ヘアオイルで美髪ケアしよ♡ 簡単にできるモテハーフアップの作り方も

オイルタイプには2種類ある

オイルタイプのスタイリング剤には大きく分けて2種類あり、固形タイプのものと液体タイプのものがあります。

固形タイプは程よくツヤを出してくれて粘度があるので髪のホールド力もあります。その反面手に伸びにくく、しっかりと馴染ませないと髪に塗布ムラが出てしまいますので気をつけて下さい。


液体タイプのものはその性質上、髪に馴染ませやすく塗布ムラを起こしにくく、ツヤもしっかりと出すことが出来ます。デメリットとしては液体なので手に取った時にこぼしてしまいやすいのと、つけすぎてしまうとふんわりとした質感が奪われてしまうので、付け方には少し注意が必要です。


オイルタイプのスタイリング剤の使い方は「髪を巻く前につける」方法と「髪を巻いた後につける」方法があります。ヘアアレンジをする場合はあらかじめ巻いた髪につけてからアレンジを始めると、お洒落な質感を得ることが出来ます。

巻く前につけるとしっとりとした滑らかな巻き髪が完成しますので、普通にダウンスタイルを作る場合は先につけても良いと思います。


オイルを使った簡単ヘアアレンジ

ヘアオイルで美髪ケアしよ♡ 簡単にできるモテハーフアップの作り方もの2枚目の画像

あらかじめ巻いておいた髪にオイルをしっかりとなじませてからヘアアレンジをすると、ウェットな質感でおしゃれ感が引き立ちます。

今回はこの下準備をしっかりしてから作る可愛いヘアアレンジのやり方をご紹介します。

ヘアオイルで美髪ケアしよ♡ 簡単にできるモテハーフアップの作り方もの3枚目の画像

① 髪を巻きオイルをなじませておきます。

② 頭の上部から後頭部まで楕円形にブロッキングを取り2、3回編み込み毛先をゴムで縛ります。

③ ②の編み込みに沿うように両サイドの髪を片編み込みをしてゴムで縛ります。ゴムで結んだらサイドの片編み込みの部分だけをくるりんぱをして毛先を左右に割いて締め上げます。

④ 残りのサイドの部分を同じく③で作った片編み込みに沿ってねじって、反対サイドの髪と一緒にゴムで縛ります。

⑤ ②③④で作った編み込みを細かく引き出して立体感を出しながらルーズに仕上げます。

fin. 最後に毛先にオイルをつけてカールが弱ければ改めて巻き直し、完成です。

冬の時期は特に毛先が乾燥しやすくパサつきやすいのでオイルは毛先を中心にしっかりと揉み込んで下さい。

ヘアオイルで美髪ケアしよ♡ 簡単にできるモテハーフアップの作り方もの1枚目の画像

今回はロングのハーフアップをご紹介させて頂きました。ゴム3本しか使わない簡単なヘアアレンジになりますのでスタイリングオイルを上手く使ってみてください。

ヘアオイルで美髪ケアしよ♡ 簡単にできるモテハーフアップの作り方もの4枚目の画像

今回使用したスタイリングオイルはナプラから出ているN.(エヌドット)という商品になります。

ツヤは出るのですがべたつきにくいオイルになります。気になった方は試してみてくださいね。

1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡