ですが、たとえばボールペンではなく万年筆を購入し、ほんの少しだけ気分を上げてみるのです。

些細な変化かもしれませんが、文房具にもお金をかけると背筋がシャンとして仕事・勉強する姿勢もよくなります。大事な仕事、あるいは試験を控えているなら、良い結果をだせるように、まずは文房具類をグレードアップさせちゃいましょう!

■定期的に書店へ通う

実りある一年にしたい! 仕事・勉強運を上げる習慣の3枚目の画像

仕事や勉強を続けていると、本当に今の自分のやり方が合っているのか分からなくなるときがあります。周りはこうしているけど、私はこれでいいのか。もっと他にやり方があるのか。疑心暗鬼になっても、結果をだすためには努力を続けなければいけません。もし、どうしてもつらいなら友人に相談する前に書店へ行きましょう。

そして心の中でそっと「今の自分に必要な本と出会わせてください」とお願いをしてみてください。すると、ぐるぐると店内を巡っているうちに今の自分に対する答えがみつかります。たまたま手にした本の中に書いてあるワンフレーズかもしれませんし、表紙のタイトルをみた瞬間に「これだ」とひらめくかも。

友人に相談しても、おそらく彼女たちは「がんばれ」としか言えません。そんなときは書店を巡り、今の自分を支えてくれる(救ってくれる)言葉を探してみて♡

■休日はモチベーションの高い友人と会う

実りある一年にしたい! 仕事・勉強運を上げる習慣の4枚目の画像

「仕事とプライベートは別」と思っていても、完全には切り離せないものです。プライベートをどう過ごすかによって、仕事の質が変わります。仕事に対し真面目な人は、たとえお休みの日であっても仕事に必要な参考資料を探しに本屋さんへ行ったり、少しでもスキルを上げようと資格勉強をしていたりします。

もし仕事・勉強運を上げたいなら、モチベーションを下げるような人と会うのではなく「この人に会うと、めちゃくちゃ元気がでる」と思える人と会いましょう。たとえプライベートであっても、モチベーションを上げる人と一緒にいない限り、マイナスな方向へと引きずられてしまいます。今の自分よりもはるかにがんばっている人との予定を優先的にするだけでも、運気が変わるでしょう。

平成が終わり、いよいよ新しい時代へ。改元とともに自分自身もパワーアップさせたいなら、毎日の習慣を大切にしましょう。気の流れをよくするのも悪くするのも、すべては自分の「日ごろの行い」なんです♡


文・構成/山口恵理香

関連記事

今、あなたにオススメ