手を加えてない風なのにパッチリでか目に見える!意外と知らない4つのコツ

①モデルもやってる!耳を回してデカ目に

手を加えてない風なのにパッチリでか目に見える!意外と知らない4つのコツの1枚目の画像

目周辺のはれぼったさやむくみを解消すれば、正直メイクテクはなくてもパッチリ大きな目になれます!メイク前のマッサージは、モデルや芸能人も取り入れています。

簡単で効果が高いのが「耳を回す」こと。

両耳を指でしっかり持ち前後にぐるぐると回転させるように付け根からしっかり動かします。

顔を直接触らないのに、顔にグワッと血がめぐるのを感じられるはず。朝のメイク前でも、夕方の待ち合わせ前でも、いつでもできて即パッチリ!のおすすめテクです。

②カラコンよりも印象深く「白目を白くする」

手を加えてない風なのにパッチリでか目に見える!意外と知らない4つのコツの2枚目の画像

即デカ目に見えるカラコンですが、目の魅力は大きさだけでは決まりません。

印象深くてなんか気になる…。そんな風になりたいなら「真っ白な白目」が大きなポイントに。

白目を白くする目薬や、洗眼液を使って目を白く保ちましょう。充血ではなく黄ばみが気になる場合は、糖質を控えると白く輝く白目に効きます。透明感が出て、目のきらめきがアップするので、印象的な目になれます。

③影色で彫りを深く

手を加えてない風なのにパッチリでか目に見える!意外と知らない4つのコツの3枚目の画像

眼球の大きさよりも重要なのは、顔の中での「この辺りまでが目」という印象です。

ダークな囲み目よりも、「目元の彫り」を作ってデカ目な印象に。

指先にややマットなブラウンシャドーをとり、目尻から目頭に向けて伸ばしたら、そのままアイホールまでワイパーのように往復させながら伸ばします。眼窩の骨の下まで伸ばすと、自然な彫り深アイに。

まつ毛をしっかりあげて、根元をアイラインで埋めれば、メイク感が少ないのにデカ目な印象になれますよ。

④明るい涙袋は古い!「涙袋の赤み」

手を加えてない風なのにパッチリでか目に見える!意外と知らない4つのコツの4枚目の画像

上まぶたが「彫り」なら、下まぶたは「涙袋」が重要に。でも、明るい色でぷっくり見せるのは、甘い印象になりすぎたり、わざとらしくなることも。ちょっと古さも感じます。

オススメなのは涙袋に血色を与える赤みを乗せること。くすんだ暗めのピンクや、ややダークなオレンジ、透明感のあるボルドーなどを薄くのばし、目元の皮膚から血色が透けているように見せましょう。

自然に目のタテの大きさを稼げますし、血色感が出ることでメイクが薄く見える効果も。

下まつ毛にマスカラをしっかり乗せると、さらにデカ目に、色素が薄いはかなげな感じも演出できますよ。

手を加えてない風なのにパッチリでか目に見える!意外と知らない4つのコツの5枚目の画像

しっかり盛ったメイクの可愛さもありますが、さりげないメイクなら「もともと目が大きい」風に見えます。メイクは錯覚。ポイントを押さえて、「生まれつきデカ目」に見せちゃいましょう。

「#デカ目効果」の記事をもっと見る

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡